芸能、企業、ニュース、雑学、ネタ etc..... 気になったネタをとりあげています。

気になる最新ニュース速報

向井理 腹黒演技の真相は消えた説!?

投稿日:

向井理 腹黒演技が話題になっています。

 

イケメン俳優の向井理さんが爽やかキャラから脱却した腹黒演技を見せて注目を集めています。

 

コチラが向井理さんの腹黒演技に関する記事詳細です↓

スポンサーリンク


向井理 腹黒演技の詳細

初回視聴率15.0%(ビデオリサーチ調べ:関東地区・以下同)がこれまでの最低記録。その後は18.1%、15.9%、16.5%、15.4%と絶好調の「リーガルV ~元弁護士・小鳥遊翔子~」(テレビ朝日系)。テレ朝を10月の月間全日視聴率トップに導いた原動力の一つだ。

主演の米倉涼子(43)の脇を固める林遣都(27)、安達祐実(37)、荒川良々(44)、勝村政信(55)、小日向文世(64)、高橋英樹(74)ら世代を網羅する芸達者たちも魅力だが、密かに評価を高めているのが向井理(36)だという。向井といえば、少し前までは“オワコン”なんて声まであったのに――。

***

芸能記者が向井を評する。

「『リーガルV』で向井の役どころは、たびたび米倉が管理人を務める法律事務所とやり合うことになる大手法律事務所のヤリ手弁護士。米倉もかつてはそこに務めていた元同僚で元カノらしいのですが、向井はただのイケメン、エリート役ではなく、異常にプライドも高く、勝つためなら法律を犯すことも辞さないという腹黒さ、いわばヒールなんです。これが意外にハマっていて、業界での株を上げているといいます」

向井とは、2010年上半期に放送された朝ドラ「ゲゲゲの女房」(NHK)で、ヒロイン(松下奈緒[33])の夫(水木しげる[1922~2015])を演じてブレイク。翌年には大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」(NHK)でヒロイン(上野樹里[32])の夫である徳川秀忠役にも抜擢された。

「イケメン俳優として数々のドラマや映画に起用されてきましたが、飛び抜けたヒット作がなく、結果的に代表作もありません。近年はさらに評価は低下して“向井は数字が取れない”、ついには“オワコン”とまで言われるようになっていました。記憶に新しいのは、16年に放送された『神の舌を持つ男』(TBS:金曜夜10時~)です。『TRICK』の堤幸彦(63)演出で期待されていたのですが、全話の平均視聴率が5.6%。しかも、ドラマ放送前に映画化も決定しており、この年の年末に公開されたものの、初週8位に入っただけでその後は圏外に。大コケと言われました。

ちなみに、その映画、タイトルつけるのもやけっぱちだったのか、正式名称は以下の通り。「RANMARU 神の舌を持つ男 酒蔵若旦那怪死事件の影に潜むテキサス男とボヘミアン女将、そして美人村医者を追い詰める謎のかごめかごめ老婆軍団と三賢者の村の呪いに2サスマニアwithミヤケンとゴッドタン、ベロンチョアドベンチャー!  略して…蘭丸は二度死ぬ。鬼灯デスロード編」――誰も覚えられなかった。

その後、向井は単発ドラマの主演はあっても、民放・地上波での連ドラの主演からは離れている。民放プロデューサーは言う。

「結局、顔が整いすぎなんですよ。いい役ばかりやってきたということもありますが、何をやらせてもエリートで好青年の向井にしか見えない。正直言って、演技も上手いとは言えませんしね。ただし、去年末あたりから事務所も路線を変えてきているようです。1月の連ドラ『きみが心に棲みついた』(TBS)では主演の吉岡里帆(25)の大学時代の元カレで会社の先輩を演じたのが向井で、一見好青年なのに、実は腹黒く、ヒロインにトラウマを植え付ける悪魔のような男がハマっていました。それに続く連ドラが『リーガルV』です。こちらも主役ではありませんが、無表情で、冷酷なことも平気でやる……端正な顔だけに不気味さが増すんです。ホントに腹黒そうに見えて、これまでの向井とは別人です」

イケメンなのに、実はヒールがハマリ役だった。以前は、悪役商会を筆頭に文字通りの強面がヒールを演じていたが……。

「昔と違って、中野英雄(53)や六平直政(64)、小沢兄弟(仁志[56]、和義[53])など、見るからに怖い顔の役者は使われにくくなっているんです。いまどきヤクザだって、いかにもヤクザという格好の人は少なく、どこの一流企業のサラリーマンだろうという人が多いですからね。ドラマだって本当に悪い人は、一見いい人そうなイケメンなのに内面が怖いほうが迫力が増すんですよ。山田孝之(35)とか藤原竜也(36)、松坂桃李(30)もヒールをやっていますしね。ディーン・フジオカ(38)も主役ながら、復讐の鬼を演じて話題になった『モンテ・クリスト伯 ―華麗なる復讐―』(フジテレビ系)も同様です。そこにまた、悪役のハマる役者として向井にオファーもかなり来るでしょう。強面俳優は今後、仕事を奪われるのではないかと渋い顔をしていると思いますよ」(同・民放プロデューサー)

ちなみに「リーガルV」では、向井の上司を小日向が演じている。こちらこそ、硬軟、善悪、自由自在の役者であり、向井よりもはるかに上手の悪徳弁護士役である。向井もオワコンなどと言われないためにも、上司の仕事ぶりをしっかり学んでおいたほうがいい。

週刊新潮WEB取材班

2018年11月23日 掲載

引用元:「向井理」がヒール転向でオワコンにおさらば!“腹黒演技”開眼で強面俳優は渋い顔


今回の向井理さんの腹黒演技についてネットの反応は以下の様なものでした↓

スポンサーリンク


向井理 腹黒演技についてネットの反応

いやいやいやいや
向井理が オワコンなんて 誰が言ってるの? あんまり出過ぎると飽きるけど。
やっぱり 向井理は向井理。カッコいい。ヒールだろうが 善人だろうが
どちらにしても カッコいいから 民放ドラマに 最近 出てくれて嬉しいこと嬉しいこと。
ちなみに 「僕たちは世界を変えることができない」は 向井理と窪田正孝という
一粒で2度美味しい映画だったし。あ、柄本佑も。
向井理が見られるなら 主役でも 脇役でも なんでもお願いします!

 

凄くいいと思います
無表情な
腹黒い役
イケメン過ぎるから
尚更
怖さが増す悪役
ハマると思います

 

顔が小さくてハンサムは得だよね。
ヒールもいいと思う。
かっこいい役ばかりじゃ芸の幅が広がらない。比べるの嫌だけど、いつも主役で
かっこいい役でヨイショされてるシークレットブーツよりず〜と素敵です。

 

【きみが心に棲みついた】で向井さん演じる
星野にどっぷハマりました。
イケメンでスタイル良くって、損するより得の方多いんじゃないですか。

 

そもそも「オワコン」とか言われてましたっけ?
コンスタントにドラマや映画に出ていて
少し間を開けたら終わったってのもちょっと不可解です
もともと世間で言われるほど下手とも思いません
「神の舌」については、役者のせいじゃないですよ
あんなに酷くて気持ち悪い設定やシナリオ、馬鹿みたいな小ネタ連発で、視聴者ももう飽き飽きでしたからね

 

主役ばかりではなく、悪役もやって高い評価を得ないと、名俳優の仲間入りは出来ないんだと思う。若手?いや中堅かもしれないが、ヒールで怪演が期待できるのは藤原竜也と山田孝之が2強だと思われる。

 

冷静に考えると、顔とか演技とかがどうとかじゃなく、芸能界も人材不足で起用せざるを得ないということかと。

 

この方のファンではないけどオワコンなんて思ったことないけど。飛び抜けた代表作がある俳優なんてそうそういない。腹黒演技が素晴らしいってことを強調したいんだろうけど、こういうの書き方は頭が悪い。

 

君が心に棲みついたの演技は本当に不気味で、こんな演技出来るんだ!と驚きでした。歳を重ねてますます良い俳優さんになると思います。

 

主演俳優の名前で売るようなドラマは最近流行りませんからね。
内容のいいドラマの悪役、脇役で光ってこそ役者として評価があがる。
イケメンで売ってきた人はここが勝負所でしょう。

 

結婚してしまうと、女性から支持下がるのは仕方ないが、上手く路線変更する事によって、長く活躍出来る俳優さんになれるといいですね!
ただのイケメン俳優は腐るほどあるが、大体は女性支持が高い中、向井さんは男性から嫌われてない気がするので、良い俳優さんだと思う!

 

ゲゲゲで持ち上げすぎただけで、昔からさほど変わらないのでは。
そこそこの大学出て知性もあるからか、今の役柄はハマっていると思う。
三浦翔平は、いかにもって感じ。

 

まだまだ小日向さんの腹黒感にはとても及ばない感じ。というか、もっとエグいストーリーも書けそうだけど、リーガルVは善悪ともかなり軽めになってるよね。菜々緒とかも、もっとやれるよね(笑)。まぁ、だから構えず観れて面白いんだけど。

 

スタイルは抜群だと思う。こういう役の方が合ってる気がする

 

我が家では、向井くんがやたらと白いスーツや白髪であったので、ホワイティの愛称で親しまれています。藤原くんみたいに人間のクズなら俺に任せろ…のように活躍の場を広げていってほしいですね。

 

スポンサーリンク


青山和弘 降板報道の真相がヤバ過ぎる....これ完璧アウトでしょ。 1

安倍晋三のことがわからなすぎて 安倍さんとホンネで話した700時間【電子書籍】[ 青山和弘 ] 青山和弘の降板報道が話題になっています。   分かりやすい解説で評判の良かった日テレ報道局の青 ...

宮川紗江 会見の暴露内容がヤバすぎる.....コーチはまさかの無実?? 2

それ、パワハラです 何がアウトで、何がセーフか (光文社新書) [ 笹山尚人 ]   宮川紗江の会見が話題になっています。   体操選手の宮川紗江さんが自身が受けた暴力行為について ...

カメラを止めるな! 盗作疑惑の真相がヤバすぎる...これ完璧アウトでしょ!? 3

【映画パンフレット】 『カメラを止めるな!』 出演:濱津隆之.真魚.秋山ゆずき   カメラを止めるな! 盗作疑惑が話題になっています!   映画「カメラを止めるな!」は今年最も注目 ...

4

元大相撲力士で第66代横綱の若乃花こと花田虎上さん。   角界を引退後は、NFL選手を目指し渡米したりとかなり異色の経歴の持ち主です。   帰国後はタレントやスポーツキャスターとし ...

Copyright© 気になる最新ニュース速報 , 2018 All Rights Reserved.