芸能、企業、ニュース、雑学、ネタ etc..... 気になったネタをとりあげています。

気になる最新ニュース速報

山田邦子 独立真相の現在の心境がヤバい!?事務所とのトラブルは!?

山田邦子 独立真相の現在の心境がヤバい!?事務所とのトラブルは!?

40年間在籍していた事務所『太田プロダクション』を辞めた山田邦子さんが独立の真相を語った記事が話題になっています。

 

40年間という長い関係性を築いていた事務所を突如辞めるとなるとやはり気になるのがトラブルですよね^^;

 

山田邦子さんが事務所辞めて独立した真相について以下のように語っています↓

 

ケンカ別れじゃなく円満退社。『令和』になったり、芸能活動40周年を迎えたり、来年で60歳になるし、新しいやり方をやってみてもいいかなと

 

ということでトラブルが発端で事務所から独立したそうでは無いそうです。

 
コチラが山田邦子の独立真相に関する記事詳細です↓

スポンサーリンク


山田邦子 独立真相に関する記事

「今はとっても楽しくて、最高です! 完全にフリーになってマネージャーもいないので、メールや携帯電話が命ですね。請求書の作成や原稿チェック、写真データの送付、ギャランティーの交渉なども全部ひとりで大変ですけど、初めてのことばかりで楽しいですよ。

【レア写真】山田邦子と旦那のツーショット写真

事務所を辞めてすぐに、知り合いに営業をかけて、すでにいくつか仕事もいただきました。ギャラの金額を自分で言うのが、まだ少し恥ずかしいんですけどね(笑)」

そう話すのは、今年の6月いっぱいで約40年間在籍していた『太田プロダクション』を離れた山田邦子。
今年に入ってから、独立のウワサがたびたび報じられていたのだが、事務所を離れた最大の理由を、こう語る。

「ケンカ別れじゃなく円満退社なので、今までのレギュラー番組も引き続き出させていただいていますし、全部ひとりで業務を行う以外は変わってないんですよ。フリーになったのは、いろいろな“節目”が重なったことが大きかったんです。

『令和』になったり、芸能活動40周年を迎えたり、来年で60歳になるし、新しいやり方をやってみてもいいかなと思いました。そもそも“新しいこと好き”で、'60年生まれということもあって“0”や“5”などの切れ目の数字が大好きなんですよ(笑)」(山田、以下同)

事務所との間にトラブルが起こったわけではないものの、“違和感”はあったそう。

「数年前に社長が代わり、マネージャーのシステムも変わったんです。以前までは、1人のタレントにつき、1人のマネージャーだったのが、今はバラエティー班、音楽班、ドラマ班のように、ジャンル別でそれぞれマネージャーがつく形になって。なんだか、3つ4つの事務所と仕事している気がしたんです。

これはしかたないことかもしれませんが、若いマネージャーさんが私をリサーチすることになり“芸能界のお友達は誰ですか?”と聞いてくるので“例えば倍賞千恵子さんかな”と言っても、倍賞さんを知らなくて。そんなレベルの説明をしていると、さすがにつらくなってきちゃって」

'07年に患った「乳がん」がキッカケで、芸能界の友人たちと立ち上げた『スター混声合唱団』。このチャリティー団体での経験も、独立への後押しになったそう。

ほかにも、10年以上『長唄』を続けている山田は、今年4月に東京・歌舞伎座で披露するほどの腕前。しかし、自身のブログで当日の舞台に《事務所スタッフには誰ひとりも観てもらえなかった》と残念そうに綴っていたが……。

「太田プロは、関東で老舗の演芸事務所のひとつなのに、そういった芸事の公演に誰ひとり顔を出さないのは、やはり違和感がありましたね。私は今年『杵勝会』の名取『杵屋勝之邦』も襲名して、芸能と関係している仕事なのに、事務所のスタッフに関心がないのは寂しかったです。

社長やスタッフには“変じゃない?”と何度も伝えたのですが、一向に動く気配はありませんでした。だったら、フリーのほうが自由にできるなと思ったんです」

引用元:山田邦子、「さすがにつらくなっちゃった」事務所独立の真相を語る!
今回の山田邦子 独立真相についてネットの反応は以下の様なものでした↓

山田邦子 独立真相に対してのネットの反応

  • この話、非常に興味深いし、芸能界改革のいい材料じゃないかな?
    事務所関係者が公演を見にこなかったのは、明確に事務所内での演芸の優先順位が低いことの意思表示だし、
    若いマネージャーさんが、倍賞三津子さんを知らず…のくだりは、なるほど、ベテランの芸人はそういう意志疎通がちゃんとできる人に担当してほしいと思うのは当然だよね、って思えるし。
    とすると、芸人と事務所との売り方の方向性が異なったとき、自由に契約解消して移籍できる(干されない)業界環境を作るってのはすごく大事なことだと。
    邦ちゃんは、そういう問題提起をしている。すごい重要な情報だと思う。時代もあるんだろうけど、寂しい話だね。
    昔を知らないのは若いなら仕方ないけど、芸能界にいて学ぶ気もないのが分かるから残念なんだろうな。
    でも新しい道に進んでがんばってほしいです。
  • こういうタレントさんが冠番組を持って若い人に脚光を当てる番組を作ればいいのに、今のテレビはスキルの乏しい若い人を無理にメインにしちゃうから、出演者のファンみたいな、若い子のうちのごく一部しか見ないような番組ばっかりになっちゃうんだよね。
  • まぁ仕方ないというか。
    爆笑問題が太田プロから独立した時には干されて仕事が全く無くなって、光代さんと3人でスタートして今の地位を築いたけど、邦子さんの場合は太田プロも「好きにすれば?」って感じだと思う。
    SMAPやのんの様に圧力を掛ける必要も無いしテレビ局側も太田プロに忖度する必要も無いしね。
    イライラしながら事務所に居るより個人事務所でやりたいことをやれば良いと思うよ。

スポンサーリンク


Copyright© 気になる最新ニュース速報 , 2020 All Rights Reserved.