芸能、企業、ニュース、雑学、ネタ etc..... 気になったネタをとりあげています。

気になる最新ニュース速報

TikTok リスクがヤバ過ぎて引いた....動画あり

投稿日:

TikTok リスクが話題になっています。

 

動画アプリ「TikTok」を使用するリスクについて注目が集まっています!!

 

一体どんなリスクが「TikTok」にあるのでしょうか??

 

コチラがTikTokのリスクに関する記事詳細です↓

スポンサーリンク


中高生を中心に爆発的にヒットしている動画アプリ「TikTok」。しかし人気の裏では、未成年ユーザーへのナンパや、「下着が見える動画」などと再編集される問題が出てきている。しかも被害者は低年齢化しており、小学生の例も少なくない。ITジャーナリストの高橋暁子氏は「保護者の指導が必要だ」と警鐘を鳴らす――。

■世界1位を記録した「口パク動画」共有アプリ

「子どもが『TikTok(ティックトック)』に動画を投稿していたので叱った」という小6女子の母親がいる。

「CMで見て興味を持って、人気の小学生ユーザーに憧れて真似したみたい。音楽に合わせて踊る動画を投稿していて、数人だけどファンもついていたので驚いた」(小6女子の母親)

「かわいいね」などのコメントが寄せられているのを見て、青くなったそうだ。こうした小学生の動画投稿は決して珍しくない。筆者の取材では、最も若くて小学1年生でTikTokに動画を投稿している、という例もあった。

TikTokとは、中国発のリップシンク(口パク)動画共有アプリだ。最大のポイントは「音楽に合わせた動画を投稿する」という点。撮影時間は最大で15秒。高速再生されたヒット曲にあわせて、ダンスやリップシンクの動画をアップロードする人が多い。日本では、野性爆弾くっきーさんと黒木麗奈さんが登場するテレビCMが放映されており、中高生を中心に爆発的に広がりつつある。

米App Annie調べによると、2018年5月時点でTikTokは世界ダウンロード数1位になり、月間アクティブユーザー数(MAU)でも1億人を突破するなど、世界的に注目を集めている。米ブルームバーグによると、運営元である中国のバイトダンス社の企業価値は750億ドル(約8兆5000億円)だという。最近ではエイベックスとの包括的なライセンスで提携。同社の保有する楽曲を自由に使用できるようになることで、日本での利用もさらに加速しそうだ。

■「みんなと同じ」を投稿しやすいTikTok

人気の背景には、「型の決まった動画投稿」の流行がある。元々若者の世界は同調圧力が強く、「みんなと同じこと」をしたがるものだ。SNS上では行動が可視化されるため、この傾向が加速しやすい。

最近では、音楽コミュニティアプリ「nana」で、「演技力じゃがりこ面接」というものが流行した。「うれしくて」「悲しくて」といったさまざまなシチュエーションに合わせて「じゃがりこ」という単語を話すというものだ。

またカメラアプリ「SNOW」では、自撮りにクマのフィルターをかけ、音楽に合わせて動く「あっちのクマもこっちのクマも」という動画が流行した。

いずれの例も、なにか新しい「型」がウケると、ユーザーたちが次々とまったく同じ「型」を真似するという特徴がある。若者たちはとにかく「みんなと同じこと」をしたいのだ。

そうした状況で、TikTokは人気を集めやすい環境が整っていた。投稿のハードルが非常に低いのだ。これまでの動画投稿サービスで人気だったのは、「踊ってみた」といわれる複雑なダンスを真似するものだった。だがTikTokでは上半身だけ、しかも極端にシンプルな振り付けでも見映えがする。

たとえば、「雨効果」のスタンプをオンにすると、画面に雨が振り、手を開くと雨粒が止まって見える。これを利用した、手のひらを左右交互に開いて突き出すだけというあまりにシンプルな振り付けの動画が多数投稿されている。

オリジナリティは求められず、流行している振り付けをそのまま使えばいいので、ネタにも事欠かない。撮影速度はスローや倍速などに変えられるので、動きについていけないこともない。

■「35年前の曲」が突然ランキング1位に

TikTokで流行中の音楽は独特だ。今年の春から夏にかけて、倖田來未さんの「め組のひと」に合わせて踊る動画が流行した。倖田さんのカバーが発売されたのは2010年、ラッツ&スターが原曲を発売したのは35年前の1983年だ。「曲が新しいか、古いか」という点はほとんど関係がない。ユーザーにとって重要なのは、15秒という単位で使いやすいかどうかなのだ。

その結果、「め組のひと」の音源がヒットするという現象も起きた。音楽配信サービス「Apple Music」のミュージックビデオのデイリーランキングで2位、「LINE MUSIC」のデイリーランキングで1位(6月24日付)にこの曲がランクインした。

■コメント欄で“ナンパ”の事例も

TikTokでは、制服姿の女子中高生が学校内で撮影したような動画が多数見つかる。彼女たちは学校が特定されることは全く意に介していないようだ。それだけでなく、小中学生による投稿はかなりの数に上る。TikTokでフォロワー数トップのHinataちゃんという小学生女児が人気が出たこともあり、冒頭で紹介した通り、動画を投稿している小学生女児は増加する一方だ。

その中には、メイクをして女子高生と同じダンスをしている子、数十万人のファンがいる子がいる。さらに、TwitterのIDを公開してメッセージを受け付けている子、コメント欄で住所や学校名を聞かれたり、「会いたい、オフ会しよう」などとナンパされている子も見かける。多くの子は「有名になりたい」「人気になりたい」と書き込み、ファンに「ありがとう」とお礼コメントを付けて交流している。TikTokではかわいい女の子というだけで人気が出やすくなっているので、ちやほやされたい少女たちが動画を多数投稿しているというわけだ。

■本人の知らぬところで動画が勝手に配信される可能性

TikTokでみた動画は簡単に保存できる。このような小学生女児の動画は、YouTubeなどで「かわいい小学生のTikTok」としてまとめられている。話題になったことで投稿をやめた子もいるが、続けている子もいる。そうした「まとめ動画」の中には、下着が見えているものだけを集めたものや、「黒歴史のブス動画」というタイトルが付けられたものもある。

YouTubeでは、他のアプリで人気が出た動画を保存し、アフィリエイト目的でひとまとめにして投稿するアカウントが少なくない。つまり、そのようなアカウントにまとめられてしまったら、もう動画を消すことができなくなるというわけだ。

■子どもに使わせるなら必ず設定変更を

TikTokは利用規約で「13歳以上」と対象年齢を明記している。アプリ自体も、iOSもAndroidも「12+」、つまり対象年齢は12歳以上となっている。多くの小学生は対象外であり、使うためには保護者の許可が必要だ。もし低年齢の子どもに使わせる場合は、保護者が責任を持って利用状況を見守る必要があるだろう。

子供に「使いたい」と言われた場合、動画が他のユーザーに保存されたり、メッセージが送られてきたりするリスクを放っておくのは危険だ。対策としてプライバシー設定を変更しておく必要がある。

プロフィールページを開き、右上の三点リーダーボタンから、「プライバシー設定」をタップ。「自分の動画をダウンロードできる人」「自分にコメントを送ることのできる人」「自分にメッセージを送ることのできる人」などの項目をオフにしておくといいだろう。

制限を強くかける場合は、「他の人から自分を検索してもらう」をオフ、「プライベートアカウント」をオンにして非公開アカウントにするという方法もある。設定は子どもでも簡単に変えられるので、その設定にする理由を子どもに伝えておきたい。

TikTokを利用することが悪いわけではないが、使い方次第によっては大きなリスクがともなう。子どもに使わせる場合は、保護者がしっかりと指導しておきたい。

引用元:小学生がハマる「TikTok」の動画リスク

今回のTikTokのリスクについてネットの反応は以下の様なものでした↓

スポンサーリンク


ネットの反応

休み時間に友達と友だちと教室の後ろで変な踊りを踊って笑ってたあれだよな。そんなに知らん人に見てもらいたいんだな。

 

記事冒頭の親御さん
えっと、それは、まさかと思いますが、小学生の子供に「アプリを勝手にインストール出来ちゃう状態のスマホ」を持たせていたわけではないですよね?
検索ワードはもちろん、アプリへの課金およびアプリ自体のインストール、使用可能時間などもちゃんとペアレンタルコントロールの設定を施した上でスマホやタブレットを持たせるのは親としての義務ですよ。
好き放題出来る状態で、「投稿したから叱った」なんて本末転倒。

 

全てのSNSは顔写真付きの証明書を送らないと登録できないようにすれば良い
生徒手帳は中学からだから小学生は利用できない
犯罪に巻き込まれたら運営は警察に情報開示を義務化すべき
危険性を子供に話して顔も名前も学校も載せてないが、フォローやフォロワーが誰でも見れるためフォロワーに飛んで学校名がバレるなど危険

 

大学生でさえバイト先の飲食店での不適切行為の画像を撮影してネットに広めてるのにキッズにそれが判断できるわけない

 

子供にスマホは早い。と言う人多いけど、世界のあらゆる分野で日本が負けてきている理由は変化の遅さ。対応力のなさ。

 

普通の若者はわかっている、TikTokは黒歴史製造機であるということをね。
やるやつは自己責任、利用者の中心はやはりバカなJKなどが多い傾向にある気がするな

 

いい加減にしてほしい。
確かにスマホは便利なツール!
でも、それはモラルを持っている人間にとって
子供にスマホを持たせるのは親
その危険性を学ばせるのは学校や携帯会社
何かあったときの責任も果たせない親が多い中
結局、堂々巡り…

 

翌日学校へ行ったら全校に自分がノリノリで踊ってる動画がばら撒かれてる訳だが。
よく平気ですね?

 

どこかでこれをやってるのは、主に若い女性とおじさんだと書いてるのを見た。
おじさんたちは、若い女性がやってるから仲良くなるためにやってるのかなと思った。

 

保護者の指導が必要て、指導方法がわからんから、困っとんや!最近見つけたみたいに嬉しそうに言うな!スマホが子供に良くないなんて100年前から知っとるわ!スマホ所持は、十八歳以上からという法律作ってください!性犯罪やいじめ等々、随分減るはず!子供に悪影響があると知りながら、スマホ関連企業は、子供も将来を考えず、目先の利益を出し続けている。

 

運転免許や酒、タバコに年齢制限があるように、
判断力の未熟な年齢には、
スマートフォンなど害悪以外の何物でもない。
いくらキャリアや親が制限かけようが限界がある。
スマートフォンにも法律で年齢制限を
掛けるべき時期に来ている。
子供に与えるのは電話機能とせいぜいメール機能だけで十分なのだ。

 

子供にネット環境を与えるのが薬にも毒にもなるんだろうけど、小学生には悪い影響の方が多い気がします。大人でさえネットの怖さを理解してなかったり、モラルがない人たちが多いのにそれを小学生に求めるのは難しいだろうな。

 

自撮りがほとんどになるだろうから
顔バレ当たり前だし、キモ男の恰好のエサだよな
アクセス数稼ぎたくて、自ら過激な動画に走る子も
出てくるだろうし

 

現在34歳ですが、
自分が12.3歳の時にPHSを手にした時すごい楽しかったのを覚えています。
皆さんはどうですか?
もしその頃の自分に物申すとしたら、なんて言います?
言ったところで言う事聞くとは思えませんし、私は時代に物申したいくらいですが、
今の時代はこれが普通なんだと思います。
あれがダメこれがダメ。
通用するなら最初から持たせない。
自分達もそんな時代があったんです。
人生色んな形がありますが、
生きていてくれるだけありがたいです。

 

やるのは自由だし、どうぞご勝手にって感じだけど、ツイッターやらYouTubeやらの広告なんかにやたら出てくるのやめてほしい。
勘違いJKが私最高にかわいいでしょみたいな感じで出てくるのは本当にきつい。

スポンサーリンク


青山和弘 降板報道の真相がヤバ過ぎる....これ完璧アウトでしょ。 1

安倍晋三のことがわからなすぎて 安倍さんとホンネで話した700時間【電子書籍】[ 青山和弘 ] 青山和弘の降板報道が話題になっています。   分かりやすい解説で評判の良かった日テレ報道局の青 ...

宮川紗江 会見の暴露内容がヤバすぎる.....コーチはまさかの無実?? 2

それ、パワハラです 何がアウトで、何がセーフか (光文社新書) [ 笹山尚人 ]   宮川紗江の会見が話題になっています。   体操選手の宮川紗江さんが自身が受けた暴力行為について ...

カメラを止めるな! 盗作疑惑の真相がヤバすぎる...これ完璧アウトでしょ!? 3

【映画パンフレット】 『カメラを止めるな!』 出演:濱津隆之.真魚.秋山ゆずき   カメラを止めるな! 盗作疑惑が話題になっています!   映画「カメラを止めるな!」は今年最も注目 ...

4

元大相撲力士で第66代横綱の若乃花こと花田虎上さん。   角界を引退後は、NFL選手を目指し渡米したりとかなり異色の経歴の持ち主です。   帰国後はタレントやスポーツキャスターとし ...

Copyright© 気になる最新ニュース速報 , 2018 All Rights Reserved.