芸能、企業、ニュース、雑学、ネタ etc..... 気になったネタをとりあげています。

気になる最新ニュース速報

花とゆめ 編集謝罪の種村有菜の酷似画像はコチラ!!!!これは......

花とゆめに掲載された読み切り作品の中に、種村有菜先生の作品の絵柄に酷似したものがあったと、編集が謝罪した件が話題になっています。

 

 

問題となっているのが『花とゆめ14号』の読みきり作品。

 

 

コチラが花とゆめの編集が謝罪した種村有菜先生の作品に酷似した画像です↓

 

 

確かにかなり似ていますね・・・・

 

コチラが花とゆめ 編集謝罪に関する記事詳細です↓

スポンサーリンク

花とゆめ 編集謝罪に関する記事

 少女漫画雑誌『花とゆめ』(白泉社)の編集長は2019年7月5日、掲載した作品で他の作品と酷似した表現があったとして謝罪した。

お詫び文では、編集部が率先し表現を似せるよう誘導したとして、「すべて編集部の意識・認識の甘さによるものです」と説明する。

■種村有菜さんとの類似指摘...本人もSNSで反応

公式サイトに掲載された編集長名義のお詫び文によれば、6月20日発売の『花とゆめ14号』の読みきり作品で、主人公の女性キャラクターが、ほかの作品のキャラクターと酷似しているとの指摘があったという。

作品名は明かしていないものの、同号に掲載された『ロマンスとバトル』をめぐっては、人気漫画家・種村有菜さんと絵柄などが似ているとして、SNS上ではさまざまな声が寄せられていた。

公式サイトでは、「少女漫画の主人公が少年漫画に異世界転生!? 」とのキャッチで紹介されていた。ツイッター利用者の「これは種村先生的にはいいの? 私は種村先生のファンだからなんか引っかかるものがある」などとの質問に、種村さんは「ちょっと驚いています。全く知らない方です...」とツイートしていた。種村さんは白泉社から多数の作品を刊行している。

お詫び文では、「編集部が率先して先生の絵柄に近しい方向へと誘導した結果のものであり、本来なら掲載を中止しなければならない程、酷似していたにも関わらず、雑誌に掲載するという過ちをおかしてしまいました」と経緯を説明し、

「この度読者の皆様をお騒がせしてしまった原因は、すべて編集部の意識・認識の甘さによるものです。花とゆめをご愛読頂いている皆様の信頼を損なってしまいましたこと、誠に申し訳ありませんでした」

などと謝罪した。

『花とゆめ14号』は電子版でも配信されていたが、5日までに販売ページで「紙版に掲載されていたよみきり『ロマンスとバトル』は未掲載となります」と記載された。

今回の花とゆめ 編集謝罪についてネットの反応は以下の様なものでした↓

花とゆめ 編集謝罪に対してのネットの反応

  • 種村有菜は少女漫画の一時代を築いたんだから、絵柄が似てる作家なんていくらでもいるでしょ、と思ったけど、
    意図的に編集が寄せさせた点を謝罪しているのね。
    漫画の主題には合ってるから、パロディと思えば特に問題ない気もします。
    非のない作者の方が今後活動しにくくなることのないよう、白泉社の編集部はフォローをしてあげてほしい。
  • 大昔の漫画家はみんな手塚治虫の絵柄を真似てたもんだけどな。あと、鳥山明の絵柄まるパクの柴田亜美さんとか……。姉妹だからこそと言えばそうなんだけど、楠桂と初期の大橋真弓さんとか。……別にいいと思うけど。―――そういえば昔、「この人、あだちみつるに絵がそっくりだな」と思った漫画家さんがいて、その後その人、紡木たく風になって、後に高河ゆん風になってたっけな……。その後はしらんけど。
  • 絵柄?絵柄はよく似たのいるよね。それ、問題になるのかぁ。
    絵柄なんかよりも、もうずいぶん前になるけど、びっくりしたのがたまたま目にした少女漫画雑誌で新人の漫画家さんの作品と思われるもので「ミドリガメ君」って名前のワニが出てきたこと…。
    これ、「らんま2分の1」でまったく同じネタがあって探し物はミドリガメ君のところにあるとかで、ミドリガメなら楽勝♪って思ってたらワニで…って展開もまったく一緒だった。いいの!?これ!?って思ったけど、どっちも小学館から出てる漫画だったので、わかっててやってるのかしら…う~ん…って感じだったんだけど。

    これもどっちも白泉社なのね。

    だとしたらあれは小学館気づいてなかったのかなぁ…。大御所の作品のネタとかぶって気づかないってあるのかしら…。

  • 昔の花ゆめならありえない。
    もっといろんな作家がいたし、まあ変な話だけど絵がすごくうまいわけではないけどとても心に残る作品も多くあった。今やどこの雑誌もエロ全面とかどっかにあったような、とかばかり。残念ですね。
  • これって絵が似てることより
    設定・内容が丸被りしてることが問題になってるんじゃないの?記事が正しい経緯を説明できてないよね
  • 誘導指示された自分とこの作家さんにも詫びいれろよ。とんでもない汚点つけちゃったんだぞ編集。とにかくどこでも編集が強権すぎる。自分色に染めたいなら自分で描いてみろ。
  • 売れ筋の作家さんに寄せたり、その雑誌の方向性として、絵柄を変えさせたりはよくあること。 ただ、話題になるということはそれを越えたレベルで、異常だったのでしょう。
    ずいぶん昔に、好んで花ゆめを読んでいましたが…あのオタク向け感が懐かしいです。
  • そんな激似ってほどでもないけどな〜?
    あれぐらいで似てるっていうなら
    他にもいっぱいあるやん。
  • この手の話が出ると、例の温泉絵師のどや顔が思い出される。
  • だれでも好きな漫画家の模写から入る以上、少女漫画でそんなの言い出したキリがない。ストーリーが同じなのは問題があるけどね。
  • 種村有菜の心狭いな〜しか思えなかったわ。
    音楽だって似てる歌声のアーティストいくらでもいるわ
  • 問題なのは誘導した編集部の担当だよね?絵柄で掲載されるかどうか決まるの?
  • 田中圭一なんてどうなるよ?
  • これ読切作家の人が可哀想。
    創作やるなら誰だって求めるのはオリジナリティ。
    こんなことで有名になりたくなかっただろうし、本当なら自分の絵柄で勝負したかったはずだよ。
    ストーリーとかは掲載されるくらいだから、面白いんだろうし、この作家さん自体も才能あるんだと思う。
    今、有名少年誌でさえ新人が育ってない時期に、編集部が才能の芽を摘むようなことをする。止めてあげてほしい。
    出版業界の冷え込みってのはあるのかもしれないけど、それで才能潰してたら本末転倒。ここまでの問題になったのも作家さんの画力があったからなんだと思う。才能があるからこそ、この問題で躓かないで良い作品を作って欲しい。
    頭を悩ませ、批判されるのは編集部だけでいい。
  • >公式サイトに掲載された編集長名義のお詫び文によれば、6月20日発売の『花とゆめ14号』の読みきり作品で、主人公の女性キャラクターが、ほかの作品のキャラクターと酷似しているとの指摘があったという。作品名は明かしていないものの、同号に掲載された『ロマンスとバトル』をめぐっては、人気漫画家・種村有菜さんと絵柄などが似ているとして、SNS上ではさまざまな声が寄せられていた。公式サイトでは、「少女漫画の主人公が少年漫画に異世界転生!? 」とのキャッチで紹介されていた。

    無断で許諾なく他人の作家の作品の絵を使ったわけでなく、ただ単に絵が類似してるだけ、著作権法上問題ないし主人公の女性キャラクターが、ほかの作品のキャラクターと酷似しているだけで掲載中止は過剰反応でやり過ぎ、むしろ文化萎縮懸念します。作品読みたいし中止反対ロマンスとバトルと6月20日発売の『花とゆめ14号読み比べも良い。

  • 少女漫画の絵柄なんてそんなパターンあるのか?あだち充なみにどれも一緒かと思ってた。
  • 余程個性がある絵を描かない限り、無難な路線で書くと必ず誰かの絵っぽくなる。
    少女漫画家の絵なんて、素人が見たらほぼ一緒。
  • 話が酷似なら問題だけど、絵はリスペクトにならないのかな
  • 怪盗ジャンヌ、 満月をさがして 大好きでした!だけどアンチがかなりいて 昔はすげー叩かれてた。
    種村先生が何かの漫画をパクったっていう輩がかなりいたし。何の漫画か忘れたけど。
    私は 今でも種村先生は大好きですし 応援してます。
  • ドラゴンボールとクロスハンターの事かと思った。
  • 「種村風に描いてね」って編集部が指導したの?
  • いやいや 絵見たけど過去に同じ絵柄の漫画一杯あったよ。そこはいいの?ってなるよ。
  • 花ゆめは昔にも似たことがあった。美内すずえ先生にそっくりな絵の新人がいた事があった。
  • たしかにあれは似てた。本当にそっくり。
    見せ方もなんとなく似てるし。
    でも、アシスタントしてたのかと思ってた。
    全然違うとのことだし、さらには編集がさせたことなら編集部は個人の才能を潰したいだけだね。
    展開や構図とかはアドバイスしてもいいかもしれないけど、絵柄はその人の個性だと思うな。
  • 似てる絵柄とかじゃなくて、故意に似せてたんだと思う。話の内容的にもその方が面白いとかあったんじゃない?種村先生の絵って、ある意味少女漫画の代表的な存在だし。種村先生ご本人に監修してもらうとかすれば良かったのに…
    お話はぶっ飛んでて面白かったよ。
  • ネットに出回ってるの見たけど種村有菜氏本人かというくらいのレベルだった。
    ちょっと似るとかならまだしも何でこんなに酷似させるのか。
    アシスタントが絵柄似るとかってレベルでもない。
    担当編集者以外に誌面の中身確認しないの?
  • 売れてる作家の絵に似せとけば、話題になると編集者は思ったのでしょうが、こらだけ話題にはなったけど書いた新人漫画家さんが潰されてしまうような結果になってしまうのは編集者としても力不足だと思う。画力があるだけにもったいない。
  • 白泉社の社長って有名なマシリトだろ?編集者の教育ちゃんとやってんの?
  • 漫画を描くのが好きな人は、先ずは人物の模写から入るから、どうしても憧れの作家や好きな作家の影響を受けるものだと思う。
    漫画の内容、構図、台詞、全てが模写なら許せないが、キャラが似るとか被るとかは、普通にある事だし、影響を受けられたとされる作家は自分が手本だと思うと嬉しいのではないでしょうか。
    アニメのキャラデザとかも、漫画原作者の影響受けまくってて、オリジナルキャラでもそういう絵柄になってしまってる事がありますよね。
    いちいち漫画原作者も自分の絵に似てるとか言わないし、漫画の世界はそんなもんだと思います。
    初めは似ていてもそのうち自分のカラーが出てくると、全然違ってくるんで、長い目で見てあげればいいのにって思いますけどね。
  • 種村さん=目が大きい絵と認識されがちだけど、華やかさを見習ってほしいと一例に出して寄せさせた可能性もあるのでは
    種村さん自身も白泉社で描いてるから似せさせてどうかしたいみたいな意図はなかったんじゃないかと思うけど
    担当の言葉選びや伝え方が適切でなかったか、作家側が担当に言われたことを誤解した方向に採り入れたかの齟齬があって、そのまま原稿を掲載したら読者から反発意見を喰らったのかなと思う
    昔の白泉社とは作家の伸ばし方が変わったのかなというのが一番大きな印象ですが、読者が白泉社に期待してる方向とはあってないんじゃないでしょうか

スポンサーリンク


Copyright© 気になる最新ニュース速報 , 2019 All Rights Reserved.