芸能、企業、ニュース、雑学、ネタ etc..... 気になったネタをとりあげています。

気になる最新ニュース速報

北斗の拳 人気投票結果が意外過ぎてワロタwww

投稿日:

北斗の拳 人気投票結果が話題になっています。

 

大人気漫画「北斗の拳」の 人気投票の結果が発表され注目を集めています!!

 

コチラが北斗の拳 人気投票結果に関する記事詳細です↓

スポンサーリンク


1位・ラオウ、2位・レイ、3位・サウザー――漫画「北斗の拳」35周年を記念して行われたキャラクター人気投票の結果に、ちょっとした驚きが広がっている。

主人公・ケンシロウが五傑入りを逃す一方、ベスト20には原作ファンからするとちょっと意外なキャラの名も。いったい何が? 「月刊コミックゼノン」発行元のノース・スター・ピクチャーズに取材すると......。世代を超えて続く「北斗」人気、その秘密の一端が見えてきた。

■ジュウザの方が一枚上に

「北斗の拳 国民総選挙」と題したこの人気投票は、「週刊少年ジャンプ」での連載開始(1983年)から、35年を迎えたことを記念して実施されたものだ。投票は2018年7~8月にかけてサイト上で受け付け、ケンシロウら主要人物はもちろんのこと、一瞬で敗北したザコ敵や、「ジャギの石像の前で埋められ命乞いをする男」のような名もなき群衆まで、総勢175キャラがエントリーした。連載中、ジャンプ誌上で小規模に実施されたものを除けば、公式による本格的なキャラクター投票は初の試みという。

注目したいのはその結果である。1位は、「世紀末覇者拳王」として覇道を突き進み、ケンシロウと死闘を繰り広げたラオウ。2位には、南斗水鳥拳の伝承者で、ケンシロウとともに戦ったレイ。続いて、「聖帝」を名乗りケンシロウを追い詰めた、南斗鳳凰拳のサウザーが3位にランクインする。

あれ、ケンシロウは?――とランキングを追うと、まさかの6位に。南斗五車星・雲のジュウザ(5位)にさえ一歩遅れを取る。「月刊コミックゼノン」11月号に掲載されたこの結果がネット上で拡散されると、「意外」の声が続出、「どんまいケンシロウ!」「主人公なのに...」といった書き込みも相次いだ。

「ゼノン」発行元のノース・スター・ピクチャーズ(東京都)の広報担当者は、こう分析する。

「ラオウ1位」は予想通りだった
「『北斗の拳』には、ケンシロウだけでなく、それに匹敵するような強力な印象を持つキャラクターが、多く登場します。投票していただいた方々は、そんなキャラクターに、自分の憧れや理想を投影してくださったのではないでしょうか」

たとえばラオウだ。荒廃した世紀末に自らの覇道を貫き、最期は「我が生涯に一片の悔いなし」の言葉とともに天に帰った。一漫画のキャラながらその生き様は、今も「男の理想」として、テレビや雑誌などでたびたび取り上げられる。「1位は予想通り」と担当者が語るのも納得だろう。

あるいは「義」と「愛」に生きたレイ、「自由」を貫き、短い出番ながら強烈な印象を与えたジュウザら、確かに上位には、大人になった読者からも「憧れ」を誘うようなキャラが並ぶ。

もう一つ、影響を与えたのは、近年のスピンオフだ。「北斗」は今も外伝や、パロディー作品などを積極的に展開しており、特に2013年開始の「北斗の拳 イチゴ味」は、原作の画風を忠実に再現しながら本家ではありえないようなギャグを連発、アニメ化もされる人気作となっている。

今回の投票では、「イチゴ味」の主役であるサウザーが3位に食い込み、また「ターバンの少年」(原作では名無しのチョイ役だが、「イチゴ味」では執拗に登場する)が16位に入った。こうした「イチゴ味」組の躍進は、スピンオフ展開を通じ、今も新しいファンを取り込んでいることの表れだ。

さらに、「でかいババァの男」(9位)「火炎放射の男」(15位)ら、本編ではあっけなく倒されたものの、ファンの間で「ネタ」として愛され続けている雑魚も、上位に顔をそろえる。こうして見ると、主人公・ケンシロウ6位という一見「残念」な結果は、「北斗」ワールドの層の厚さゆえ、と分析することもできる。

広報担当者も感激しきりだ。

「35年という月日が流れているにもかかわらず話題にしていただけるだけで大変嬉しいです。ファンの皆様には感謝しきれない気持ちでいっぱいです」

ちなみに今回の投票、当初は文字通り「全キャラクター」をエントリーする予定だった。たとえば、登場した次のコマで死んでしまった「犬」なども候補に入れようとしたのだが、すると対象が際限なく増えてしまうため、絞りに絞って今回のラインアップを決めたのだとか。

となると、今回発表された1~21位以外の顔ぶれが気になる、というファンも多そうだが――。尋ねてみると、担当者はちょっと驚いた様子ながら「今後の反響次第では......」。

引用元:ケンシロウまさかの6位! 「北斗の拳」人気投票の意外な結果...なぜ?1位は?

今回の北斗の拳 人気投票結果についてネットの反応は以下の様なものでした↓

スポンサーリンク


ネットの反応

「汚物は消毒だ!!!!!」あのグラサンのモヒカンは好きだったな。俺はあのジャギみたいな人間のクズも好き。北斗は善人キャラも悪党キャラもキャラが立ってて魅力がある

 

ラストの「誰を愛すべきかを・・!」というリンのセリフが嫌い
あんだけ頑張ったバットがおこぼれでリンをゲットしたみたいで。

 

主役が霞むほどの魅力ある脇役がたくさん存在するのがすごいし、
1位から3位まで すごい納得のいくキャラが入ってる。
個人的には ケンシロウとの初対決で 半殺しにするほど圧倒した
聖帝サウザーが一番インパクトが強い。

 

修行途中で去っていったケンシロウの兄弟子のキムさんは何位か

 

雲のジュウザ
私の中ではぶっちぎりの1位です。
某CR機で選択できなかったのが残念です。

 

上位者は名ゼリフを残しているのが共通点だろう。
「退かぬ!媚びぬ!省みぬー!」が一番印象に残っている。

 

昔、「北斗の拳ならレイとジュウザが好き!」って言ったら「お前わかりやすいなぁ」と苦笑されたのを思い出した。(笑)
ラオウは当時から人気が凄くて、死んだ時はお葬式みたいなのをやる人たちまで出てきた記憶が。
あれだけ濃い内容で絵の密度も濃いマンガを週刊誌でやってたって凄いですよね…

 

別に意外じゃないけどなぁ?
北斗の拳の醍醐味の一つは死ぬシーンだから、死に方がカッコいい、ラオウ、レイ、サウザー、ジュウザ、フドウあたりはやっぱ好きだもんな。

 

火炎放射器の「消毒」さん15位?
ヴァンガードの「蒼波兵ブルータル・トルーパー」から元ネタ探って知ったけど、その割に低い。

 

デカいババァには笑わせて貰った

 

あしたのジョーの力石、ガンダムのシャアと並び立つ、主役を超えた存在感のラオウ。
伝説の作品には、こういう脇役の存在が欠かせない。

 

北斗の拳に限らず、
漫画とかの人気投票で主人公が
1位じゃないケースは沢山あるよ。
北斗の拳は主要キャラが死んだりするから、
そういう点でそのキャラに対する思い入れも
強くなるのかな?

 

アミバは、雑魚的扱いされてるけど本人が言うように天才と言うことを知らない人多いよね。他流派の技術を我流ながら覚えたり、ケンシロウと対峙したときにトキと錯覚させる程の動きを見せたり背中にわざわざトキと同じ傷をつけるとか…

 

みんなケンシロウは絶対的存在だからとりあえず置いといてみたいに選んだのでは?
順位は関係なくケンシロウは特等席扱いされてしまうぐらい圧倒的にカッコイイ主人公だと思う

 

カイジにおけるトネガワもそうだけど。
良作と呼べる物には決まって悪役のキャラクターや組織がしっかりと出来ている。
だからスピンオフで敵側をやっても本家に負けない程の話題になる。
多分「ダイの大冒険」でも人気投票をすれば似たような事になりそうだし。
ハドラーのスピンオフなんてやったら、それこそまた話題になると思う。

スポンサーリンク


青山和弘 降板報道の真相がヤバ過ぎる....これ完璧アウトでしょ。 1

安倍晋三のことがわからなすぎて 安倍さんとホンネで話した700時間【電子書籍】[ 青山和弘 ] 青山和弘の降板報道が話題になっています。   分かりやすい解説で評判の良かった日テレ報道局の青 ...

宮川紗江 会見の暴露内容がヤバすぎる.....コーチはまさかの無実?? 2

それ、パワハラです 何がアウトで、何がセーフか (光文社新書) [ 笹山尚人 ]   宮川紗江の会見が話題になっています。   体操選手の宮川紗江さんが自身が受けた暴力行為について ...

カメラを止めるな! 盗作疑惑の真相がヤバすぎる...これ完璧アウトでしょ!? 3

【映画パンフレット】 『カメラを止めるな!』 出演:濱津隆之.真魚.秋山ゆずき   カメラを止めるな! 盗作疑惑が話題になっています!   映画「カメラを止めるな!」は今年最も注目 ...

4

元大相撲力士で第66代横綱の若乃花こと花田虎上さん。   角界を引退後は、NFL選手を目指し渡米したりとかなり異色の経歴の持ち主です。   帰国後はタレントやスポーツキャスターとし ...