芸能、企業、ニュース、雑学、ネタ etc..... 気になったネタをとりあげています。

気になる最新ニュース速報

前田敦子 魅力の『旅のおわり世界のはじまり』予告編動画はコチラ

投稿日:

女優の前田敦子さんの魅力を黒沢清さんが語った記事が話題になっています。

確かに前田敦子さんは女優としてバンバン映画に出ている印象ですよね!!
AKB卒業後も活躍している数少ない存在なのかもしれませんね〜そんな彼女の魅力ってなんなんでしょう??

 

コチラが前田敦子さんの魅力に関する記事詳細です↓

スポンサーリンク


前田敦子 魅力に関する記事

■「Film makers(映画と人 これまで、そして、これから)」第7回 黒沢清監督
カンヌ国際映画祭をはじめ、海外の映画祭でも高い評価を受ける日本を代表する映画監督・黒沢清。その名を世に知らしめた『CURE』(1997年)では連続猟奇殺人事件をテーマにしたサイコ・サスペンスを描くと、『トウキョウソナタ』(2008年)ではいびつな家族を、さらに『ダゲレオタイプの女』(2016年)ではオールフランスロケを敢行し、狂気的な恋愛ホラーを手掛けた。【場面カット】ウズベキスタンの街中を歩く前田敦子常に革新的な作品を送り出してきた黒沢監督。最新作『旅のおわり世界のはじまり』では、ウズベキスタンにロケに来た女性レポーター・葉子が、見知らぬ土地で放り出された不安のなか、新しい世界を切り開くための一歩を探すという物語を紡いだ。その葉子を演じているのが女優・前田敦子だ。以前から、前田の女優としての資質を高く評価していた黒沢監督が、改めて前田の魅力と共に、映画監督としての流儀を語ってもらった。
■前田敦子は若いのに他とは交わらない佇まいがある黒沢監督と前田のタッグと言えば、オリジナルで書き下ろした『Seventh Code』(2014年)がある。この映画は、第8回ローマ国際映画祭のインターナショナル・コンペティション部門で最優秀監督賞と最優秀技術貢献賞の2冠に輝いた。その後も『散歩する侵略者』に出演し、本作では、ほぼ全編出ずっぱりという役柄を与えた。「主演は前田敦子しかあり得ないなと思ったのは、かなり初期の段階からでした。今回の企画の話をいただいたとき、決まり事としてウズベキスタンで非常に有名なナヴォイ劇場という場所をどこかのシーンで入れるというものがありました。単なる観光客として訪れる設定なら出すのは簡単だったのですが、もう少し主人公に意味を持たせる場所にしたかった。劇場と言えば、演じるか歌うか……。そこで歌が歌える若手演技派女優と言えば、前田敦子だ! というところからはじまったと記憶しています」。

もう一つ、黒沢監督のなかでは、前田敦子という人物の特徴として、強く心に残っているものがあったという。それが“孤独”というキーワードだ。

「『Seventh Code』という映画でもご一緒したのですが、たった一人でポツンとしているのがとても似合う方だなと思っていたんです。ポツンという表現が正しいかわからないのですが、ひとりで生き生きとそこにいる。ある意味で誰とも交わらない。本人に聞くと『そんなことないですよ』と言うのですが、まだお若いのに、他の人とは全然違う存在感、佇まいを感じるんです。もちろんAKB48というグループにいて、他者との関係もしっかり築ける社交性を持っているはわかっているのですが、そのなかでも孤立した感じを醸し出しているのは、とても魅力的です」。

こうした佇まいは、ある年齢を経て備わるものだと黒沢監督は認識していた。男女を含めて20代でこの雰囲気を醸し出せる前田というのは、監督にとっては稀有な存在だったようだ。劇中、ウズベキスタンという右も左もわからない土地で、言葉も通じないなか、葉子は強烈な孤独感にさいなまれる。まさに“放り込まれた”環境のなか、閉塞感と憤りを見事に表現しているのは、黒沢監督が前田に感じている“孤独”な佇まいによるものなのかもしれない。

■禁欲的という評価から見る黒沢監督の映画的表現

35年以上のキャリアを誇るベテラン監督。これまで数多くの作品を世に送り出してきているが、本作は、ややサスペンス的な緊張感はあるものの、これまでの黒沢監督作品とは一線を画す。

「『新鮮な感覚があった』と言ってくださる方が何人かいたのですが、狙って新鮮なものを作ってみようと撮ったわけではないんです。ただ、ウズベキスタンというまったく未知の国で物語を考えたとき、自然と敏感になる部分があったのかもしれません。これだけいろいろなことを経験しているにも関わらず、初々しいとか若々しい映画だったという感想をいただくと嬉しいですね。まだ自分にもこうした感覚があるんだというのは驚きでもあり、映画ってやっぱりすごいメディアなんだなと思います」。

以前、クレール・ドニ監督とトークショーを行ったとき、黒沢監督は、自身が描くキャラクターは「禁欲的だ」と指摘されると話をしていた。映画における“禁欲的”の定義は難しいが、文字通り言えば「欲求や欲望を理性で抑える」ということになるが、確かに黒沢監督の描写には直接的な表現が抑えられているような気がする。そこには黒沢監督なりの映画表現に対する思いがあるというのだ。

「禁欲的だというのは大概がフランス人なんです(笑)。民族が違えば文化も違うじゃないですか。よく夫婦の描写で『なんで手を握らないんだ』というわけです。でも日本では夫婦が手を握らないで歩くことは別に不思議じゃない。ただそれだけの違いなんです」。

続けて、さらに深い部分へと話は進む。

「映画ってなにを映すかというのが、監督に突き付けられた大きな課題であるわけです。伝えたいことを効果的に表現するためには、どこを強調してどこを飛ばすか計算する必要がある。描写しないことで、想像力を高め、より観客の心にいろいろな可能性を残すことができるんです。描写してしまうとそれがたった一つの正解になってしまう。そういうことが効果的なシーンもありますが、省略することで豊かに膨らむことも多い。あえて肝心なところを省略することは、とても重要な映画表現のひとつだと考えています」。

前田敦子さんの魅力についてネットの反応はかなり厳しいものでした↓

スポンサーリンク


前田敦子 魅力に対してのネットの反応

 

  • 魅力?無いだろ?
  • 監督が好きなら、ずっとこの子を使えば良いんじゃない?
    見るか見ないかは客の自由だし。
  • すみません魅力あるの?
  • 歌える若手演技派女優っていったら
    普通は高畑充希が思い浮かぶと思うんですけど。
    彼女を選ぶかどうかは別の話だとは思うけど、
    前田敦子がファーストチョイスってのはないわ。
  • 残念ながら魅力を感じることが全くできません
  • 女優でご活躍でしたか。頑張ってくださいね。
    ごめんなさいね。
    お酔いになって抱っこされている写真以来、特にお見かけしなかったので・・・
  • どこがいいのかわかりません。何年か前本屋に行ったら水着で写ってる本がいっぱいありました。本音、いっぱいその本があるために自分は気持ち悪くなりました。最近整形して余計に嫌いになりました。

    普通にいていた方がまだいいのに。

  • 持ち上げるのが仕事の芸能マスコミって大変ですね…
  • この子、中の下でしょ。秋元さんのおかげ
  • せりふの棒読み演者、お世辞にも女優とは言いがたい・・・・
  • この女優さんの代表作は、
    DOCUMENTARY of AKB48。
  • なんかこの人のこういう無理やり盛り立ててる記事をたまーにみるけどさ・・・全然周りで話題にも登らないんだけどこの人の。絶賛する点も全くないし。代表作もないし。そもそもこの人、女優だったの?って感じがします。ただの田舎から上京してアイドルブームでたまたまAKBになれたただの一般人、ってイメージが強い。それ以降、なぁーんにも活躍してないよね。
  • 演技が上手いようには全然思わないけどな
  • この監督さんは随分褒めてるようだけど、この映画自体が前田さんのイメージに合っていたような気がします…。この人の演技云々はあるけど、やはりカリスマ性が強いと言った方が正しいんじゃないかな?この人は本当に運がいい人だし、周囲の環境にも恵まれてるよね…。
  • 女優なの?この人
  • あの話し方と声質がダメ!(・_・;
  • 前田さんは、一部の変わった男に人気があっただけで広く世間に才能を認知されてる訳では無い。昔はクラブAKBのナンバー1のキャバ嬢だったと言うだけ。
  • 全然女優としての魅力感じないけど、、上手いとも思わないし。
    地味な顔つきでちょっと暗そうな感じが、どこにでもいる普通な子に見えてぴったり当てはまる役が多いだけじゃない?
  • >“誰とも交わらない孤独感”媚びを売り続けて、  グループ→芸能活動  しているように映りますが。
  • AKB時代のことは殆ど知らず、辞めてから映画やドラマでちょくちょく見かける様になって、役を選ばず演る人って言う印象の中、毒島は結構いい芝居をしてた。
    嫌いな人は嫌いなんだろうが、広未も世間から散々叩かれ続けたがしっかり残ってるし、蜷川さんが評価してたこの娘もそんな感じで残ってくだろうって気がする。
  • こういうのは後から関係者が語って
    見る人も そう!それが言いたかったんだよ!
    わかってるねーと共感するもので
    まだ持たれてもないイメージを
    押し付けられても ? なんだがまぁごめんな
    本当のこと言うと
    ほとんど記事は読んでないんだが
  • 最初は好きでも嫌いでもなかったけど、
    柄本時生さんを自分で呼び出しておいて何も話さずただスマホをいじっていたってのを聞いた時から大嫌いになった。
    かまってちゃんなのはいいけど、呼び出しておいてそれはない。
    しかも付き合ってるわけでもない男性をそういう扱いってどうかしてると思う。
  • いくらか貰ってんの?
  • 大根だから誰とも交われないんだと思う。
    浮いてるんでしょ?

スポンサーリンク


【超絶劣化】大神いずみがオバサン化で別人みたい。糖尿病が原因か?【元巨人軍 元木の妻】 1

Time goes by .... 時はかくも無情なものです。なんかもう別人でびっくり。   大神いずみのその変貌ぶりに病気が原因との声も上がっています。さぞ旦那である元木大介さんも心配して ...

稲村亜美 筋トレ姿のインスタ画像が美しい....球速103キロ出す秘訣はこれ!? 2

衝撃特価!!数量限定 稲村亜美 2019 カレンダー CL-221 タレントの稲村亜美さんの美しい筋トレ姿が話題になっています!!   昨年左足首のくるぶしを骨折した稲村亜美さんですが、相変 ...

鳥居みゆき 余生の意味は35歳で死ぬから!? 3

鳥居ようちえん 卒園編 [ 鳥居みゆき ] お笑い芸人の鳥居みゆきさんがネットでのインタビューで自身の余生について語り話題になっています。 まだまだ若いはずの鳥居みゆきさんですが、何故そんな彼女が余生 ...

志尊淳 5歳当時の作文の本文画像はこちら!!昔の写真がワロタwww 4

走れ!T校バスケット部 [ 志尊淳 ] 俳優の志尊淳さんが5歳当時の作文を昔の写真と共にUPして話題になっています!!   野球のイチロー選手やサッカーの本田選手など、幼き頃に書いた当時の作 ...

木村沙織 3ショットの激かわインスタグラム画像が激変!? 5

木村沙織〜in Turky〜 フルコンプ102種 女子バレーの木村沙織さんが自身のインスタグラムに貴重な3ショット画像をUPしその可愛さがが話題になっています!! 全員180cm越えという、とんでもな ...

Copyright© 気になる最新ニュース速報 , 2019 All Rights Reserved.