芸能、企業、ニュース、雑学、ネタ etc..... 気になったネタをとりあげています。

気になる最新ニュース速報

山中伸弥 平尾誠二 墓前のエピソードが泣ける......

京都大学iPS細胞研究所長の山中伸弥さんが亡くなった親友の平尾誠二さんの墓前でのエピソードを語り話題になっています。

 

ノーベル賞受賞者の山中伸弥さんと元ラグビー日本代表の平尾誠二さんて、科学とスポーツという全く違う畑にも関わらず生前は凄く仲が良かったんだね。

 

そうみたいだね。山中伸弥さんは↑のような平尾誠二さんとの友情にまつわる本も執筆していて、二人の関係は相当深かったみたいだね。それだけに、今回のお墓まいりには相当こみ上げる思いがあったみたいで、以下のように墓前での気持ちを語っているよ↓

 

「あぁ、ここや――と思ったら、墓石に抱きついていたんです。自分でもびっくりしました。墓石に抱きつくなんて、生まれて初めてだし、たぶん最後だと思います。なんだか久しぶりに平尾さんと会えた感じがして、うれしくて」

 

墓石に抱きつくか・・・・何かその気持ちはわかる気がするな。

 

平尾誠二さんと一緒に今年のラグビーW杯を観戦したかっただろうね。

 

コチラが山中伸弥さんと平尾誠二さんの墓前エピソードに関する記事詳細です↓

スポンサーリンク


山中伸弥 平尾誠二 墓前に関する記事

 平尾誠二の墓はJR新神戸駅近くの広い霊園の中に立つ。京都大学iPS細胞研究所長の山中伸弥(57)は今年の春、妻と2人で足を運んだ。平尾が眠る場所は、事前に聞いていた。すぐに分かる、と高をくくっていたのだが、これがなかなか見つからない。急な坂道を上り下りし、長い時間探し歩いた。ようやくたどり着いた時、山中は完全に我を忘れた。

「あぁ、ここや――と思ったら、墓石に抱きついていたんです。自分でもびっくりしました。墓石に抱きつくなんて、生まれて初めてだし、たぶん最後だと思います。なんだか久しぶりに平尾さんと会えた感じがして、うれしくて」
平尾自筆の「自由自在」という文字が刻まれた墓は、霊園の中でもとりわけ見晴らしのいい場所にある。神戸の街並みに連なり、ヨーロッパやアジアなどの港と定期航路で結ばれている神戸港も見渡せる。神戸製鋼のヒーローで、地元をこよなく愛する一方、ラグビーを通して常に世界を見ていた平尾にふさわしいロケーションといえるだろう。
「あれだけ神戸の街が一望できる場所は、なかなかありません。(平尾の妻の)恵子さんが一生懸命、探されたんだと思います。変な言い方ですが、彼を待っていたような所です」

墓が建立された今年1月には、家族や親しい友人らが集まって、納骨の会も催された。山中が墓参りしたのは、それから数か月がたってからのことだ。すぐにでも手を合わせに行きたかったところを自重した。

「僕が平尾さんと一緒に過ごしたのは、亡くなるまでの最後の数年だけなんです。まずお墓に行くべきは、彼と一緒にラグビーをやっていた仲間だと思いました。私はそういう皆さんが墓参りに行かれてからにしようと。それで、遅くなりました」
山中の慎み深い人柄と、相手やその周りの人を互いに思いやって築いた平尾との仲を象徴するような振る舞いだ。在りし日の平尾もまた、山中がノーベル生理学・医学賞を受賞した2012年、すぐに連絡するのは控え、大騒ぎが一段落した頃を見計らって祝いの言葉を贈っている。

次ページは:畑違いの同学年、初対談から意気投合

二人の友情に乾杯。
今回の山中伸弥さんの平尾誠二さんの墓前エピソードについてネットの反応は以下の様なものでした↓

スポンサーリンク


山中伸弥 平尾誠二 墓前に対してのネットの反応

 

  • ワールドカップ開幕まで数日、やっとスポーツニュースなどメディアで扱う機会が徐々に増えてきた。でも2002年サッカーの時に比べたら取り扱いは雲泥の差。やっぱり今だからこそ、平尾誠二の存在があって欲しかった。彼が出てきただけで、詳しくない人でもあ、ラグビーの人だ、と解る。山中さんの言うとおり、どこかで彼は見てくれているだろう、とは思うが、言っても詮無いと解りつつも、なんでラグビーの神様はもう少し彼を地上に残してくれなかったのか・・・・。
  • お二人に関するいろんな記事を読む度に、毎回涙が止まりません。
  • 惜しい方を亡くした、、、
  • 平尾さんは最後までカッコよかったな。
  • 仲がいいのは知っていましたがが、山中さんがここまで平尾さんのことを思っていたとは思いませんでした。
    自分の思いでセンターをやっていらっしゃったと思いますが、この方にはやはりスタンドオフが似合います。
  • プライベートジェットを飛ばしてくれた方はあの山中教授がそこまで頼むとは余程のことと思ったんでしょうね。みんな素晴らしい大人達です。
  • 平尾さん・山中先生より少し後輩です。
    こんなステキな人生の先輩方がいらして、とても嬉しいです。
    お二人の友情に涙が溢れました。殺伐としたNewsが多い世の中ですが、読後にとても清々しい気持ちに
    なりました。ステキな記事をありがとうございます。
  • 伏見工優勝から同志社の三連覇、釜石の8連覇を阻止してからの神戸製鋼7連覇、平尾はラグビーの黄金期の中心に居たプレーも語る姿もカッコ良かった憧れだった。日本で開催されるW杯観たかっただろう。観て欲しかったよ山中さんありがとう
  • 平尾誠二さん、本当にカッコ良かったなー。
    日本開催のワールドカップを見せてあげたかった!
  • 山中先生、ありがとうございます。
    平尾さんも、空の上からワールドカップを見るでしょうね。
    最後まで、頑張ったんですね。
    平尾さんの最後の姿が見えたような気がします。
  • 平尾さん、かっこよかった。テレビや活字で見るだけの1ファンでしたが、とってもかっこよかったです。
  • 山中先生も平尾さんの生き様も好きで尊敬に値しますが、特別な人は特別な治療が受けられるのだという、複雑な気持ちにもなりました。
    誰もが特に自分や家族に癌で闘っている者がいれば、平尾さんの受けた治療が羨ましくもあり、医療に通じた友人がいてくれたら、って思ってしまいます。
  • 人の深さを感じます...そして命を最後まで全うする事の難しさも。
    誰しもが身体に癌細胞を少なからずゼロではなくどんなに身体を鍛え上げ食生活も規則正しくとも
    発症する可能性があるので自分がそれをどう受け止めどう闘うかは本当になってみないとわからないです。
  • 山中さんの知人は、山中さんの親友は自分にとっても大事な人だと思われる方なんだろうな。良い知人をお持ちだと思う。
  • 素晴らしい友情ですね!
  • 泣けてしまう。
  • お互い有名になればなるほど、本当の友人が見つからなくなる。その中での出会いだったんでしょうね。分野は違いますが、違うだけによい関係になれたんだと思う。

スポンサーリンク


Copyright© 気になる最新ニュース速報 , 2019 All Rights Reserved.