芸能、企業、ニュース、雑学、ネタ etc..... 気になったネタをとりあげています。

気になる最新ニュース速報

なつぞら 異変で視聴率低下がやばい......どうしてこうなった!?

高視聴率を維持していたNHKドラマ「なつぞら 」に最近異変が起きているとネットで話題になっています。

 

どうやら「なつぞら 」の視聴率は回を追うごとに低下の一途を辿っているとのことです。

 

『半分、青い。』では途中から結構ボロカスに視聴者から愛想をつかれたこともありましたしね〜一体何が起きてそうなっているのでしょうか!?^^;

 

「なつぞら 」に起きた異変の原因について分析した記事がこちらです↓

スポンサーリンク


なつぞら 異変に関する記事

 広瀬すず演じる主人公のなつが地元の北海道を離れ、東京でアニメの世界で奮闘する姿が描かれるNHK連続テレビ小説『なつぞら』。視聴率好調が続いていたが、ここ最近、異変が…。何があったのか。コラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんが解説する。

【写真】JAL『なつぞら』塗装機お披露目会に参加した、広瀬すずの全身ショット
* * *
記念すべき100作目の朝ドラとして4月1日にスタートした『なつぞら』。第1週に平均視聴率22%超を記録して以降、「北海道・十勝編」が放送された第7週(5月18日)までは高水準を続けていましたが、「東京・新宿編」がはじまった第8週以降、雲行きが怪しくなっているのです。
平均視聴率の推移を振り返ると、第1~4週は22%台と最高のスタートを切ったあと、第5週は20.7%と大幅ダウン(その理由は後述します)。第6週に21.3%と持ち直しましたが、第7週が22.1%、第8週が21.6%、第9週が20.8%と右肩下がりで、第10週も20%台に留まることが濃厚。さらにネット上のコメントを見ても、それまでの称賛一色から一転して、「面白くなくなった」「ずっと十勝でよかった」などの否定的な声が増えているのです。
視聴率が下がり、否定的な声が増えている主な理由は、「物語の舞台が北海道から東京に変わり、同時に登場人物がガラッと変わった」から。これまでの舞台と登場人物に愛着を持つ人の多さが、皮肉にも現在のピンチを招いているようです。
ただ、月~土曜の週6話を半年間放送する長丁場の朝ドラには、このような舞台と登場人物の変更はつきもの。そもそも変更にはネガティブな面よりも、「マンネリを避け、活性化させる」というポジティブな狙いがあり、制作サイドにとっては腕の見せどころです。
たとえば、朝ドラの前2作を振り返ると、『半分、青い。』と『まんぷく』は舞台の変更を繰り返しても、否定的な声こそあったものの、大きく視聴率を落とすことはありませんでした。『半分、青い。』は舞台が変わっても地元・岐阜の人々を絡めていましたし、『まんぷく』もヒロインの母や姉夫婦などのコアメンバーを頻繁に登場させるなどの工夫で、視聴者に“〇〇ロス”という寂しさを感じさせなかったのです。続きはこちら

今回のなつぞらの異変についてネットの反応は以下の様なものでした↓

スポンサーリンク


なつぞら 異変に対してのネットの反応

 

  • 一番の戦犯は咲太郎だと思うけどな。みんな、岡田将生には期待してたはず。あのキャラと残念なエピソードの連続に違和感を感じてしまった。なつも十勝にいたときのイキイキした感じが妙に無くなってしまったし。
    でも、アニメーター編はまた脇役含めて雰囲気変わったし、楽しみにしてます。
  • 北海道編も良かったのは子役時代で、すずちゃんに移ってからは、おじいちゃんやお兄ちゃんが良かっただけだからねぇ。一時期お母さんと北海道から東京に実兄を探しに行く週が急につまらなくなったのも予兆だったのかな、と思う。広瀬すずちゃんの演技のかったるさと熱量のなさがあまりにも酷いんだけど、そうさせてしまう脚本と演出と編集が何か…あるんだろうなぁ。ということで、5月までで挫折しました。
  • 1番は苦労が感じられないからだと思う。
    前作の『まんぷく』は3回も逮捕されたり、信用組合の理事長を辞めたり、騙されたりと苦労がかなり描かれた。
    BSで再放送されている『おしん』も1人の少女が苦労しながらも成長する話。
    『なつぞら』でなつの苦労が描かれたのは幼少期のみ。
    タイミングが悪かったのかも。
  • 出演者が変わったというよりは、人物設定がブレてなつや咲太郎に魅力が感じられなくなった。絵に対する思い入れもそんなに感じないのに上京、努力してる描写も少ないから特別待遇に見えてしまう。アニメの現場ってもっと厳しいと思ってたし、そこで頑張るなつを見たかったけど派手な衣装で髪も結ばない。正直、天陽くんや夕見子ちゃんのその後の方が気になる。
  • 戦後の混乱で屈折してしまったヒロインが
    北海道の豊かで雄大な自然と
    厳しくも優しく見つめ接してくれる人達との
    ふれあいで見事に立ち直り
    心の傷を癒やしてくれるきっかけとなった
    動物たちの窮状を見かね獣医を目指し
    戦争で生き別れになってしまった
    兄と妹と再開する……というありふれた
    朝ドラの王道話のほうが視聴者の
    好感を呼んだのではないでしょうか
    アニメーターになるという設定は
    一般の人達にはあまり馴染みのない
    業界ですからそういうところに光を当て
    ドラマにするという試みは
    素晴らしいと感じますが
    朝ドラの題材に取り上げるには
    奇をてらい過ぎたところが
    あったかもしれません
    それについていけないと感じた視聴者が
    離れていってしまったのでしょう
    視聴率の低下はこういう所が原因では
    ないかと思いますし仕方ないことなのかも
    しれないですね
  • なつの服をどうにかしてほしい
    アレはただのパンパンにしか見えない
  • スポンサーリンク


Copyright© 気になる最新ニュース速報 , 2019 All Rights Reserved.