芸能、企業、ニュース、雑学、ネタ etc..... 気になったネタをとりあげています。

気になる最新ニュース速報

斎藤佑樹 手応えのポジティブマインドが凄い!www結婚も!?

投稿日:

北海道日本ハムファイターズの斎藤佑樹選手の手応えが話題になっています。

 

斎藤佑樹選手は7年間でわずか4勝..... 今季に至っては1勝も挙げられていないよね。それなのに手応え感じているってどういうこと!?

 

うん、そこが斎藤佑樹選手のメンタルが強いところだよね。どうやら遂に”自分なりの投球スタイルを見つけられた”そうで調子もいいそうだよ。

 

ネットの批判に対しても「愛情があるからこそ、叱ってくれるんだと思います」って答えてるしね!!ポジティブマインド凄い!!

 

 

コチラが斎藤佑樹の手応えに関する記事詳細です↓

スポンサーリンク


斎藤佑樹 手応えに関する記事

「報道やネットで、いろいろと批判されているのは知っています。ただ、批判があるということはボクがまだ注目されている証拠でしょう。なるべくポジティブに考えるようにしているんです」
こう話すのは、北海道日本ハムファイターズの斎藤佑樹(31)だ。早稲田実業時代に甲子園を、早大時代に神宮を沸かせた「ハンカチ王子」もプロ入り9年目。今季は1勝もあげられず、’13年以降の7年間でわずか4勝と壁にブチ当たっている(9月2日現在)。だが話を聞くと、意外にも笑顔が絶えない。以下は、背水の斎藤との一問一答だ。――表情が明るいですね。
「調子は悪くないんですよ。手ごたえを掴めましたから」――手ごたえとは?
「3月に、アスレチックスとのプレシーズンゲームで投げたんです。2イニングだけでしたが、メジャーの強打者を抑えられた。失点は唯一の失投を本塁打された1点だけ。ボクの球は打者が2巡目に入ると見極められますが、1巡目なら通用する実感を得られたんです。’13年に右肩を痛めてからは試行錯誤の日々。どうしたらいいか答えがわからず苦しみ焦っていましたが、ようやく自分なりの投球スタイルを見つけられました」――今季一軍未勝利という現状をどうとらえている?
「もちろん納得はしていません。でも、以前のような先発での勝利にこだわりはない。ショートリリーフなら抑えられると思います」――自分に足りないモノはなんだと思いますか。
「う~ん……。速球の威力ですね。変化球には自信があります。ただ、ストレートが速くないので変化球をいかせていない。もしボクに150kmの剛速球があれば、もっと変化球を効果的に使えます。30歳を超えても、ストレートの速度を上げることは可能だと思いますよ」

――そのために、どんな練習をしている?
「肩の可動域を広げるトレーニングをしています。年をとると、可動域は自然に狭まります。それを、下半身の動きなどで補おうとムリをするからフォームが崩れる。今は朝食後の1時間、午後は2時間、ストレッチボールに上半身をあずけるなどして肩の可動域を広げています。理想は腕をムチのようにシナらせ、キレのあるストレートを投げることです」

――ここ数年結果を残せていない。それでも一軍で投げられるのは、甲子園のスターへの「特別扱い」という声もありますが……。
「それは栗山(英樹)監督の判断ですから。ボクが言う立場にありません」

――報道やネットでは、いろいろと辛らつな批判もあります。
「愛情があるからこそ、叱ってくれるんだと思います」

――ポジティブですね。
「いやいや。『ポジティブ』じゃないッスよ。『ポジティブに考えよう』と意識しているだけです。高校時代は、マスコミに書きたてられるのがホントにイヤだった。ただ大学の監督やOBの方に、『変なコト書かれても世の中の人はほとんど気にしていないゾ』と言われたんです。それからは、ある程度聞き流すようにしています」

――落ち込むことはないんですか。
「ありますよ~。8月6日のオリックス戦で、3回4失点で降板した時はムチャクチャ悔しかった。ただ、落ち込んでいるだけでは進歩がない。この試合も、最初の2回は無失点に抑えられました。失点はすべて3イニング目。だから3回の投球だけ反省し、ショートイニングなら通用するんだとポジティブに考えるようにしました」

――野球以外では何をしているんですか。
「本はよく読みますね。最近読んだのは、『メジャーリーグの現場に学ぶビジネス戦略』。おカネの流れなど、野球ができるバックグラウンドを知ろうと思ったんです」

――今後の目標はありますか。
「先発で10勝することは難しいでしょうが、短いイニングのリリーフとして多くのゲームで活躍したい。来季は50試合以上登板したいです」

――では10年後のイメージは?
「難しいなぁ。もちろん現役でいたいですが、そうでもなくても野球に携わっていたい。例えば甲子園で1000球投げた球児が、なぜ肩を壊さなかったのか研究をするとか……」

――もう31歳。そろそろ結婚の予定は?
「ボク、結婚願望が強いんです。子ども大好き。ただ今は、朝から晩まで野球のことばかり考えているので……。イイ出会いはないですかねぇ」

結果が出なくても腐らないのは、ポジティブ思考のなせるワザ。本人の言葉通りショートイニングに活路を見出せるか、斎藤の正念場は続く。

今回の斎藤佑樹さんの手応えについてネットの反応は以下の様なものでした↓

スポンサーリンク


斎藤佑樹 手応えに対してのネットの反応

 

  • 斎藤佑樹は可哀想だね。過去の栄光が凄すぎて。また、ライバルが大活躍してるぶん余計にね。引退してもなんやかんやあのときのとか、なんとか。。。甲子園で優勝投手、ハンカチ王子なんてニックネームまでついた選手なのにね。普通に考えたらそれだけでもかなりすごいこと。マスコミもそっとしておいてあげてほしいね。個人的意見だけど。
  • 彼のことではないが甲子園などで誰か一人を崇めて報道することもよくないと思う。
    昨年夏の優勝校は金足農だと思っている人も多いし今年の投手もそれ程すごくないけど類まれな大投手のような報道をしている。
    確かに才能があっていい選手だと思うけどマスコミの偏向報道が過熱しすぎではないかと思う。
    昔のように足で稼いで見つけた選手を持っているマスコミが居なくなったんだろうな。
  • 結局マスコミのおもちゃにされたのかなぁ…っていう感が拭えない。
    こういう発言もなんかなぁ…
    捉え方では前向きとは思うけど
    結局は実力が無かったんだなぁと思ってしまいます。
    ただ、これはこれで幸せなのかな。
    野球選手になっても半分以上が日の目を見ずに引退していくわけだし
    場合によっては、元オリックスの塩谷や奥浪等、ブルーハウス小野寺みたいに悪事に手を染めて、そっち方面である意味で有名にもなるわけだから…
    まあ、もう年齢も年齢だし、そっとしておいてあげたほうがいいかもね。
  • 起用方法については疑問を感じている。打者が一巡したら球を見極められることは以前から指摘されていて、斎藤投手も理解している。それなのになぜ3イニング、打者が一巡しても投げさせるのか?結果を出している間は短いイニングでの起用を続けてみてもいいのではと思ってしまいます。
  • 昔は素材はあった、故障するまでは年間数勝挙げていた。
    批判は愛情がある場合もあるかもしれないけど、斎籐投手がいることで、他の投手の枠を1つ奪っていることにもなっていると思う。
    ドラフトで指名漏れした選手と比べて、もうそれほど斎籐投手はよくはないと思うな。
  • 可哀そうだが斎藤佑樹の力は高校生には通じて運よく優勝まで行ったが、プロには通用しないまたは甲子園がピークだった、などと判断するしかないと思う。本人は毎年精一杯頑張っていると思う。斎藤佑樹に限らずこれまでにもそのような選手は数多くいたと思う。珍しく日ハムの目利きが外れたのではないのかな?
    まだまだこれからの選手ではあるが中日の根尾とか、楽天のオコエとかもその類かな?ファンにしてみれば今年こそは、今年こそは、と祈るような気持ちで応援しているだけに辛いよね。

スポンサーリンク


Copyright© 気になる最新ニュース速報 , 2019 All Rights Reserved.