芸能、企業、ニュース、雑学、ネタ etc..... 気になったネタをとりあげています。

気になる最新ニュース速報

野依良治 怒りの問題点が図星過ぎてツライ.........奴隷教育だなマジで.....

投稿日:

 

野依良治さんが現在の日本の教育のあり方に怒りを露わにしたインタビュー記事が話題になっています。

 

野依良治さんといえば、2001年にノーベル化学賞を受賞した凄いお方ですよね。

 

そんな優秀な頭脳の持ち主の野依良治さんが怒りを覚えるほどの日本の教育の問題点とは!?

 

コチラが野依良治さんの怒りに関する記事詳細です↓

スポンサーリンク


野依良治 怒りに関する記事

 「教育の究極の役割は、人類文明持続への貢献だ。加えて、わが国の命運もかかっている。私はいまの教育と世相に大いに怒っている」――。2001年にノーベル化学賞を受賞し、現在は科学技術振興機構の研究開発戦略センター長を務める野依良治博士は、日本の未来、そして教育への危機感をあらわにする。令和の時代が始まったいま、ノーベル賞受賞者には日本の教育がどう見えているのか。教育新聞の小木曽浩介編集部長が聞いた。

【写真】ノーベル賞受賞者が見る教育の未来「野依博士に聞く」
――日本の教育はいま、大変革期を迎えています。先生が座長を務められた教育再生会議(※1)から干支がほぼ一回りし、令和の時代に入りましたが、いまの教育をどう見ていますか。

私は教育の専門家ではありません。だが、この硬直化した教育の状況について言いたいことはたくさんある。本気で怒っています。本来、なぜ教育があるのか。まず、個々の人々が豊かな百年の人生を送るため。国の存立と繁栄をもたらすため。さらに人類文明の持続に資することが最も大事で、この根幹を忘れてはならないと思うわけです。

問題は、じゃあ、どういう人生、あるいは国、あるいは人類社会であるべきか――ということ。そこに理念あるいは構想がなければ、とても教育はできませんね。

日本は戦後、欧米から民主主義や人権など多くのことを学んできたものの、残念ながら受け身であり続け、自らが考えた「国是」、英語で言うナショナルビジョンが共有されていないことに、根本的な問題があると思っています。

―― 学校教育については、どうでしょう。

学校教育は、社会のためにある。個人が自由に生きる権利は大切だが、決して入学試験に合格するためだとか、あるいは金持ちや権力者になるためにあるのではない。教育界というのは日本であれ、あるいは世界であれ、あるべき社会を担う人を育まなければいけない。健全な社会をつくることが、国民それぞれの幸せにも反映するわけです。

日本は他国並みではなく、格段にしっかりした次世代を育てなければなりません。行政にも現場にも、その覚悟が求められる。

そして、多様な文化を尊重する文明社会をつくっていかなければいけない。

(※1)教育再生会議=教育改革を検討するために第1次安倍政権が2006年に設立。各界有識者16人がメンバーに選ばれ、野依氏が座長を務めた。第2次政権発足を受け、2013年に教育再生実行会議として復活した。

今回の野依良治さんの怒りについてネットの反応は以下の様なものでした↓

スポンサーリンク


野依良治 怒りに対してのネットの反応

 

  • 出る杭は打つ奴隷量産教育だもんね。そもそも興味のない役に立たない教育内容が多すぎるし先生がバカだから韓国に謝罪修学旅行とか提案しちゃう。
  • 教えている方は自分の利益にかなうことを教えているだけだからね。教えている方は、今日もよく導いてやった。私が得をするように・・。
    って仕組みになってる。型にはめた教育でおとなしく搾取される国民を量産することは国には非常に都合がいい。
  • 「積極的に定説に対して疑問を投げ掛けたりすることがない」という部分には全く同意.私が恩師から言われた言葉で最も印象に残っているのが,「論文でも書いてあることの半分は嘘だから.信じ過ぎたらだめだよ.ちゃんと自分で考えて確かめないと.」です.私もそう教えています.
  • ソクラテスの「無知の知」の本質を知らないような。ソクラテスは、「実は何にも知らないのに知ったような顔をするあなた」
    「知らないこと、つまり無知であることを知っている私」
    「私のほうが優秀w」っていうことを「無知の知」って言って、煙たがられた。
  • 日本はスポーツ至上主義だ。日本の親は最初、自分の子どもが勉強ではなくスポーツで1番になることを目指す。勉強なんかそっちのけでスポーツをやらせる。スポーツで物にならないと気付いた頃にはもう遅い。こうしてバカが量産される。これが日本の教育がダメになった正体だ。まずは部活を廃止すべし。そして、小中高のスポーツ全国大会の開催を禁止した方がいい。断言する。これをやらずして日本の教育の再生は有り得ない。
  • そもそも学問の価値を社会が評価できてないのが問題。「学校のお勉強ができてもねぇ」とか「教科書なんて役に立たない」とか。学問ってのは身の回りで起こる事象や人々の営みの高度な抽象化、一般化なんだから、それを活用できていないということは、自分達の仕事のレベルがその程度というだけ。日本の仕事の平均的なレベルが低いことが大きな要因なんじゃないか?
  • 「問う力」の醸成…これに尽きる。
    しかし、教育界ができないのも無理はない。
    大企業でも、能力開発のための評価ではなく、
    ただ減点…給与を決めるためだけの評価をしているのだ。ただ、上から言われるがままに…能率効率を求め、その能率効率すらも捨て去ってしまった様相だ。問題意識、問題解決思考、未来志向…
    それらを、己の力で掴み取る。切り拓く。
    そのことを肝に銘じて、子供達に接するようにしている。
  • 上で理想論語るのはいいけど
    ブラックした現場をなんとかしなよ、
    と思う。現場を見ずに、上で勝手に決めて
    仕事を下ろして後は放置。典型的なブラック企業。
  • 大学へ行くのが当たり前と言う風潮。しかしこれもまた、政府(裏組織)の洗脳ではないのか?借金をさせて大学へ行かせる。
    孫が可愛いジジババにお金を出させる。
    お金がない家庭でも行かせる事が出来るような社会システムにし、本人が借金地獄になろうがそんな事は関係ない政府の考え。むしろそれを誘導しているとしか思えない。それを受け入れるための、わけの分からない大学も増えた?
  • 少なくとも高校までの日本の教育は、全て受け身である。
    ディベートする、スピーチするなどの機会は全くなく、授業での発言もなし。質問は先生の話が終わってからなど、授業も双方向の考えが全くない。英語教育も極めておかしい。学校で習うのは「読む」「聞く」だけで、肝心な「話す」「英作文」の機会がなく、そもそも教師ができない。
    大学も、全入時代にしたのもおかしい。
  • この人が日本の教育に危機感を持ったのは何時だろう?
    自分でさえ40年前には大学が遊び場になってると感じたからな
    たぶんノーベル賞の肩書きを得たから言ってうんだろうが
  • 国是について語るのであれば、狂信的な反日国家とどう対応していく教育をすべきかについても語って欲しい。
  • 全く同感だ。ただ、基本、小中高は学問というより生きるためのスキルを学ぶところではないかと思う。好奇心や、自分で課題を見つけ、解決するという習慣はスキル学習とは別の科目として取り入れる必要があるんじゃないかな。
  • 日本の官僚制度から治さないと解決しないのでは?
    子供を変えていくには先生を変えていかなければ・・・
    先生を変えるには文部省を・・・
    小中の先生は5年ほど実社会の経験を積んだ人から採用するなど思い切った制度改革をしないと人は変わらない。
  • 自らや小保方さんらを追い詰めた首謀者たちに対し、
    同じように物申す勇気が貴殿におありでしょうか?
    その後、身の安全を察し斬新な研究成果の公表すらできず、
    表向き「カネ」に屈服している研究者も多いのですよ。
  • 怒るのが遅いよ。
  • 私立を増やし国立を減らす。
    国立大学で万人が納得できる客観性のない選抜試験は採用できないでしょ。
    それは固定観念じゃない。
    採用側の主観の幅が大きくていい選抜は、私立でしかありえないでしょ
  • おまゆう
  • 日本の入試は脱出ゲームと同じ
  • 教育の定義難しいですね
    物事を深く考えられるよう
    将来世の中に何か貢献できるよう
    昨今の事件の犯人の名前は皆親の愛情願いの
    現れ
    でも一生懸命頑張っても叶わないことがある
    その時いかに乗り越えられるか
    今日一日をどう生きたか
    生涯自問自答の日々です
    とりとめなくすみません
  • 「教育は金持ちになるためのものではない」…この言葉についてのみの意見ですが、「金持ち」にならなくてもよいとは思いますが、「教育を積み重ねる=努力をすること」で、「生活にこまらない程度の金銭がえられるようになりたい」とおもうのは当然です。
    現状、貧困化もすすんでいるので、なおさらでしょう。
    教育でも、資格でも、なんでもそうですが、「お金」と直結するからこそ、それが原動力となるのが現実です。
    生活基盤に不安がない状況になってからが、本当の意味で「未来を見据える人材をそだてる教育」にとりかかれるのだと思いますが。
  • 医学部受験の下りはとってつけた感があるが。この方の話の趣旨から行けば逆にペーパーテストの数点の差のみで合否判定をするのではなく医師として将来性があるか先を見越して適した学生を医学部に入れるべきで、そうすると医師免許をとって数年でパートタイマーになりそうな学生は避けるべきでは??なんか矛盾している気がする。
  • 私の立場は、今の教育が間違っているとは思わない、というものです。理数系科目について言えば、どう教えるか?に捕らわれすぎて何を教えるかが重要ですね。どう教えるかの議論はナンセンス
  • 野依氏は言っていることとやっていることが違う。理研の理事長時代に、実利主義(基礎研究よりも実用に繋がる研究を重視)、極端な成果主義を取り、また世の中にアピールすることを重視したことがSTAP細胞の捏造に繋がったことは、日本の生物学研究者はみんな知っている。
    笹井先生が亡くなるまでの事件につながっているのに、よくこんな偉そうにインタビューに出て来られるものだと思う。
    利根川進氏もそうだが、ノーベル賞を取った業績は素晴らしくても、ノーベル賞受賞者=人格者とは限らないし、マネージャーとして有能か、政治的見解が一聴に値するかは別の問題。「ノーベル賞」を錦の御旗のように掲げてのインタビューには大いに違和感を感じます。
  • 少子化で若い人の人口が顕著に減少しているので、優秀な外国人学生を受け入れられるような、点数だけではない入試の選別方法を取り入れないと、日本は国際競争力に負けるという話かな。哲学めいた発言なので、この話を正しく要約できなければ、私の大学なら不合格にするぞって感じもする。僕の意見では、そんなことで勝つ必要はない。日本に住む日本固有の民族の人が豊かなに暮らせる社会の実現のため、少子化を邪魔しないで人口減少に呼応する政治を行ってもらいたい。外国人観光客の居ない京都を楽しめる日本を取り戻そうといいたいね。
  • 功なり名を遂げた人たちは大体同じようなことを言うもんだ。
    ただ、この方の言うように今の教育が「特定階層の既得権の再確認」手段になっているという部分は納得できる感がする。
    国立大学の付属学校や有名私立学校への入学そのものが既に既得権の様相を示し、大阪で起こった付属小学校での大量殺傷事件や最近の川崎殺人事件などもその遠因としては教育界での格差があることをマスゴミや評論家はじめ誰も言わない。
    日本ではバブル崩壊以降、平成年間を通して理不尽で理由の説明できない不平等・差別が蔓延してしまった。
    それこそ揺り籠から墓場まで格差が固定化し、コネ社会口利き社会がほぼ根付いてしまった。これは長期的に見れば国家社会の衰退化につながていることに気付いていない。
    年寄りはいずれ去っていくからいいが、若い人たちは今すぐでも改革に精を出すべきであろう。進次郎たちものんびりは出来ないぞ!!!
  • どんなに奇麗事言ってもみんな「今だけ、金だけ、自分だけ」だからねぇ
  • 受験数学や受験社会こそ危機感を感じて頂きたい。まさに「将来の豊かな人生のため」ではなく、「受験という出来レース。淘汰戦のため」の科目でその後の人生に役立つことはほとんどない。
    受験科目もそうだし、企業研修や臨床研修もそうだし、企業体質や大学医局という制度もそうだし、次世代の若い人の人生の為というより前世代の年寄りのメンツや興味のためという面が多すぎる。若い人が年寄りも価値観に合わせることも時には大事だけど、若い人の個性、価値観をもっと大切にする世の中になってほしい。こんな世の中のシステムでは前世代の良いことも悪いこともそのまま引き継がれるだけで、新しい時代に即した変化や変革を生むのを妨げてしまう一方だ。
  • 大阪にある大空小学校のような学校が全国に広がればいいな。
    木村泰子さんに学校改革の先頭にたってほしいです。
  • でもそういう教育を作ってきたのはこの世代の人たちでしょ?

スポンサーリンク


Copyright© 気になる最新ニュース速報 , 2019 All Rights Reserved.