芸能、企業、ニュース、雑学、ネタ etc..... 気になったネタをとりあげています。

気になる最新ニュース速報

腐女子カースト 謝罪の問題画像はこちら↓コレは完全アウト...!?

エッセイ漫画「腐女子カースト~底辺同士のマウント合戦」の内容が不愉快だと炎上し、配信元の「COMIC維新りあら」編集部が謝罪することになり話題になっています。

 

最近、ネットでの広告や表現に関する謝罪って急激に増えましたね〜^^;

 

いくら漫画といえども表現や作者の主義主張は制限されるべきなのでしょうか??

 

コチラが腐女子カーストの謝罪に関する記事詳細&問題となった漫画の画像一部です↓

スポンサーリンク


腐女子カースト 謝罪に関する記事

株式会社ウェイブのエッセイ漫画「腐女子カースト~底辺同士のマウント合戦」が配信停止されることになった。同社の「COMIC維新りあら」編集部の公式Twitterが1月21日「読者の皆様に不快な思いをさせてしまいましたことを深くお詫び申し上げます」と謝罪。「近日中に配信停止」すると報告した。
男性同士の恋愛を描くボーイズラブ(BL)の作品を愛好する腐女子と呼ばれる人々を題材にして、彼女たちの中で優越感を競い合う様子を描いている。これについてTwitter上では「なんで作者があんなに上から目線なのか分からない」「ただの容姿ファッション叩き漫画」などと批判する声が上がっていた。公式Twitterに画像で掲載された声明の全文は以下の通り。
当レーベルより電子配信しております、「腐女子カースト~底辺同士のマウント合戦」について、読者の皆様に不快な思いをさせてしまい、大変申し訳ございません。当該エッセイは近日中に配信停止させて頂くことになりましたので、ご報告させて頂きます。また、本作品の制作に関しては、当社が全ての責任を負っています。作画担当者様はもちろん原作担当者様も、当社からの依頼を受け、執筆頂いているものになります。皆様から頂いたご意見は真摯に受け止め、制作体制の見直しを行って参りたいと考えております。末筆ながら、この度の件につきまして、重ねてお詫び申し上げます。COMIC維新りあら編集部

炎上し謝罪することになった腐女子カーストの一部画像です↓


どうでしょうかね。。。確かに炎上しそうな危うい表現があるように個人的には感じましたが、漫画の内容に対してクレームがつくようになるのは今後の漫画界を考えるとどんなものかと少し心配になりますね。過激な内容の漫画なんていくらでもありますからね・・・

腐女子カーストの謝罪についてネットの反応は以下の様なものでした↓

スポンサーリンク


腐女子カースト 謝罪に対してのネットの反応

 

  • 不愉快というよりは『思ってたんと違う』
  • ネットの漫画広告でよくありそうだけどね
  • 別に書いてる人が腐女子である必要は無いかもしれませんが、
    正直、単純に取材不足を感じますね。友人の奥さんの腐女子は見た目普通の美人さんですよ?
  • てっきり誰かが書いたブログ程度のものが炎上してるのかと思ったら、有料で配信されているものだったことに驚いた。
  • 推しグッズにいくら費やしたとかじゃなく普通に容姿と私生活批判だもん。
    おしゃれとか感性人それぞれなのに・・・結局筆者がマウントとってるだけじゃん
  • 女性が様々の面で同性や同属性の中での比較・マウンティングを続けている限り男性優位な社会は変わらないだろうな。
  • 正直腐女子が何を喚こうとどんだけ悪く言われてようと、気持ち悪いのでなんとも思わない。ノーマルな女からすると本当に気持ち悪い。
  • そういう人もいるよねぐらいにしとけばいいのに
    断言したり分母広げるから反発される
  • 作者のまんがに共感できないとすぐバッシングは最近多いですね。
  • こんなに話題になったんだから売れば良かったのに。話題になったから買う人そこそこいたんじゃないの? 少年Aの本ですら売ったくらいなのに…(今も売ってるか知らないけど。思い出す度にムカついて仕方ない)
  • これはたしかにひどかった。
    カーストレポとかなどでもマウントですらなく、ただの悪口だった。
  • 自分が気に入らない表現があれば即座に苦情を入れて出版停止に追い込む腐女子さん流石っす
  • 腐女子でも見た目は色々いるから…。
    自分の友人でも、一般女子装っている子、レイヤーだからこそお洒落に敏感で普段もメイクバッチリな子、axes femmeみたいな可愛いけどオタ臭い服の子、OzzOnみたいな中二臭い服装の子、着物女子、ノーメイク一つ結びでシルバーフレームの眼鏡でパーカーにパンツでヒールなんて履いたこと無い子とか色々いる。
    レイヤーならともかく、腐女子は見た目ではマウントとらない。
    作品や絵とかの創作活動や、Twitterやpixivでならあるけど。

スポンサーリンク


Copyright© 気になる最新ニュース速報 , 2019 All Rights Reserved.