芸能、企業、ニュース、雑学、ネタ etc..... 気になったネタをとりあげています。

気になる最新ニュース速報

有森裕子 心境吐露の号泣動画が泣ける......!!

有森裕子 心境吐露の号泣動画が泣ける......!!

小出義雄さんが死去されたことについて、教え子の有森裕子さんが現在の心境吐露し話題になっています!!

小出義雄さんが現役時代の有森裕子さんに投げかけた言葉で印象に残っているのは以下の言葉だそうです↓

 

『なんで故障したんだろうと思うな。物事には意味のないものはない。どんなことが起きてもせっかくと思え。どれだけ故障しても、それだけ意味がある』

 

この言葉が無ければ有森裕子さんがバルセロナとアタランタのオリンピックでのメダルは無かったのかもしれませんね!!

 
コチラが有森裕子さんの心境吐露に関する記事詳細です↓

スポンサーリンク


有森裕子 心境吐露に関する記事

 女子マラソンの有森裕子さんや高橋尚子さんらを育てた小出義雄さんが亡くなったことが24日、分かった。80歳。小出さんは3月末に指導の一線を退くと発表したばかりだった。小出氏の指導のもと、1992年のバルセロナ五輪で銀メダル、96年のアトランタで銅メダルを獲得した有森さんは都内で取材に応じ、涙を浮かべながらつらい心境を吐露した。

【写真】シドニー五輪金メダルの高橋尚子を祝福する小出監督

現役時代、度重なる故障に苦しめられていたという有森さんは、監督の言葉によって救われたという。

「監督は、『なんで故障したんだろうと思うな。物事には意味のないものはない。どんなことが起きてもせっかくと思え。どれだけ故障しても、それだけ意味がある』と。だから、どれだけ故障しても意味があると思えたし、立ち向かえた。監督からの一番の言葉ですね」とあふれそうになる涙をこらえながら話した。

当時の練習量は女子陸上界の常識を覆すような厳しさだったという。「半端なかった。女子にはこれ以上やらせてはいけないという常識があったが、それを『打ち破るんだ』とうれしそうにメニューを出していた」と懐かしんだ。

東京五輪を一年後に控えての恩師の死去。「ゆっくり休んでほしい。ブツブツ言いながら応援していたので、一緒に見たかったな、と。だから高いところから見守ってほしい」と天国から見守ってくれるよう願った。

引用元:有森裕子さん 小出さんにかけられた「一番の言葉」明かし「だから立ち向かえた」
今回の有森裕子さんの心境吐露についてネットの反応は以下の様なものでした↓

スポンサーリンク


有森裕子 心境吐露に対してのネットの反応

  • 良い指導者、経営者は共感から話が始まる。
    ご冥福をお祈りします。
  • ほんとに名指導者ですね
  • 選手ファーストの監督。褒めて伸ばす指導者の先駆けだった。
    小出監督の笑顔しか思い出せません・・ご冥福をお祈りします。
  • その小出さんが心配するぐらい、有森さんは練習して、メダルを取ったと聞きました。
    ご冥福をお祈りします。
  • 無名だった有森さん、高橋Qちゃんをオリンピックのメダリストに育て上げて、3大会連続メダリスト輩出だからね。
    偉大な功績ですね。
  • 最初全く走れなかった選手をオリンピックのメダリストにした手腕は色々話を聞きますが素晴らしいですし、世界一の練習量メニューを歯を食いしばりながらこなしてついて行った選手もどちらも素晴らしい。
    ご冥福を祈ります
  • シドニーでのゴール直後、駆け寄るマスコミに
    小出監督の居場所を頻りに聞いていたシーンが思い出されます。
  • 小出監督が選手に沿道で声を掛ける姿が好きでした。
    テレビ越しに見てても、その明るいキャラが出てて好感を持てました。
    あらためてシドニーでの感動をありがとうございました。
  • 酒さえ絶てれば陸連会長だったかもね。
  • よい指導者は技術を教えるだけではなく、気持ちの持ち方、物事の考え方を教えることができるんですね。
    名選手の育成、ありがとうございました。
  • 小出さんはいつも選手に対してアグレッシブな暗示をかけ続けた。マラソンは精神的なものなのではったりでもあれだけほめれば信じた弟子なら効果もある。自分もこどもの教育で随分参考にしたところがあった。それでうまくいった。スポーツだけでなく勉学にも応用できる監督の教えだろう。
  • 実績皆無なのにリクルートに押し掛けた有森裕子もすごいが、受け入れた小出監督もすごいな
    そこからオリンピックメダリストにしちゃうんだから
  • >「監督は、『なんで故障したんだろうと思うな。物事には意味のないものはない。どんなことが起きてもせっかくと思え。どれだけ故障しても、それだけ意味がある』と。だから、どれだけ故障しても意味があると思えたし、立ち向かえた。監督からの一番の言葉ですね」とあふれそうになる涙をこらえながら話した。深い言葉です。
    人間的に成長できる素晴らしい言葉ですね。物事の結果で短絡的になりがちな人間がこれを思い出せば
    原因とかも含めて「受け入れる」ことができそう。ほんとに素晴らしい指導者です。
  • 教え子たちに心から惜しまれてキレイにこの世から去るってカッコいい。小出さんの死にもきっと意味がある。お疲れ様でした。

スポンサーリンク


Copyright© 気になる最新ニュース速報 , 2020 All Rights Reserved.