芸能、企業、ニュース、雑学、ネタ etc..... 気になったネタをとりあげています。

気になる最新ニュース速報

元DeNA山本武白志 転身の佐野クリケットクラブってどんなとこ!?

元DeNA山本武白志 転身の佐野クリケットクラブってどんなとこ!?

元DeNA山本武白志さんがクリケットに転身したことを取り上げた記事がネットで話題になっています。

元DeNAというスポーツ界の花形である野球選手から、異例とも言えるクリケットへの転身をした山本武白志。そんな彼が現在所属しているという佐野クリケットクラブについて調べてみました。

調べてみて驚いたのがほとんどの情報が出てこないぐらいマイナーな団体だったこと。笑

公式HPなどは存在しておらず日本クリケット協会のHPに記載されている情報は以下のみでした↓

  • ジャパンカップ北関東大会
  • 日本クリケットリーグ2部

 

2部っということで、そこまで強いチームではなさそう!?

次にの佐野クリケットクラブのホームグランドについて調べてみました。

 

佐野クリケットクラブのホームグラウンドはどこ!?

 

こちらに行けば山本武白志さんに会えるのかも!?

 

それにしても勇気ある決断をしましたね!!!日本ではマイナーなイメージのクリケットですがインドではもっとも人気のあるスポーツの一つで、スター選手の年俸はメジャーリーガー並みの数十億円という話もあるので夢がありますね!!

 
コチラが元DeNA山本武白志 転身に関する記事詳細です↓

スポンサーリンク

元DeNA山本武白志 転身に関する記事

 昨季限りでDeNAから戦力外となり、野球選手としては現役引退していた山本武白志(むさし、21)が27日に都内で記者会見を行い、クリケット選手に転身することを発表した。ラーメン店でアルバイトをしながら、年収数十億円も夢じゃない同競技のプロを目指すことになった。

【写真】地元福岡でパン職人に転身した元近鉄・楽天のプロ野球選手

午後の記者会見に向けて、金色のメッシュを入れた髪をきっちりセットしてきた山本。プロ野球選手としては、横浜(現DeNA)、広島、西武などでプレーし、17年オフに戦力外を受けて転向した木村省吾(39)に次いで、2人目のクリケットへの転向となる。「これから頑張って、オーストラリアでプロを目指してやっていきたいと思います」と決意を語った。

育成で3年プレーして芽が出なかった野球への未練は「ない」。他のスポーツにも特別興味はなく、次の人生をどうしようか考えていた昨年末、会食した知人から「クリケットをやってみれば?」と言われたことが、今回の転身へのきっかけだった。「木村選手のニュースで知った」という同競技について、食事から戻った自宅ですぐにYouTubeをチェック。「クリケットで検索して一番最初に出てきた動画を見て自分がプレーする姿がイメージ出来た」という。

年が明けると気持ちはすっかり同競技に傾き、それまで全く動かしていなかった、筋肉が落ちて野球現役時代から10キロ減ってしまった体のトレーニングを再開。3月にはクリケットが盛んなオーストラリア・メルボルンへ飛び、知人の紹介で知り合ったクリケットをプレーする中学生らと練習を行った。

「日本には売っていないんじゃないか」と、現地でセール品になっていたバットや防具など一式を購入して帰国。日本クリケット協会に「プレーしたいので、どうしたらいいか教えてほしい」と自らメールを入れると、協会側の協力を得て、新たな挑戦へのメドが立った。

協会の本部があり、国内で最も設備が充実している栃木・佐野に5月上旬に引っ越した。「佐野クリケットクラブ」に所属し、週3日の練習や土日に組まれる試合に参加。当然、競技では無収入のため、JR佐野駅前のラーメン店「日光軒」で週6日、接客や掃除などを担当するバイトに従事する。午前10時半から昼休憩を挟みながら、午後8時過ぎまでのフルタイムで働く日もある。それでも「まかないもいただき、みなさんによくしてもらっています」と人生初のバイト生活との両立もこなしている。

野球とクリケットについては「バットとボールを使うということは一緒でも、技術的なことも似ているようで似ていない、全くの別物。野球がある程度できるから、クリケットができるというわけではない」と話す。実際に、打撃でも力の入れどころが違うために、これまで経験のない左足太もも裏の筋肉痛に苦しんだりもする。それでも日に日に上達することを実感して、「楽しい」と口にした。

英国が発祥の地で、インドなど南アジアでもプロリーグはあるが、オーストラリアにこだわるのは「行ってみたら、ホレたじゃないですけど、住みやすいし、自分のフィーリングです」と21歳らしくコメント。トップ選手の年収は30億円を超えると言われるが、「そうなりたいですね」と夢を語った。

3年前に他界した父・功児さんについて触れ「誰も僕がクリケットをやると思っていなかったので、天国でビックリしているでしょうね」とはにかんだ。「44番のユニホームでプレーするようになるのが僕の希望なんで」。父が巨人、ロッテで背負った番号を、違うプロの競技で自身が背負うことも目標に、武白志が第2の人生に臨む。

引用元:元DeNA・山本武白志がクリケット選手に転身 父は3年前に他界の巨人OB・功児さん
今回の元DeNA山本武白志 転身についてネットの反応は以下の様なものでした↓

スポンサーリンク


元DeNA山本武白志 転身に対してのネットの反応

  • 英連邦所属国では超人気スポーツ。
    大成してくれたら非常に面白いね。
  • 逆に、クリケットから野球に転向する選手はいないのだろうか?
  • えぇ…山本君…高校時代からの見た目の転向が激しすぎてビックリしました。
  • 元ホークスの城所もいけそうだが
  • 日本では余りなじみが無いですが、クリケットは世界的には野球より市場が大きいスポーツです。
    活躍できる場は野球より多いと思いますので、何とか活躍できるよう頑張って欲しいですね。
  • まだまだこれから先、人生は長い
    アスリートとして頑張って欲しいね。
  • 逆に、クリケットのプロになれなかった二十歳過ぎのオースラリア人が「日本のプロ野球を目ざす」って宣言したら、「なめるな!」ってなりそうだけど。
  • プロ野球では通用しなかったけど、別の世界でプロフェッショナルな活動を頑張ってください。
  • 競輪選手もいいぞ!
  • 日本ではマイナースポーツだが、世界では野球以上の人気スポーツだし、トップ選手がもらってる金も野球以上。
    ある意味夢がある。
    何で日本では流行らないんだろうなクリケット?
  • キムショーに続いてプロ野球から転身か。
    この流れがプロ野球選手のセカンドキャリアとして定着すると良いね。
  • そういや木村はどうなったんだろう?
    バースデイでやってたのも結構前だよな
  • 世界では野球よりもクリケットなんですね。
  • クリケットは穴場と聞いたことがある
  • 見掛けで判断しちゃいけないんだろうけど
    転落が始まってる?と感じるのは気のせい?(笑)
  • 他競技に転身した人というと、古木克明(元横浜)を思い出す。
  • 横須賀で貰った、サインボールは大事にしなきゃ!
  • クリケットといえば木村彰吾

スポンサーリンク


Copyright© 気になる最新ニュース速報 , 2020 All Rights Reserved.