芸能、企業、ニュース、雑学、ネタ etc..... 気になったネタをとりあげています。

気になる最新ニュース速報

野村宏伸 回顧の過去が壮絶過ぎてヤバい!倒産、借金、etc.......

野村宏伸 回顧の過去が壮絶過ぎてヤバい!倒産、借金、etc.......
俳優の野村宏伸さんが自身の波乱万丈な過去を回顧した記事が話題になっています。
裕福な幼少期を過ごしていた野村宏伸さんに突如襲った悲劇とは!?

スポンサーリンク


野村宏伸 回顧した裕福な家庭から借金地獄へ転落の過去

 

TV番組のしくじり先生でも言っていたけど、俳優として売れた後は調子こいて天狗になって借金まみれになったらしいよね・・・・

 

実は俳優として売れる前も相当苦労しているんだよね。化学薬品工場を経営する一家の子供として裕福な暮らしをしていたんだけど、野村宏伸さんが高校1年生のときに突然会社が倒産して一家離散になったんだよ。

 

ヒョエ〜!!多感な時期に家を失うってどんな気持ちだろうね・・・・

コチラが野村宏伸さんの回顧に関する記事詳細です↓

スポンサーリンク


野村宏伸 回顧に関する記事

1984年、角川映画『メイン・テーマ』のオーディションで2万3000人のなかから薬師丸ひろ子さんの相手役に選ばれ、俳優デビューした野村宏伸さん。

180cmの長身に甘いマスクでアイドル的な人気を博し、1988年には田原俊彦主演ドラマ『教師びんびん物語』の榎本役で一世を風靡(ふうび)するが、年齢を重ねていくに従って仕事が激減。さらに知人に貸して戻らないお金は1億円以上、借金、離婚とどん底状態に陥ったというが、見事復活を果たし、テレビ、映画、舞台で活躍している野村宏伸さんにインタビュー。
野村さんの実家は、祖父の代から化学薬品工場を経営し、父親が2代目社長をつとめる裕福な家庭だったが、野村さんが高校1年生のときに突然倒産。生活は一変したという。

「学校から帰ってきたら『すぐにこの家を出ていかなければいけない』って言われたので、『えーっ!?』て驚いて。会社が倒産したということは聞いたけれども、それ以上どうなっていくのか全くわからない。とりあえず家を出て行かなくちゃいけないと言うので、急いで荷物をまとめて夜逃げのような状態で出て行った覚えはあります」

工場も生まれ育った家も失い、両親と妹の4人家族は離散。それぞれ親族の家を転々とすることになったという。

「父の会社が倒産して一家バラバラになったんですけれども、10カ月ぐらいして、父がタクシーの運転手をして小さなマンションで、生活も裕福ではないけれども、また家族みんな一緒に暮らすようにはなったんです」

-『メイン・テーマ』のオーディションを受けたのは?-

「ちょうどその頃です。妹が雑誌でその記事を見つけて、応募したというのがきっかけです」

-野村さんはあまり乗り気ではなかったそうですね-

「あまりこの世界に興味がなかったし、俳優なんて夢物語じゃないですか。おやじが自分の会社を倒産させたというのもあったから、やっぱり安定したサラリーマンとかについたほうがいいかなぁと思っていたんですよね。芸能界というのは水商売だと思っていたので、全然興味なかったですね」

-優勝者は500万円、推薦者が100万円、賞金が高額でしたね-

「そうです。自分の感覚では、今の1億くらいに思えました。500万円もらえるというのはそんな感じでしたよね」

-オーディションには2万3000人も集まったそうですが、優勝する自信はありました?-

「なかったです。オーディションでお芝居も全くできなかったし、やる気もないし(笑)。受かるなんて思ってなかったですけど、僕がそのオーディションに向かうときに、会場の外の交差点のところで角川春樹さんが反対側から向かって歩いてきて、一瞬目が合ったような気がしたんですよ。

よくテレビやドラマであるように、ちょっとストップモーションじゃないけれども、そんな感覚があったなあみたいな…。そのあとで面接だったので、なんかわからないですけど、そういう巡り合わせとかあったのかもしれないですね」

-優勝が決まったときにはいかがでした?-

「『何が起こったんだろう?』って、夢みたいな感じでした。妹は『(推薦者として)100万円もらえる』って単純に喜んでいましたけど(笑)。妹もファミレスとかでバイトをしていたんですけど、その賞金で大学の入学金を払っていましたね」

次ページは:◆角川春樹に追いつめられ、飯もまともに食えず…

※野村宏伸プロフィル
1965年5月3日生まれ。東京都出身。1984年、映画『メイン・テーマ』のオーディションで2万3000人のなかから選ばれて俳優デビュー。映画『キャバレー』(1986年)、映画『学校の怪談』(1995年)、ドラマ『教師びんびん物語』、連続テレビ小説『凛凛と』(NHK)、日曜劇場『とんび』(TBS系)など映画、ドラマに多数出演。

近年は『爆報!THE フライデー』(TBS系)、『しくじり先生 俺みたいになるな!!』(テレビ朝日系)などバラエティー番組でも話題に。9月25日(水)から舞台『友情』(28日(土)まで渋谷区文化総合センター大和田伝承ホール)に出演。

オーディションに受かっていなければどうなっていたのか・・・!?
今回の野村宏伸さんの回顧についてネットの反応は以下の様なものでした↓

スポンサーリンク


野村宏伸 回顧に対してのネットの反応

 

  • 昔と違ってだいぶワイルド系になったな〜
  • そうですね若気の至りバカだなぁと言うのは簡単ですがまだお若いんだし健康ならば何とかなります。頑張って下さい。
  • うわー懐かしい!最近見かけないとは思ってたけど苦労してたんですね。歳取って深みというか、味が出てきたと思う。また活躍してほしいです。
  • 芸能人は人気が出ると持ち上げられるんだろうな。人気が低迷したらバッサリ切られる。絶頂期こそ謙虚に生きてないと、いざと言う時誰も助けてくれない。
  • しくじり先生で話してた内容と少し違うな。やっぱりしくじり先生は大げさに話をモッているんだ。
  • 「教師びんびん」でブレイクしたけど、自分の中では「君だけに愛を」が今でも好きなドラマです。
  • 野球の清原と同じパターみたいですね。
    彼の周りに誰か軌道修正してくれる人が
    いたらこうはならなかったでしょう。
    人生、誰と出会うかで随分変わります。
  • メインテーマの武道館前夜祭で薬師丸ひろ子が手品箱から出て来るときにフライデーに載ったお宝写真を目の前で見た人。羨ましすぎ。
  • 若い時は勘違いするもんだよね
  • 昔はイケメンでしたねー!
  • かっこよかったよ。デビューしたときは、まるで海風がやさしく吹いてくるような、圧倒的に爽やかな存在感。男の俺から見ても歴代最強レベルだったよ。演技が下手なところがまた良かったんだろうね。
  • 学生時代聞いてたラジオのナレーションが野村さんで、誰かに手紙を読むような、優しい声がとても好きだった。これからもお元気でいてほしい。
  • 未熟な時期に、いきなり大金が入って勘違いしてしまったパターンかな~
  • 大河ドラマで義経を主演したのが絶頂かな
  • あなたのお父さんがすごいと思ったよ
  • 戦隊にも出て欲しい
  • あー、懐かしい。同じ高校のいっこ下の野村くん、確かテニス部だったような。。、高校時代は大人しい子でしたけど、角川に受かってからの天狗ぶりは凄かったみたいね。。
  • マジックさ。笑
  • バブル期も重なりシンデレラストーリーのように見合った以上のお金も入り事務所もイケイケになるし野村さん自身も冷静な判断も出来なくなりある意味、躍らされてしまったかもしれませんね。これからますます歳を重ねて円熟な役をテレビで多く観れることを楽しみにしています。
  • 子供の頃、学校の怪談の映画で見ていました。
    こんな凄い人生を歩んでいたなんてびっくりです。

スポンサーリンク


Copyright© 気になる最新ニュース速報 , 2019 All Rights Reserved.