芸能、企業、ニュース、雑学、ネタ etc..... 気になったネタをとりあげています。

気になる最新ニュース速報

プリキュア 軌跡の内容が半端ない.....

投稿日:

プリキュア 軌跡が話題になっています。

 

人気漫画の「プリキュア」の鷲尾天プロデューサーがこの15年の軌跡を語り注目を集めています!!

 

コチラがプリキュアの軌跡に関する記事詳細です↓

スポンサーリンク


人気アニメ「プリキュア」シリーズは放映開始15周年。普通の女の子が変身して、大切なものを守るためにりりしく戦う姿が、メインターゲットの女児を中心に多くのファンを魅了し続けている。決して順風満帆だったわけではなく、存続の危機を迎えたこともあったが、「我が道を行く。分析しながら、やるべきことを貫く」と乗り越えてきた。生みの親とも呼ばれる東映アニメーションの鷲尾天プロデューサーに「プリキュア」のシリーズの伝統、軌跡について聞いた。

◇最初は1年やり切るつもりが…

「プリキュア」シリーズは、普通の女の子が伝説の戦士・プリキュアに変身し、さまざまな困難に立ち向かう姿を描くアクションファンタジー。第1弾「ふたりはプリキュア」が2004年2月にスタートし、現在は第15弾「HUGっと!プリキュア」がABC・テレビ朝日系で放送されている。15周年記念作で劇場版最新作「映画HUGっと!プリキュア ふたりはプリキュア オールスターズメモリーズ」(宮本浩史監督)が27日に公開され、歴代プリキュアが総登場することも話題になっている。

鷲尾プロデューサーは15周年について「ここまで続くとは本当に思っていませんでした。きちんと1年やり切ることしか考えていませんでした」と話す。「プリキュア」は、原作のないオリジナルアニメだ。原作が人気作であれば、ある程度は人気が出ることも予想できるかもしれないが、オリジナルはそうもいかない。鷲尾プロデューサーは心配だったようで、「ふたりはプリキュア」の第1話放送後、玩具店に行ってみた。そこで、玩具が売れていくのを目にし、胸をなで下ろしたという。「その後、玩具が品切れになっているという話がありました」。すぐに人気に火がついた。

鷲尾プロデューサーは、08~09年放送の第5弾「Yes!プリキュア5GoGo!」までプロデューサーを務めた。「ふたりはプリキュア」が始まってからは「5年間、嵐に巻き込まれたままでした。今だから言えることですが、その時々の対応に追われていた」とがむしゃらにシリーズの基盤を作り上げた。

◇初代から「男らしさ」「女らしさ」という言葉は使わない

「プリキュア」は、17~18年放送の第14弾「キラキラ☆プリキュアアラモード」では肉弾戦を封印したり、「HUGっと!プリキュア」では、子育て、お仕事がテーマになるなど作品によってカラーが異なる。時代に合わせて変化してきたが、核は初代から変わらない。鷲尾プロデューサーは「核はりりしくあること。自分たちで問題を解決しようと立ち向かうこと。あとは時代、環境によって変化していく。キーアイテムが携帯電話、スマホになったり、時代によって子供が興味を持ちそうなものを取り入れる」と話す。

革新的だったのは、少女たちが素手で相手に立ち向かうところだ。プリキュアの戦闘シーンは激しく、少女たちがパンチやキックを繰り出す肉弾戦が魅力である。「美少女戦士セーラームーン」などにも戦闘シーンはあったが、女児向けアニメでは異例だった。鷲尾プロデューサーは「女の子だって暴れたい!」をコンセプトに企画段階から戦闘シーンを盛り込むことを考えていたという。「爽快なアクションをやりたかったんです。女児向けでは珍しかった」と語る。

放送中の「HUGっと!プリキュア」では、いわゆるジェンダーレス男子のフィギュアスケーター・若宮アンリが登場。「男らしさ」「女らしさ」という価値観に対して疑問を呈したことも話題になった。しかし、「プリキュア」が、ジェンダーに向き合うのは「HUGっと!」が初めてではない。鷲尾プロデューサーが「(『ふたりはプリキュア』を手がけた)西尾(大介)監督と最初から一致していたのは『男らしさ』『女らしさ』という言葉を使わないこと。ジェンダーを意識していた」と話すように、その伝統が脈々と受け継がれてきたわけだ。

◇ライバル出現も「意識したら負け」

「プリキュア」は、長きにわたって女児の心をつかみ続けているが、順風満帆だったわけではない。「オシャレ魔女 ラブandベリー」「妖怪ウォッチ」「アナと雪の女王」などライバルが現れたこともあった。危機を迎えても「意識したら負けなので、我が道を行く。分析しながら、やるべきことを貫く」と乗り越えてきた。ピンチでも自分らしさを貫くという姿勢は「プリキュア」のキャラクターと重なるところがある。「安定した状況ではない。常に緊張しています。緊張感があるのがいいのかもしれませんが」と作品に向き合ってきたから、15年間も続いているのだろう。

放送開始当時の視聴者は大人になった。今年は15周年を記念して期間限定ショップがオープンしたり、過去の劇場版アニメの上映会を開催するなど盛り上がっている。「15周年ということで試験的にいろいろなことをやっています。『ふたりはプリキュア』を見ていた世代が母になっても振り向いてもらえるように、20、30年と続けていければ」という思いがある。

劇場版最新作「映画HUGっと!プリキュア ふたりはプリキュア オールスターズメモリーズ」には、歴代プリキュアが総登場することも話題になっている。鷲尾プロデューサーは「50人以上のプリキュアが出ます。こんなにいたの!?となりますよね。どうやって映像化したのかが見どころです」と話す。20、30年と続いていけば、100人のプリキュアが登場することも……。強固な核を守りつつ、時代に合わせて変化しながら「プリキュア」が続いていくことに期待したい。

引用元:<プリキュア>我が道15周年 女児を魅了し続ける裏側

 

 

今回のプリキュア 軌跡についてネットの反応は以下の様なものでした↓

スポンサーリンク


ネットの反応

友情を始め、絆を描いている所がいい。
大人でもドラマ感覚で入っていける。

 

シリーズ第1作「ふたりはプリキュア」のスタッフに当時インタビューする機会があったのですが、前番組がコケたので制作現場は滅茶苦茶だったそうな…(ゲストキャラの設定がなかったので原画の段階で書き下したとのこと)。そんな突貫作業だったのに15年継続するとは…感慨深いです。

 

フレッシュプリキュアで、
敵の幹部だったイースが改心して
キュアパッションになる展開が
良かった。この後の作品でも
同様に敵だったキャラクターが
改心したり、その後プリキュアに
なって仲間になる展開があり、
単に倒して終わりというのでは
ないのが良い点だと思う。

 

平成は終わるが、プリキュアは変わらず続けていくことを楽しみにしてます

 

セーラームーン世代の者です。今や二児の母。
子どもの頃に印象に残ったアニメは娘にも一度は見て欲しいと思うのは今も昔も変わらないのですね。

 

毎年変わるプリキュアはずっと観せませんでした。毎年変わるとグッズも購入しにくいと思っていたのですが、幼稚園でプリキュアの話の輪に入れないと言われ、子供が好きな福原遥ちゃんがやる事もあり観せましたがやっぱりハマり秋の誕生日にもう終わるよ!と説得してもダメでコンパクトや色々グッズを買いました。最近コンパクトみてないな…
セーラームーンやドレミちゃんの様に長くやってくれたみせやすいし、グッズも買いやすいです。
ストーリーは一緒に観てましたが、凄く作り込まれていてワクワクします。ずっと見ていたら歴代のプリキュアで興奮できるのもわかりますが、1年で終わるのが残念です。

 

この手のは全く見てないけど子どもから大きなお友達まで人気あるみたいだね。
ラスボスがいつも壮大で強大すぎる存在だというのは何かで目にしたことある。忘れたけど。
ってか原作ないのか。よく続いてるな・・・

 

本腰据えて見るようになったのは『ハートキャッチ』。
その頃は馬越嘉彦さんの作画監督としての実力もよく知らなかったから、「『おジャ魔女』の画風で格闘」というのがピンとこなかったものの、終盤戦の迫力などは確かに凄かったです。
『ハピネスチャージ』の10周年ありがとうの挨拶ではキュアマリンの原画の一部を筆ペンで描いたらしいですが、一見ただ書きなぐったように見えて動くと面白い絵になる辺りがさすがだなと。

 

娘を持つ親として、プリキュアの歴史は我が子の歴史w
幼稚園の頃は、文具、パジャマ、オモチャ、なんでもかんでも
プリキュアでした
だんだんと成長と共に離れていきましたが、今でもたまに見てる
な…w

 

ウルトラマン、仮面ライダー、スーパー戦隊など
男の子向けの番組には女性も登場するため女の子も「ごっこ遊び」に参加出来るが
プリキュアには男の子が変身するキャラクターがいない。だから男の子も「ごっこ遊び」に混ぜてもらえない。
そろそろ男の子キャラも交えて男の子ファンの獲得に乗り出してみてはどうだろう。
女の子オンリーが「伝統」と言ってるなら土俵に女性を上げない相撲協会と言ってることは同じだ。
今こそ発想転換の時。

 

見てました見てました!映画も年一回行ってました 笑
映画館に大きなプリキュアのポスターを見ると
懐かしく感じます。
娘がいる人は親子二代で楽しめていいですね。

 

ドラゴンボールもそうだったけれど西尾大介さんの力も大きいと思う。
ダメージの大きさをキャラクターではなく周囲の物を壊すことで表現するのも素晴らしかった。

 

このアニメは、女児以外にもいい大人で見ている人もいる。

 

来週の土曜日に長女とオールスターズを見に行く。
プリキュアの根っこは時代劇と同じやから、親もまた楽しめ。というか、春のやつでは号泣した。

 

うちの4歳女児は2歳ごろからアンパンマンからプリキュアに移行しました。戦うシーンが好きなようです。他局の再放送も録画して見せたら、プリンセスプリキュアにハマっていました。

スポンサーリンク


青山和弘 降板報道の真相がヤバ過ぎる....これ完璧アウトでしょ。 1

安倍晋三のことがわからなすぎて 安倍さんとホンネで話した700時間【電子書籍】[ 青山和弘 ] 青山和弘の降板報道が話題になっています。   分かりやすい解説で評判の良かった日テレ報道局の青 ...

宮川紗江 会見の暴露内容がヤバすぎる.....コーチはまさかの無実?? 2

それ、パワハラです 何がアウトで、何がセーフか (光文社新書) [ 笹山尚人 ]   宮川紗江の会見が話題になっています。   体操選手の宮川紗江さんが自身が受けた暴力行為について ...

カメラを止めるな! 盗作疑惑の真相がヤバすぎる...これ完璧アウトでしょ!? 3

【映画パンフレット】 『カメラを止めるな!』 出演:濱津隆之.真魚.秋山ゆずき   カメラを止めるな! 盗作疑惑が話題になっています!   映画「カメラを止めるな!」は今年最も注目 ...

4

元大相撲力士で第66代横綱の若乃花こと花田虎上さん。   角界を引退後は、NFL選手を目指し渡米したりとかなり異色の経歴の持ち主です。   帰国後はタレントやスポーツキャスターとし ...

Copyright© 気になる最新ニュース速報 , 2018 All Rights Reserved.