芸能、企業、ニュース、雑学、ネタ etc..... 気になったネタをとりあげています。

気になる最新ニュース速報

多部未華子 働き方が秀逸でワロタwww

 

女優の多部未華子さんの働き方が凄いとネットで話題になっています。

 

日本人の労働環境については兼ねてから色々と議論を呼んでいますよね!!

 

そんなか女優とし活動している多部未華子さんの働き方に色々と学ぶことも多いのでは!?っという記事によると彼女は

 

  • 仕事での人間関係には必要以上の興味を持たない。
  • 仕事とプライベートはしっかり分ける。
  • やりたいことしか、やらない。

 

っという昭和のおじさん世代には理解されなそうなものでした。w

 

 

けどコチラの働き方の方が現代人にマッチしているのかも??

 

コチラが多部未華子 働き方に関する記事詳細です↓

スポンサーリンク

多部未華子 働き方に関する記事

 「やりたいことしかやりたくない」「仕事相手に必要以上の興味を持たない」「プライベートと仕事はしっかり分ける」――。女優・多部未華子は仕事へのスタンスについてそう語る。2002年に女優デビューし、キャリアはすでに17年を数える彼女。2019年には現在発表されているものだけで合計5本の映画、ドラマ、舞台とオファーは絶えない。今年30歳を迎えた多部が、自身の仕事観を率直に語った。

【写真】今年30歳の“たべちゃん”多部未華子 笑顔がかわいいフォト集(10枚)

■2年ぶり連ドラは「毎日大変」

「毎日大変です(笑)」。明るく笑いながら明かすのは、多部が主演を務めるドラマ『これは経費で落ちません!』(NHK総合/毎週金曜22時)の撮影のこと。多部演じる石鹸(せっけん)メーカーに務めるアラサー経理部員・森若沙名子をヒロインに、ワケあり社員たちとの人間模様をコミカルに描くお仕事ドラマだ。

連続ドラマの主演を務めるのは2年ぶり。「連ドラは、たくさんするわけではないので、久しぶりだと本当に大変。単純に朝が早いことや、演じる場面が多いのでセリフと戦っていなければいけないし、セリフがなかったらなかったで今度は睡魔と戦わなければいけないんです(笑)」。とこぼしながらも表情は明るい。

■仕事での人間関係には「必要以上の興味を持たない」

多部演じる沙名子は、仕事ぶりは優秀。マイペースを崩さないよう、会社の人とは適度な距離を置き、「職場でいい人間関係を保つのも仕事のうち」とつぶやく。会社で働く人々にとって、大きな悩みのひとつが人間関係だろう。女優という仕事も、大勢のキャスト、スタッフとの協働作業。仕事での人間関係について意識していることについて尋ねると、「興味を持たない」ことだと言う。

「この人何をしてるのだろう、どういう人なんだろうと深く考えないですね。作品が円滑に楽しく、お互いに不快な気持ちにならないよう、深入りをせず、逆にされたいような素振りもしていないと思います(笑)。そういう意味では(自身が演じる)森若さんに似ていると思います。興味を持たないようにといいますか、人とあまり深く付き合わないといいますか」とあっけらかんと語る。

ただ、それはあくまで仕事上でのこと。プライベートでは「違う職業の人に会うと、いろいろな興味が湧きます。外国に行ったときには、そこで友達になったりします」と積極的な一面も見せる。

■仕事とプライベートは「しっかり分けます」

仕事はしっかりとこなしながらも、プライベートに仕事は持ち込まない主義のヒロイン。多部自身もプライベートと仕事は「しっかり分けます」ときっぱり。

「こんなこと言ったらあれですけど…」と前置きした上で、「仕事のことは終わったら忘れます。忘れる能力がとても高く、例えば映画の撮影をして、1年後に取材を受けたとき、本当にまるっきり忘れてしまっているときがありますね(笑)。そのくらい、終わると一区切りをつけます」とすがすがしく、さらりと言ってのける。

■「やりたいことしか、やりたくない」変わらない思い

仕事相手と適度な距離感を保ち、仕事とプライベートは分ける…これだけ見ると、少しクールな印象を受けるかもしれないが、ずっと変わらない気持ちがある。それは「やりたいことしかやりたくない」という思い。

「昔からやりたいことしかやりたくないという気持ちはずっと変わらずやってきて、30歳を過ぎてもそれは変わらないですね」。

だが仕事である以上、それはなかなか難しいことでもある。しかし今年30歳を迎えたことで少し気持ちに余裕が出てきたという。

「30代になると女の人は楽になると言いますけど、よく分かります。あまり焦っていないというか…前より気持ちが楽になったような気がします。以前ある女優さんに『やりたくない仕事でもやりたい仕事のためにやらなきゃいけない』と言われ、とても心に響いたのですが…今はやりたくなかったら、やらなくてもいいのではないかという気持ちになってきたりもしています」。

ドラマの中にもさまざまな働き方が登場し、世の中でも“働き方改革”が叫ばれている昨今。最後に“働き方改革”に対する意見を聞くと、「どうなのでしょう…」と少し困りながらも「役者にもあったらいいのにと思います。何時からは働いちゃいけない、みたいな」と笑う。昨年は20代最後の年だからと目一杯働いた。今年も忙しい日々が続く。「あともう少しドラマを頑張れば、気持ちに余裕ができると思います」。(取材・文:編集部 写真:松林満美)

ドラマ10『これは経費で落ちません!』はNHK総合にて毎週金曜22時放送。

今回の多部未華子 働き方についてネットの反応は以下の様なものでした↓

スポンサーリンク


多部未華子 働き方に対してのネットの反応

 

  • 昨夜のドラマ1話2話共にテンポがあって、
    クスッとした笑いあり
    昔の職場の優秀な先輩を思い出し、どこか重ねて楽しんで見てます
  • このドラマ面白いし
    次の「私押し」も 今の世風が刺さるドラマで見ている
    このクールNHkドラマは良いみたい
    それと 多部ちゃん美人だね
  • 爽やかなイメージの女優さんです。鹿男に出てた頃は痩せてましたね。
  • 当たり前だけど、それが一番!
  • そりゃ、プライベートと仕事、分けるだろうね。
  • 多部ちゃん、年齢増すごとに味のある役者さんになられましたね。「これは経費で落ちません!」見てます。はまり役ですよね。来月公開予定の三浦春馬くんとの映画も楽しみにしています。これからも応援しています。
  • 朝ドラのヒロインから随分と大人になって綺麗になりました。鹿女、ギャル刑事、コミカルから鎌倉のあの演技まで可愛いから綺麗な落ち着いた女性までとても好感が持てます。すきですね
  • 深夜食堂最高でした!
  • 多部ちゃんのしかめっ面と笑顔のギャップが大好き
    可愛いなぁ
  • 多部ちゃん可愛くてずっとファンです!
    このドラマは森若さんの部屋も可愛いし、
    自炊も勉強になるし、重岡くんもいつもより真面目な顔が見れるし笑 うさぎは追うなは、自分の社会生活で役に立てたいと思いました。
  • 多部ちゃん大人になったなあ、、、。
    「これは経費で落ちません」は題名が面白そうだったので買って読んだ事があるけれど面白いと思わなかった(まさかドラマ化されるとは)。
    よっぽど脚本と出演者がいいんだなあ、、、。
  • あの、玉木宏と出てた鹿のドラマの時はまだ10代か!?時が流れるのは早い(笑)
  • 多部未華子=NTNのCMのイメージが
  • 昨日たまたま、これは経費で〜のドラマ見たら面白かった。実直な役柄をリアルに演じていたからさすがは女優さんだなぁ、と思った。
    真面目顔からの作り笑顔でインタビュー受けるシーンは凄く面白かった! これからも見ます。
  • 「これは経費で落ちません」
    多部ちゃんが主演と聞いて、1話からばっちり観ました!
    経理部をドラマの舞台にする発想が面白いし、多部ちゃんの演技は昔から好きなので、安心して見ていられます。
  • 多部ちゃんかわいい、ドラマも観ます
  • 『浪花少年探偵団』もいいドラマだったなあ。
  • 30歳記念公演いきました。
    ちょっと(かなり)天然で面白いし顔小さくて可愛かったし最後至近距離で見送りしてくれてうれしかった!
  • たべちゃんもそろそろ幸せ掴んで欲しい。
  • 美脚女優
  • この子美人じゃないのに可愛い。
  • なんてなめらか〜で女の子からキックされるCMが好き。
  • 素敵な女性。不思議な魅力はどこからくるのでしょう。
  • 『これは経費で落ちません!』たまたま見て釘付けになりました。
    珍しくとても軽やかなテンポでありながら、色々な要素がぎゅっと詰まっていて、主人公のように自分を大事にしつつテキパキできたらなぁとも思います。経理部を舞台にするという発想も面白い(^^)多部さんの声が綺麗で聴き入ります。

スポンサーリンク


Copyright© 気になる最新ニュース速報 , 2019 All Rights Reserved.