芸能、企業、ニュース、雑学、ネタ etc..... 気になったネタをとりあげています。

気になる最新ニュース速報

吉本興業 人権救済申立てがヤバい......EXITの兼近は救われるか!?

吉本興業が先日報道されたEXITの兼近さんの過去の逮捕歴について人権救済申立てを行い話題になっています。

 

ついに吉本が本格的に動き出したね。前々から法的措置を取るって言っていたけど........

 

あの件が報道されてからEXITの兼近さんへの風当たりは相当強いからね。世間では前科者のイメージがすっかりついてしまって今後の芸能活動は暗雲が立ち込めているよね。

 

いい人キャラで売り出していた分、ベッキーの時みたいに裏切られたって気持ちが強いのかもね??

 

いい人キャラっての本当にリスクがでかいよね。ちょっと悪そうな方が少しいいことしただけで褒めてもらえるのに。

 

コチラが吉本興業 人権救済申立てに関する記事詳細です↓

スポンサーリンク


吉本興業 人権救済申立てに関する記事

 吉本興業は18日、週刊誌『週刊文春』(文藝春秋)で、同社所属タレントの前科・前歴が報道された件について、日本弁護士連合会に対して、同社および当該タレントを申立人として「人権救済申立て」を行ったことを公式サイトを通じて報告した。

『週刊文春』(2019年9月12日号)では、お笑いコンビ・EXITの兼近大樹(28)が、過去に売春防止法違反の疑いで逮捕されていたことなどを報じており、吉本興業は今月5日、公式サイトで報道に対して抗議をするとともに「法的措置についても検討」しているなどと伝えていた。

きょう18日に更新されたサイトでは「人権救済申立てにつきまして」としたエントリーで「この度、株式会社文藝春秋が発行する雑誌『週刊文春』において弊社所属タレントの前科・前歴が報道された件に関し、日本弁護士連合会に対して、弊社及び当該タレントを申立人として人権救済申立てを行いました」と報告。

続けて「ある者の前科・前歴に係る事実を実名で報道することは、プライバシー権・名誉権を著しく侵害する行為です。また、未成年の時点で犯した罪について実名で報道する行為は、少年法61条にも反するものと考えられます」とし「取引先各位におかれましては、前科・前歴に係る不当な報道が、現在新たな環境で更生して、一所懸命に努力している弊社所属タレントの基本的人権の重大な侵害にあたることをご理解いただいた上、その芸能活動に支障が出ることの無いよう、改めてお願い申し上げます」と呼びかけている。

人権救済申立てについて皆さんはどう思いますか!?

 

今回の吉本興業の人権救済申立てについてネットの反応は以下の様なものでした↓

スポンサーリンク


吉本興業 人権救済申立てに対してのネットの反応

  • 申し立てても周知の事実。あー斡旋した人ね~と思われる。
  • 吉本側の言ってる事もわかるけど、最近の兼近さんの家族の為に中卒で懸命に働いたいい人キャラで売り出してた訳だから本当は2度も犯罪を犯してたんじゃ話が違い過ぎますよね。今は更生してると言われてもちょっと不信感は残りますね。
  • 完全に文春の勇み足。過剰報道であり、報道の自由を履き違えた悪意ある垂れ流し。
  • そんな芸人を売り出す吉本もどうかしてるぜ
  • これが通るなら薬物事件等で捕まった芸能人も裁判終われば全員前科を問うてはならないってこと?
  • まあ嘘エピソードでいい人アッピールしすぎた罰じゃね?
  • 芸能人だろうとなかろうと、誰にだって知られたくない過去はあるでしょ。日本中に晒されて叩かれた日には、立ち直れないよ…んだよ!
  • 更生してるとはいえ、イメージダウンは否めない
  • 前科ってのは個人情報のうちでも「機微情報」にあたり、漏らすと特に重いんですよね(他は宗教・性的嗜好など)。日本以上に厳しいEUのGDPRだと文春は会社が吹き飛ぶほどの罰金になります。
  • なるほど。今回吉本法務部ちゃんと仕事してるのね。
    もっと早くからそうすれば良かったのに。
  • まぁ、実際、何でも暴けば良いってものでも無いのは事実。

スポンサーリンク


Copyright© 気になる最新ニュース速報 , 2019 All Rights Reserved.