芸能、企業、ニュース、雑学、ネタ etc..... 気になったネタをとりあげています。

気になる最新ニュース速報

のん 苦悩が絶望的過ぎる....

投稿日:

のん 苦悩が話題になっています。

 

女優ののんさんの現在の苦悩が注目を集めています!!

 

コチラがのんさんの苦悩に関する記事詳細です↓

スポンサーリンク


10月19日発売の写真週刊誌FRIDAYで、のんが元所属事務所・レプロエンタテインメントを訪れていたと報じられた“のん”こと能年玲奈(25)。記事によると彼女が事務所側に謝罪を申し入れ、さらには再びマネジメント契約を結ぶべく話し合ったという。さらには来年の大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』でNHKにカムバックという仰天プランも。タイトルには「和解」の文字が大きく打たれ、話し合い後に笑顔で手を振る彼女の写真も掲載されていた。しかし同日、レプロはこうコメントした。

「能年氏から、過去についての謝罪と、弊社にマネジメントを再度依頼したい旨の要望があり、本人との面会に至りました。しかしながら、何ら解決には至っておりません。なお、当事者しか知り得ないはずの情報が事前に外部に漏れ、このような記事が出たことについては、大変不可解であり、誠に遺憾であります」

のんといえば13年のNHK朝ドラ「あまちゃん」でヒロインに抜擢され、一躍大ブレークを果たした。だが、15年4月に独立騒動が勃発。一部週刊誌は、彼女が事務所の対応や仕事を入れてくれないことに不信感を募らせていると報道。「私は仕事がしたいです」と訴えるコメントも掲載されていた。両者の話し合いが平行線をたどるなか、16年6月に独立を強行。芸名を「能年玲奈」から「のん」に変え、活動を再開していた。

そんな彼女が、なぜ今になって古巣へ戻ろうとしているのか。そこには、抱え続けていた“苦悩”があったという。

「のんさんは公式サイトで今も“女優”と名乗っています。しかし独立騒動後にやっていることといえば、アーティスト活動や広告の仕事。主要なテレビドラマや映画には1本も出演しておらず、女優業は開店休業状態になっていました」(芸能関係者)

16年11月公開のアニメーション映画『この世界の片隅に』で声優を務めたほか、音楽やアート方面でも活動。CM出演も果たしていたが、女優としては思うような結果が出ていなかった。いっぽうで同世代の“朝ドラ女優たち”は、次々と活躍の場を広げていた。

有村架純さん(25)は『あまちゃん』のヒロインオーディションに落選しましたが、小泉今日子さんの青春時代を熱演。17年に『ひよっこ』でヒロインに返り咲き、日本を代表する女優に成長しています。それ以外にも波瑠さん(27)や高畑充希さん(26)、吉岡里帆さん(25)など多くの同世代女優たちが朝ドラ出演をきっかけにブレークしています。そんな中で、のんさんだけがもう4年近くもテレビや映画でのオファーがない状態。14年の映画『海月姫』が最後となっていました。それはかつて『あまちゃん』で日本中から脚光を浴びた彼女にとって、耐えがたいことだったようです」(テレビ局関係者)

そして意を決し、元事務所の門を叩いたのん。だが前述のとおり、レプロ側は密会の一部始終が漏れたことに対して不信感を抱いているよう。今後についても、そう簡単には進まなさそうだ。

「実際、大河の話はまったく進んでいません。事務所との話し合いもあれが最初で、これからという段階だったそうです。にもかかわらず情報が漏れたことで、今後の話し合いにも影響が出そうです。和解どころか、暗雲が立ち込めています」(スポーツ紙記者)

ふたたび女優としての彼女を見られる日は、果たしていつになるのだろうか――。

引用元:のん 女優出演4年なしの現実…同年代の朝ドラ女優は続々出世


今回ののんさんの苦悩についてネットの反応は以下の様なものでした↓

スポンサーリンク


ネットの反応

記者クラブと同じで、芸能事務所もギルドみたいな内向きの世界になってる。そういう閉鎖的ギルドと無関係な、NetflixとかAmazonPrimeみたいにネットに活路を見出したら? いまやあちらの方が製作費も潤沢なわけだし

 

あまちゃんも随分と昔の朝ドラになってしまった。言われなければ、能年玲奈という女優さんの存在も忘れかけていた。一番輝いたであろう二十代前半を棒に振ったのは、本人にとって至極残念だったはず。今からでも決して遅くはないが、速やかに、芸能事務所と和解して次の段階に進まないと、今度は三十路に差し掛かってしまうよ。

 

独立をすれば茨の道ということは独立以前から喧伝されていたこと。それを承知で独立をしたのは、彼女の仕事内容とかけ離れた 常識や人の道から外れた扱いを受け続けて来たから。挙句、仕事の殆どを取り上げ、仕事ができない状態にしておきながら、元々の非人道的な扱いで事務所を出ざるを得ない状況まで追い込んだことも『洗脳』という言葉で世間一般に事実誤認させ、独立後も各所に圧力をかけて女優としての
活動の場を悉く奪い尽くし、マスコミを使ってネガティブな記事や番組でのコメントをさせ、彼女の仕事や活動については報道を許さず、徹底して『潰し』てきた事務所。
今回どのような話し合いが持たれたのかなど、本人同士でしか解らず、
この記事が出て利があるのは事務所だけ。(なのでのんさん側からのリークはあり得ない。)話し合いの日時や記事内容・事務所側のコメントも作ってから、写真を撮ってそれらしく形を整えただけ。

 

何度でも書くがあのビデオを見てからは養護できない

 

この人バラエティー出てしゃべらすと変な感じになるしドラマしかないんだろう。調子よすぎると思うが需要があるなら前事務所も1度くらいチャンスをあげてもいいのかも。

 

のんちゃんが干されたのは事務所に所属していた当時からでしょ。
それもスタッフが仕事を入れても、幹部が潰すという異様な状態。
こういうのをパワハラというのではないの。
そしてスタッフも辞めていき孤立する。
ゆえに自立を小泉さんらに相談していたのでしょ。
その後話し合いがもたれても変わらず、このままだと未来が無いので独立を考えた。
それがマスコミを操作してのんちゃんが悪い事にされている。
4年間も業界が彼女にアンタッチャブル扱いしたのは異常だよ。

 

波にのるのが下手すぎる。
一般人でさえわかる現実がわかってないからダメダメなんだよ。
例えば、今の時代CMをやると、芸人がMCをやる番組に呼ばれる、それを嫌がっていたが、それは、CMやらせてくれた会社がスポンサーしている番組なの、だからそこで商品などを宣伝しなくてはいけないのにそれができず、天然ですね、それは見下されてるの。
敢えて番組MCが、車の話ししているのだからその話に乗れよ。
ガソリン会社のCMやってるの忘れてどおする。
当然何年か続くCMか途中で女優変わるって、大手の企業から捨てられたと言うこと。
スポンサー怒らせる人間でも我慢して使ってくれる事務所の仕事をなんとなくと言う理由でやらない意味不明。
選り好みしてる場合ではなかったんだよ。

 

深くは存じあげませんが、もうこれだけは言わせて頂きます。レプロさんももうそろそろ本業のマネージメントの方に一生懸命になられた方が良いとは思いますけどね。この女優さんへの嫌がらせをするその力を他にちゃんと然るべきあるべき方向に向けるべきです。女優さんで成功されてるのはガッキーさんだけという現実ももっと直視し理解すべきだろうとも思います。この女優さんへの嫌がらせにいつまでも一生懸命やっていてもこんな事に力を使っていても何もなりません。

 

そもそも、何故そんな内容が漏れてるの・・・。
また、洗脳の時みたいにデマながしてんだろ。
仕事を干されてよっぽど嫌いだった事務所に手のひら返すようなことしないと思うが、わざわざ自分で自分のプライド傷つけるような事するかな。

 

朝ドラから出世とか今時流行らない。というかそれこそが芸能界のイヤらしさではないだろうか?事務所の力と広告代理店、金にモノいわせる田舎者ミーハー社長のごり押しが芸術を壊している。しかしそんな現実社会でもコネなくても出てくる人はいる。私は芸能界に育ててもらったとか言う女優よりも真の強さを持った女優を応援したい。すでに映画業界は破綻して新たなファンディングが始まってる。ごり押しは無くなってきてるよ。

 

一般人でもバックに会社があるから発揮できる才能もある。芸能人も多くはそうなんだろう。自分の実力だけではだめなことが残念ながら多い。でもやりたい事ができないのはかわいそう。局側も使えないとかあるだろうけど、なんとかならないかな?彼女のファンとかなんとかよりひとりの女の子が右往左往してるのがかわいそうな気がする。

 

「あまちゃんの続編に出たい」という様なことを言った時、小泉今日子に「お祭りは終わったの。いつまでもそこにしがみついてないで、別のステージに行かないと」という様なことを言われたらしい。
ずっとお祭りが忘れられなくて、留まった人と、新たなステージに行った有村架純らとの差がついたんだと思う。
長く芸能界にいる人は違うなと思った。

 

新しい地図の三人は飯島さんの力で独立してもテレビの他では活躍している。能年さんのスタッフはそこまでの力がないのかもしれない。かわいそうに一番苦手なトークが必要な番組ばかり出させてドラマには出させてくれなかったレプロに戻るのはやめてほしいけど、バーニング系に逆らったら芸能界ではやっていけないのかも。あくまで業務提携で、なんとかドラマに出るチャンスをつかんでほしい。

 

え?LINEでこの前ドラマしてませんでした?あと何かコントとか出てますよね?そんなほかの女優と比べてどうするの。別に比べなくても良くない?のんちゃんはのんちゃん。ちゃんと仕事してますよ。色々と。

 

ドラマ版『この世界の片隅に』の製作発表時点では能年玲奈で、という視聴者の声は多かった。それを無視して似たような雰囲気の女優にすり替えた。視聴者の声より自分たちの業界の都合を優先する空気をすごく感じた。

スポンサーリンク


青山和弘 降板報道の真相がヤバ過ぎる....これ完璧アウトでしょ。 1

安倍晋三のことがわからなすぎて 安倍さんとホンネで話した700時間【電子書籍】[ 青山和弘 ] 青山和弘の降板報道が話題になっています。   分かりやすい解説で評判の良かった日テレ報道局の青 ...

宮川紗江 会見の暴露内容がヤバすぎる.....コーチはまさかの無実?? 2

それ、パワハラです 何がアウトで、何がセーフか (光文社新書) [ 笹山尚人 ]   宮川紗江の会見が話題になっています。   体操選手の宮川紗江さんが自身が受けた暴力行為について ...

カメラを止めるな! 盗作疑惑の真相がヤバすぎる...これ完璧アウトでしょ!? 3

【映画パンフレット】 『カメラを止めるな!』 出演:濱津隆之.真魚.秋山ゆずき   カメラを止めるな! 盗作疑惑が話題になっています!   映画「カメラを止めるな!」は今年最も注目 ...

4

元大相撲力士で第66代横綱の若乃花こと花田虎上さん。   角界を引退後は、NFL選手を目指し渡米したりとかなり異色の経歴の持ち主です。   帰国後はタレントやスポーツキャスターとし ...

Copyright© 気になる最新ニュース速報 , 2018 All Rights Reserved.