芸能、企業、ニュース、雑学、ネタ etc..... 気になったネタをとりあげています。

気になる最新ニュース速報

武田双雲 胆のう手術の病状が怖過ぎる.....

投稿日:

書道家の武田双雲さんが胆のう手術を行った経緯を語り話題になっています。

 

何でも過去に胆のう炎と胆管炎をこじらせて激痛にのたうち回った経験があるという武田双雲さん。

記事を読んで胆のう炎と胆管炎の恐ろしい症状を理解して私も健康的な生活を心がけたいと思いました。w

 

武田双雲さんが胆のう手術に踏み切った病気の症状とは一体どう言ったものだったのでしょうか!?

 

コチラが武田双雲さんの胆のう手術に関する記事詳細です↓

スポンサーリンク

武田双雲 胆のう手術に関する記事

痛すぎてのたうち回ったのは、忘れもしない2011年8月1日でした。当時、書道家としての仕事のほかに、出版物やイベント、テレビ出演などいろんなオファーが一斉に殺到して、ものすごく忙しかったんです。で、初めて“1カ月丸々休む”と決めていた、その休み初日の激痛でした。脇腹から背中にかけて、とにかく痛い。痛すぎて壁を思い切りパンチして手が腫れあがっても、そっちの痛みは感じないくらいでした。近くの病院に行ったものの、痛み止めがなかなか効かず、最終的にバズーカ砲みたいな太い注射をお尻に打たれたんです……。それが効きすぎて気を失って、3日間車イスでの通院になりました。そのうち痛みはとれたのですが、あれこれ検査しても原因が分かりません。家にいても具合が悪く、気持ちが悪い。さらには熱が出て、子供に「パパ、黄色い」と言われて目に黄疸が出ていることに気づきました。そして、1週間ほど経って再びあの激痛に襲われたんです。

深夜、前回とは違う病院に駆け込んでみると、即入院となり、すぐに「胆のう炎」と「胆管炎」が分かりました。痛みは間もなく治まりましたが、胆のう内に3つほどの胆石が確認され、発作はいつ起きるか分からない状態。医師に「胆のうを取りますか?」と手術を促されましたが、内臓を取ることに抵抗があり、「少し考えます」と答えて退院しました。

それから、なんとか胆のうを温存しようとして病気の一因である油分を食事から一切排除し、中国人の先生がいる“気功”に通い始めました。東洋医学に希望を抱いたのです。そのために藤沢から東京まで電車で通いました。でも、体調は最悪で、いつ来るか分からない吐き気と「倒れたらどうしよう」という恐怖の連続でした。一番ひどいときはエレベーターのボタンを押す力もないくらいで、具合が悪すぎて何も考えられませんでした。

■診断から8カ月で手術を決意も…

そうやって8カ月間、養生したのですが、状態は悪いまま。食事は、おかゆみたいなものばかりで、力が出ない……。それなのに、仕事はどんどん入ってくる。テレビでも、イベントでも、本番ギリギリまでぐったりしているのが常になり、12年4月、ついに手術を決意したんです。

「なんでこんなになるまで放っておいたんですか!」と医師に言われるくらい胆のうは腫れあがって、周囲の臓器と癒着していたようです。それでも腹腔鏡手術で無事に摘出が完了し、たった2日間で退院。「さぁ、これでもう元気になれる」と期待しますよね? でも、精神的にはそこから先が一番つらかった。

手術したのに1年経っても体調が良くならないんです。日が経つにつれ「別の病気があるんじゃないか」と不安になりました。結膜炎や逆流性食道炎にもなり、「もう、一生こんな体なのか?」と怖かった。外出先では常にドラッグストアを探しては胃薬を見る……という生活が続きました。

ようやく体調が上向きになってきたのは13年ごろからで、本当に元気になったのは14年に入ってからです。

思えば、最初の発作の1年ほど前から予兆はありました。首や肩に寝違えたようなコリを感じていましたし、心臓が痛くて病院を受診したこともあるんです。「ストレスですね」と片づけられたのですが、胆のうがむくんでいたことが原因だったかもしれません。

病気から学んだことは“ネガティブな人の気持ち”です。それを一番感じたのは、書道教室に長年通ってくれている3人連れの生徒さんに「私たち、体だけは健康なんです」と言われたときでした。自分が元気なときはネガティブな人たちだと思っていたのに、そのときばかりは彼女たちがまぶしすぎた(笑い)。

病後は、食生活が変わりました。油もちゃんと取ろうと思ってオーガニックにハマったんです。それがきっかけで、オーガニックカフェや味噌汁専門店を立ち上げましたし、カリフォルニアにあるオーガニックが当たり前の街を知りました。今、真剣に移住を考えています。

さらに、「本当の健康とは何か」を研究するのが趣味になりました。「自律神経が整うとはどういうことか」から「食事」「習慣」「思考」まで興味は尽きません。完全に運動不足だったボクが専門家に歩き方を教わって、1日2時間ぐらい歩くようになったのも病気のおかげです。いろんなことが変わりました。今の願いは世界中を健康にすることです(笑い)。

(聞き手・松永詠美子)

▽武田双雲(たけだ・そううん) 1975年、熊本県生まれ。書家の母に師事し、3歳から書道を始める。大学卒業後、サラリーマンを経て書道家として独立。音楽家や彫刻家とのコラボレーションなど、独自の創作活動で注目を集める。書道を通して世界的に活躍する一方で、著書も多数。近年はオーガニックカフェ「CHIKYU」や味噌汁専門店「MISOJYU」をプロデュースするなど幅広い才能を発揮している。

当たり前ですがやはり健康的な生活には健康的な食事がマストなようですね。。。いやはや激痛にのたうち回る前に体を大事にしたいものです。
武田双雲さんのインスタグラムを見ても食事にかなり気を使っている様子が伺えます↓
武田双雲さんの胆のう手術についてネットの反応は以下の様なものでした↓

スポンサーリンク


武田双雲 胆のう手術に対してのネットの反応

 

  • 胆石ができて胆嚢をとったけど、全く何の影響もない。
  • 自分も夜中に痛みにのたうち回り、夜間外来に駆け込んだところ『胆のう炎』で、即入院しました。最初の3日間は点滴のみで水も吐いてしまうので飲めませんでした。
    ただ、その病院では、手術は何度も発作を起こすようならしましょう・・・と言うことで勧められませんでした。薬も「気休め程度にしか効かないから」と言われ、気休め程度なら要らないと断りました。以来、発作は2度ほど起きましたが、駆け込んだ時ほど酷いモノではなく、騙し騙し今に至っています。
    手術した後の後遺症?みたいなものがあるのなら、ますます躊躇してしまいますね(;^ω^)
  • 胆石はなった者しかわからない痛さだよね。
    俺も胆嚢摘出手術を8年前に受けた。
    その後の後遺症と言えば、脂っこい物、ラーメン、カレーを食べるとお腹を下す確率が高い。
  • 痛そう…
    早く取った方が…
  • 来月双雲さん講演会があり、予定に入れてます。たぶんこの話になるか。
    「毎日をとことん楽しむコツ」という演題。ちょっと違うかな。
    尿路結石になったけど、これは激痛で耐えられない。
  • 胆嚢摘出手術を5年前にしました。胆嚢摘出手術で内視鏡単孔式手術成功例が多い四ツ谷の有名な病院に行きました。術前は多忙で、発作が最初にでてから5年もたっていました。ずっと背中と鳩尾の激痛と下痢と戦い、胆嚢パンパンで癒着も黄疸もありましたが、手術した翌週から体調すこぶる良く、何でも食べられるようになりました。単孔式なのでおへそから取ってもらうだけですので抜糸もありませんし傷もつきませんでした。こんなに簡単な手術で体調が良くなるなら、もっと早く手術をしたらよかったです。あんなに長く痛みを我慢しないでよかった。。今ではなんの問題もなく健康そのものなので笑い話ですが、みなさまも胆石ができたらすぐ良い病院で手術してください!!
  • 大変な症状がすでに出てるのに食事療法で治ったら世話ないです。
    でも悩んでる時ほどそういう民間療法にハマってしまうんですよね。
    悩んでる人をカモにするエセ治療はたくさんあります。
    気をつけたいものです。
  • 意地を張って手遅れになり悔いを残してこの世を旅立った人ならたくさん知っています
    あなたはまだまだ活躍しなければならない人です
    つなぎとめた命を大切にしてください
  • 武田双雲さんの著書「プジティブの教科書」を読みました。
    さすがにこの病気の期間は、堪えたようですが、もともと心の根底にポジティブを造られていた方なので、超えることができたとも感じました。これ以降はまさにポジティブの雲に乗って、明るい人生まっしぐら。大変ためになる本ですので、是非読まれてください。
  • 痛くて壁を殴ったりするのは良く理解できません。会社にもいますけど
  • 胆石は原因を取り除かないと、何時石が管を詰まらせて炎症を起こすか分からない病気。さっさと胆嚢を摘出するのが一番。ただ内視鏡で出来るか、開腹するかは、太り過ぎだと開腹になりますね。10年以上前ですが、自分は内視鏡だったのに、自分よりもっと痩せてる人が開腹していました。結構医者の腕による所もあると思います。後胆嚢を摘出すると確かに下痢をしやすくなるのと、分解酵素の関係で太りやすくなりますが、あの痛みでは仕事が出来ないので、自分は早々に手術しました。
  • ツラい、重篤な病気になって毎日思い悩み、死をも考える日々。ならば、アイツは怠け者と言われようが根性なしと言われようがいいではないか。
    それはそれで心苦しい(笑)じつは人間の営みはバランス感覚ではないかな。。。(長期入院経験者)
  • 背中から脇腹の激痛っていったら先ずは胆のう周りを疑うのがセオリーかと思いますが・・・最初にお医者さんがヤブだったってことじゃない?それに、目に見えて黄色くなる前にビリルビン値は上がっているはずだから血液検査すればすぐにわかる。
  • 私も胆嚢炎で手術で取りました。胆嚢の状態が悪すぎて薬で腫れをおさえてから手術の予定でしたが、何かを食べると胆嚢が動くため転げ回るほどの痛みで夜中によく入院して、断食点滴の日々を何回か繰り返してから緊急手術となりました…あの痛みは今でも忘れないほどです。胆嚢はかなり悪くならないと症状がわかりにくいので…今まで受けた手術の中で一番大変でしたよ!
  • 私も胆管発作を起こして胆嚢切除しました。発作の時の痛みと言ったらそれはそれは酷く、出産よりずーっと痛かったです。先生から切除しますか?と聞かれた時はすぐお願いします!と即答しました。武田さんがそこで悩まれた理由が私には理解できません。あの痛みがいつ起こるか分からない恐怖は胆嚢温存させるなんて選択肢はなかったです。
  • 手術までにかなり時間がかかりましたね。それがよくなかったのかなと思いますがご自分の判断決断だったので仕方ないのかな?私の場合のたうち回って病院についてその日に急性胆嚢炎の手術になってしまったので考える余地もなくが逆によかっのかもしれません。ま、胆嚢が捻れて壊死が始まっていたらしいので緊急手術&そのまま入院だったのですが。オーガニックかぁ、やっぱりオーガニックって健康にはいいんですかね?普通に少し食生活きをつけるだけじゃダメなのかなぁ。
  • 自分は昔の健康診断で胆石持ちとわかっていたので、胆石発作を二度ほど起こした所で医者にかかったら予想通りだった。いろいろ調べたり経験者に話を聞いてすぐに腹腔鏡手術を決断した。入院は一週間程度で術後の痛みもひどくなくて下痢しやすさもすぐに治まってもう2年近く経っているが、食事は普通だし、痛みが出たこともないし、即決してよい医者に会えて悩まずによかったと思っている。
    あと、脳卒中で片麻痺の身体で、普段から苦労しているので、胆嚢が無くなるくらいはショックを受けない気持ちもあったからやり過ごせたのかもしれない。
    要は大病を経験した分、強くなっているし、病気へのリサーチ力があったかな?と思います。
  • 気孔とかいう根拠の無い民間療法で
    命を落とす人が少なくないのです。
    藁をもすがる人の弱った心を利用する
    まやかし健康法や医術は取り締まって欲しい。
  • ダッフンダの精神で頑張ってほしい!
  • 私は、腫瘍で、肝臓の1/3と、胆嚢と胆管をとりました
  • あまり、オーガニックとか、マクロビに凝りだすと、宗教的になってしまいますよ!
  • この体験談からわかるもう一つは、稚拙な医師が世に蔓延っていて、そこにつけ込む効果が不確かな手法で荒稼ぎをする者に恩恵が舞い込むということですね。
  • 気を付けよう
  • 多忙を乗り越えて、休暇期に入った途端の大病。
    身に覚えがあります。
  • 結局書道を究めて精神を鍛錬しようとしてもまずは健康。独立心旺盛な人は自分で治療しようとしてこじらすことも多い。

スポンサーリンク


misono夫 闘病公表の病気の真相は!?精巣がんによる胚細胞腫瘍とは!? 1

symphony with misono BEST(CD+DVD) [ misono ] エーベックスを退社したばかりのmisonoさんの夫、Nosukeさんが闘病中であることを公表し話題になっていま ...

メドウズ舞良の高校はどこ!?彼氏は!?性格は!? 2

  View this post on Instagram   . . 久しぶりに歩いて家帰ったら 寒すぎて死ぬかと思いました。 . が . スケートリンク状態だったので1人で滑っ ...

美勇士 注意喚起の衝撃的内容とは!? 3

  View this post on Instagram   ‪毎年、年末恒例の赤白にしてきましたー👍 クリスマスにも正月にも使えるので、髪の毛派手なみなさんには ...

ナダル プロポーズ秘話の嫁の年齢サバ読みがヤバ過ぎる...... 4

3ヶ月で結婚できるモテ声メソッド [ 木村至信 ] ナダル プロポーズ秘話が話題になっています。   昨日、一般人女性と婚約を発表したナダルさんが自身のプロポーズについての秘話を語り、その内 ...

Copyright© 気になる最新ニュース速報 , 2019 All Rights Reserved.