芸能、企業、ニュース、雑学、ネタ etc..... 気になったネタをとりあげています。

気になる最新ニュース速報

イチロー 草野球デビューのチーム名は!?初戦はいつどこで??

イチローさんが草野球デビューすることが判明して話題になっています。

 

なんとあのイチローさんが草野球界に参戦するって本当??

 

うん。イチローさんがオーナー兼監督兼エースを務めるチームで、名前は「KOBE CHIBEN」だってさ!!

 

 

なんか超豪華なチームになりそうですね・・・・初戦はどこでいつやるの!?

スポンサーリンク


イチロー 草野球デビューの初戦は神戸総合運動公園野球場(ほっともっとフィールド神戸)

 

日程についてはまだ明らかにされていないけど、草野球チーム「和歌山智弁」と初戦をここで戦うことになるんだってさ。しかも今後は草野球界を盛り上げていきたいって抱負を以下のように語っていたよ。↓

イチローの草野球にかける思い

僕は草野球でもしょうもないグラウンドでやりたくない。だから将来的にはリーグをつくりたい。全国から集まったチームが神戸で決勝戦をやる。草野球だって立派な野球。その人口が増えるのは野球界にとってマイナスではない。子供たちを連れてきてもいいし、僕のプレーが見られたらということもあるじゃないですか。いろいろな可能性がある

 

野球界のレジェンド的な存在のイチローさんがこれから草野球界を盛り上げていくことは間違いないね。

 

コチラがイチローの草野球デビューに関する記事詳細です↓

スポンサーリンク


イチロー 草野球デビューに関する記事

 今年3月にマリナーズで現役を引退したイチロー氏(45=現マ軍会長付特別補佐兼インストラクター)が今オフ、草野球デビューすることが16日(日本時間17日)、分かった。同氏がスポニチ本紙の取材に明かしたもので、現役時代に自主トレをサポートしてくれた友人たちとチームを結成。ほっと神戸で智弁和歌山の関係者チームと対戦する。また、将来的には草野球リーグを設立したい考えも明らかにした。(シアトル・笹田幸嗣通信員)

シアトルで14日に「引退セレモニー」を行ったイチロー氏の新たな戦いの舞台となるのは草野球だ。「もう一度、純粋に楽しい野球がしたい。ある程度、プロの世界でやった人間、時間をかけて結果を残してきた人間はみんなじゃないと思うけど、そこに戻りたいという人は結構いると思う」。そう語るイチロー氏の目は少年のように輝いていた。

自らオーナー兼監督兼エースを務め、現役時代に神戸市内での自主トレをサポートしていた友人らで構成される。野球経験者もいるが、ほとんどは素人で「今、ルールブックを買って勉強している人もいる」と言う。チーム名は「KOBE CHIBEN」。始まりは、今夏甲子園でも星稜と激闘を繰り広げた高校野球の名門・智弁和歌山との縁だ。

昨年11月、自主トレの拠点としているほっと神戸で行われていた近畿大会の明石商戦をたまたま観戦し、ブラスバンドを中心とした応援に感銘を受けた。その話が知人を通じて学校側に伝わりイチロー氏が同校の藤田清司理事長へのあいさつを兼ねて訪問。12月にはブラスバンドが、自主トレに駆けつけて魔曲として有名な「ジョックロック」などの演奏を披露してくれた。

記念すべき初戦の相手は、藤田理事長がイチロー氏と対戦するためにつくった教職員を中心とする草野球チーム「和歌山智弁」。「初めての試合はそことやりたいと。ユニホームは白地にハイネックで、僕がデザインしました。格好いいですよ。僕らのチーム名に漢字を使わないのは、相手方への敬意です」。軟式球を使用し年内にほっと神戸で行われることが決まった。

イチロー氏の夢はそれで終わりではない。「僕は草野球でもしょうもないグラウンドでやりたくない。だから将来的にはリーグをつくりたい。全国から集まったチームが神戸で決勝戦をやる。草野球だって立派な野球。その人口が増えるのは野球界にとってマイナスではない。子供たちを連れてきてもいいし、僕のプレーが見られたらということもあるじゃないですか。いろいろな可能性がある」

純粋に野球を楽しみたいという思い、そして日本球界への恩返し。日米通算28年間、計り知れない重圧や前人未到の記録と闘ってきたイチロー氏の野球人生第2章が今オフ、幕を開ける。

≪中学校まで軟式野球でプレー≫イチロー氏は中学校までは軟式野球でプレーしてきた。小学3年から豊山町スポーツ少年団に入団。豊山中でも中学校の野球部でプレーし、3年ではエース兼3番として全日本少年軟式野球大会で3位に輝いた。愛工大名電に進学後、本格的に硬式野球に転向している。毎年オフには故郷の愛知県豊山町に戻り、「イチロー杯争奪学童軟式野球大会」の閉会式に出席することも恒例行事となっている。

▽イチロー氏の草野球発言 3月21日のアスレチックス戦(東京ドーム)後の引退会見で「将来はまた楽しい野球をやりたい。例えば草野球。プロ野球でそれなりに苦しんだ人間じゃないと、草野球は楽しめないのではないかと思っているので。これからはそんな野球をやってみたい」と語った。また、野球選手でない自分を想像できるかと問われ「違う野球選手になってますよ、多分。(草野球を)楽しくやって、きっと草野球を極めたいと思うんでしょうね。真剣に草野球をやるという野球選手になるんじゃないですか」とも話した。

新たなイチロー伝説が草野球界から始まる・・・!?
今回のイチローの草野球デビューについてネットの反応は以下の様なものでした↓

スポンサーリンク


イチロー 草野球デビューに対してのネットの反応

 

  • 『プロ』野球選手は引退しても、イチローにはこれからもずっと楽しそうに野球をしていてほしい
  • イチローと智弁和歌山は珍しい組み合わせだな
  • 相手チームにイチローがいるってわかっただけで勝てるきがしない(笑)
  • 引退しても神戸への思いが強いことに感銘しました。
  • 「しょうもないグラウンド」でやるのが草野球なんだよ!
  • これ、ほんとにすごいことだと思う。
    あのイチローが最終的に素人ばかりの
    草野球って。しかもリーグを作りたいって。
    根っからの野球少年。応援します。
  • 草野球全国大会もうあるよね?地域リーグも。早起き野球とか。硬式もあったような。
  • いいことだな
    草野球でも本気でやるのがイチローぽい
    草サッカーも誰かやるべき
  • Youtuberイチロー爆誕かも。
  • ほんと野球すきやねー
  • ホームはほっともっと神戸でしょうかね。使用料はそんなに高くない球場です。
  • プロを極めた男が草野球を極めに行く
    逆だろう!と突っ込み入れたくなるがイチローらしい
    余生は野球を楽しみたいんだろう
    ただ草野球にもプロに鼻から行く気なかったが趣味でやりたい
    で凄い選手もいるから、対決楽しみ!
  • なんか泣きそうな気分。
    極めた人も極めるまでは
    いかなかった人も、同じ
    思いがあると思います。
    だから、自分の子供が
    たまたま同じスポーツを
    選んだ時には半端ない
    応援をし、むしろ子供より
    ものめり込んでしまう!
    種目は違えども、イチロー
    さんの活動に注目します。
    形は違えども、日本での
    活動にも喜びが隠せない!
  • 楽しんでのびのびやってる感じがする
  • イチローチームの草野球を観戦したい!
  • 一球団の幹部になるより、野球の普及のために、アドバイザーとしていたほうが、イチローさんっぽいかな。
  • 観客席は満員御礼だな。
  • 「草野球」という響きがいいよなぁ。青空と、芝生と、木製バットの乾いた音が聞こえてくるようだ。
  • 野球を心から愛し、野球に愛される男。カッコいいの一言
  • 入場料5000円でも満員御礼になるんだろうけど、関係者以外入れなくして純粋に野球を楽しむんだろうね。
  • 私も草野球チームに入れてください!
  • スポンサード契約を結べば都市対抗野球も見えてくる。オリックスが名乗り上げそうだが…
  • 永遠の野球少年!かっこいいなー
  • 確かにイチロー選手が出るなら草野球でも観に行きたいわ。

スポンサーリンク


Copyright© 気になる最新ニュース速報 , 2019 All Rights Reserved.