芸能、企業、ニュース、雑学、ネタ etc..... 気になったネタをとりあげています。

気になる最新ニュース速報

スシロー 元気寿司 統合破談の真相は!?

投稿日:

スシローと元気寿司が統合する話が破談となりその真相が話題になっています。

 

1年半にわたって続けてきた協議だそうですが、よもや破談になるとは。。。。。

 

その理由は一体!?

 

記事では

 

”3社の間で国内市場における将来的なブランド戦略の違いやアジア地域における店舗展開方式の違いが明確となった。そこで、両社は経営統合するよりも、それぞれ独立したままのほうがメリットが大きいという結論に至った。”

 

っということで、独立性を維持した方が良いという理由だそうですね。

 

コチラがスシロー 元気寿司 統合破談に関する記事詳細です↓

スポンサーリンク


スシロー 元気寿司 統合破談に関する記事

 回転寿司チェーン「スシロー」などを運営するスシローグローバルホールディングス(以下、スシローGHD)は6月18日、神明HD及び元気寿司と締結していた資本業務提携契約を合意解約し、同契約に基づく資本業務提携を解消すると発表した。

【画像】「回転しない寿司」路線を進めていた元気寿司

スシローGHDと神明の子会社である元気寿司は経営統合に向けて、統合準備委員会を立ち上げ、協議を続けてきた。協議を開始した当初、スシローGHD、神明HD、元気寿司の3社は、国内市場で圧倒的な規模の企業に成長するとともに、海外市場を共同で攻略することを目指していた。背景には、消費者の節約志向が根強くなりつつあることに加え、少子高齢化による労働力減少、人件費の高騰、業種や業態を超えた顧客獲得競争の激化などがあった。

しかし、協議の結果、3社の間で国内市場における将来的なブランド戦略の違いやアジア地域における店舗展開方式の違いが明確となった。そこで、両社は経営統合するよりも、それぞれ独立したままのほうがメリットが大きいという結論に至った。

スシローはロードサイドを中心に成長してきたが、近年は東京進出に力を入れてきた。また、寿司居酒屋の「杉玉」も増やす予定だ。元気寿司はもともと海外進出に積極的で、国内では回転レーンがない「回転しない寿司」路線を歩んできた。

今回スシロー 元気寿司 統合破談についてネットの反応は以下の様なものでした↓

スシロー 元気寿司 統合破談に対してのネットの反応

 

  • 最近はどこも似たようなものではないですかね。
    個人的には、スシローの方が美味しいとか、くら寿司の方が美味しいとか地域にもよると思います。
    方針の違いとか正直どうでもいい気もしますね。
    例えば日産とルノーやASECコイン、Tモバイルとかの
    統合問題の方が話題性もあるし、個人的には気になります。
  • 自分の行ってる店だけかもしれんが
    スシロー味落ちた。
    値段があがるのは仕方ない部分あると思うが
    値段あがって味が落ちるんじゃ行く気なくすわ
  • 子供たちはやせ過ぎた機械寿司を喜んでいるけれど板に重々しく乗っている握りを重たい湯呑であがりをすすりながら食べたい時があるな。
  • ここ最近はスシローやくら寿司より元気寿司グループの魚べいによく行く。店舗数は少ないが魚べいはもっと評価されて良いと思う。
  • ファンだったので株主優待で食べに行くのを楽しみにしていたが、最近の味の低下に愕然。
    株券は処分しました。好きな会社に微々たる額ですが投資していたけれど、今は応援する気もない。
  • 自分で山手線全駅にスシロー出すということか(笑)今は4駅だけ。
  • スシロー味落ちたと叩く意見が多いですが、背景には中国が沢山魚を消費するようになったために、世界中で魚が高騰しているという現実があります。
    記事にあるように今度回転すし業界は生き残りのために海外展開を進めるしかないが、その戦略の違いで揉めたのでしょう。
  • これは正解。個人的には、元気寿司の魚べいが、レーンが無い「回転しない寿司」になってから、お気に入り。味もスシロー、はま寿司、くら寿司より美味いと思うのだが。

スポンサーリンク


Copyright© 気になる最新ニュース速報 , 2019 All Rights Reserved.