芸能、企業、ニュース、雑学、ネタ etc..... 気になったネタをとりあげています。

気になる最新ニュース速報

内村航平 心境吐露で発覚した満身創痍の現在.......

体操の内村航平さんが満身創痍の現在の心境が話題になっています!!

30歳という年齢もあって、全身は既にかなり無理がきている様ですね。。。。。内村航平さんがいうには

”肩だけでなく首から下は全部痛いようなもん”

ということで、気力でやっている感じでしょうかね^^;

コチラが内村航平さんの心境に関する記事詳細です↓

スポンサーリンク


内村航平 心境に関する記事

 体操の19年世界選手権(10月、ドイツ・シュツットガルト)の代表選考を兼ねた全日本選手権は26日から高崎アリーナで開幕。25日は会場で、有力選手による会見が行われた。2年ぶりの王座奪還を狙う内村航平(30)=リンガーハット=は、両肩に痛みを抱えていることを明かし「難易度を下げて肩に負担がかからないように。まあ、肩だけでなく首から下は全部痛いようなもん。肩以外に痛みが出なかったことの方が今は前向きに思えている。ミスなく集中して、代表に入ることが第一優先」と心境を語った。

これまでも多くのけがに悩まされてきたが、逆境で結果を残してきたのが内村。「今まで自分が経験したことを頼る。不確かな自信を持ってやることも今は大事。これまで人ができてない経験も、自分しか持っていない自信もある。それをいま活用しないといけないと思う」と意気込んだ。

◆体操男子の世界選手権代表選考 代表は5人。男子は全日本選手権の予選、決勝の合計点を持ち点に争われる5月のNHK杯で上位3人を選出。残る2人は、6月の全日本種目別選手権などの結果も踏まえ、団体への貢献度が高い選手を選考。うち1人は、NHK杯10位以内の選手とする。

今回の内村航平さんの心境についてネットの反応は以下の様なものでした↓

スポンサーリンク


内村航平 心境に対してのネットの反応

 

  • 本当に美しい演技を見せてくれました。
    日本の体操競技を引っ張ってくれました。
    故障に気をつけて、大事にして、まだ素晴らしい演技を見せてもらえたら、と応援しています。
  • 長い間、世界のトップで存在し続けるのは並大抵では無いし、何だかんだ言っても内村に勝ってほしいと願う。勝たせてあげたいと思う。
    そして東京五輪にも出場して一番キレイなメダルを取らせてあげたい。
  • まだ負けたくない…という気持ちが伝わってきます。でも、ケガで多種目に影響が出るのであれば、まずは治療や休養して体調を万全にして出場すればいいと思う。東京五輪まであと1年あるから…
  • 彼の美しい体操をまだまだ見たいが、「もう楽にしてあげてよ」と後進の奮起を期待する気持ちもある。体操ニッポンの屋台骨を支えてきた方なので、来年に最後の花道を飾って欲しい。
  • 今までの演技は普段の並々ならぬ努力から生まれてきたというのは十分納得できる。
    30歳か。。ホントによく維持し続けているもんだ。
    本人がまだやると覚悟を決めているんだから、外野はただ良い演技が出来るように応援したいですね。
  • ジムで筋トレマシンの負荷を上げすぎただけで、物凄い背中痛、肩や腰の痛みで夜に寝返りすら打てなくなる事がたまにあります。内村選手の痛みはその比ではないと思うし、想像しただけで大変な道を歩まれているんだろうなと。アスリートの方々は常に怪我や痛みと戦っていますし、本当に過酷な世界だと思います。どうか痛みが少しでもやわらぎますように。
  • なぜ彼に国民栄誉賞が授与されないのか
    政府の人気取りに賞を利用せずしっかりとした規定を設けてほしい
  • 個人的に 始めて 体操という競技に息を呑む瞬間を見せてくれた選手でした。まだまだ 頑張って欲しいが、怪我と重力はそう長く 味方してくれないよなぁ。
  • 世界が一目置くKING KOHEI
    年齢とともに体はしんどいでしょうが、2020まではまだまだ頼みますよ
    期待していますし、全力で応援しています!!
  • 常に満身創痍で常にそれを超えてきた。
    やってる、ってだけではそこに居られない体操界に、彼はレジェンドオブレジェンドだ。
    いよいよ始まる全日本から毎月の連戦が続くけど、社会人入りした谷川兄世代も楽しみだし、インカレ、インハイレベルからどれだけ出てくるかも見もの。
    まぁキー局メディアじゃニュース扱いだから露出に期待はできない。やっぱ会場で生だわ。
  • 10代から体操界を牽引してきた内村も30歳。
    あれだけ多種目を演技していれば身体も満身創痍になるよ…。
    常にトップの位置に居なきゃならないプレッシャーと戦いながらだからね…。東京五輪が彼にとっての最後の集大成であり、最後の大舞台になるのかもなぁ。

スポンサーリンク


Copyright© 気になる最新ニュース速報 , 2019 All Rights Reserved.