芸能、企業、ニュース、雑学、ネタ etc..... 気になったネタをとりあげています。

気になる最新ニュース速報

内田也哉子 絶句の手紙の内容が泣ける.......

投稿日:

内田也哉子 絶句が話題になっています。

 

内田也哉子さんが父、内田裕也さんの手紙の内容に絶句した過去を明かし注目を集めています。

 

コチラが内田也哉子の絶句に関する記事詳細です↓

スポンサーリンク


30日に都内で開かれた樹木希林さんの葬儀では、最後に長女の内田也哉子さんが、父で喪主の裕也さんに代わってあいさつをした。

結婚するまでの19年間、母と2人きりの家庭だったと振り返り、「そこにまるで象徴としてのみ君臨する父でしたが、何をするにも常に私たちにとって大きな存在だったことは確かです。幼かった私は不在の父の重すぎる存在に押しつぶされそうになることもありました」と明かした。

「ところが、困った私がなぜこういう関係を続けるのかと母を問い詰めると、平然と『だってお父さんにはひとかけら、純なものがあるから』と私を黙らせるのです」とも振り返った。

永遠にわかりようもないミステリーだった母と父の関係。だが、也哉子さんは数日前、書庫にある母の本棚にあった小さなアルバムの中から、ロンドンのホテルの色あせた便箋(びんせん)を見つけた。裕也さんから、樹木さんがまだ悠木千帆と名乗っていた頃のエアメールだったという。

「結婚1周年は帰ってから二人きりで祝おう」と始まり、「裕也に経済力があればもっとトラブルが少なくなるでしょう。おれの夢とギャンブルで高価な代償を払わせていることはよく自覚しています。つきつめて考えると、自分自身の矛盾に大きくぶつかるのです」と心境を吐露していた。

「早くジレンマの回答が得られるよう祈ってください。落ち着きとずるさの共存にならないようにも」。手紙は「飯、このやろー、てめー、でも本当に心から愛しています。1974年10月19日ロンドンにて 裕也」と締めくくられていたという。

也哉子さんは「今まで想像すらしなかった。勝手だけれども、父から母への感謝と親密な思いのつまった手紙に、私はしばし絶句してしまいました。普段は手に負えない父の混沌(こんとん)と苦悩と純粋さが妙に腑(ふ)に落ち、母が誰にもみせることなく、それを大切に自分の本棚にしまってあったことに納得してしまいました」「そして長年心のどこかで許しがたかった父と母のありかたへのわだかまりがすーっと解けていくのを感じたのです」と語った。

引用元:希林さん、本棚にしまった夫の手紙 絶句した也哉子さん


っという事で内田也哉子さんが絶句した内田裕也さんから樹木希林さんへ送られた手紙の内容は

 

「今度は千帆(樹木さん)と一緒に来たいです。結婚一周年は、帰ってから2人きりで。この1年、いろいろ迷惑をかけて反省しています。裕也に経済力があれば、もっとトラブルも少なくなるでしょう。俺の夢とギャンブルで高価な代償を払わせていることは、よく自覚しています。メシ、この野郎、テメェ。でも、本当に心から愛しています」

 

というなんとも内田裕也さんらしいものですね。。。。

 

今回の内田也哉子の絶句についてネットの反応は以下の様なものでした↓

スポンサーリンク


ネットの反応

素敵な弔辞。。。泣けてきました。

 

故人の残した言葉をジグソーパズルのように組み立てて、生前の
母親の像を参列した人々の脳裏に浮かびあがらせる語りの能力は
異能の人ですね。やはりご両親からただならぬ才能を受け継いで
おられる。

 

この家族そのものが寺内貫太郎一家みたいだな。

 

樹木希林さんばかりが
クローズアップ、称賛されるが、
本木さんが素晴らしいと思う。

 

10年以上前、伊豆旅行の帰りに駅の売店で祐也さんに遭遇、駅のホームに希林さんと也哉子さんとお子さん達もいました。私も両親と子供と夫抜きの旅行で。ローカルなホームに私の家族と希林さん家族だけがおり、軽く会釈したら会釈し返してくださいました。
電車を待つ間、希林さんが祐也さんとお孫さんとの写真をたくさん撮っていらしたのが今でも思い出されます。
奇妙な家族だったのかもしれませんが、愛で繋がってたのでしょうね。

 

希林さんは何より
家族を大切にして来られたんですね。
こんな素晴らしいおくりびと達に見送られ
最期まで主演に引けを取らない
美しい去り際でした。

 

家庭の中のことは外部から見るイメージとは違う事が多いけど、也哉子さんが語ることが赤の他人で詳しくもない私の持つ印象とこんなにも同じであることに驚く。
モックンのような人と結婚して本当に良かったですね。内田裕也さんがこの先彼らに迷惑をかける事がないよう心から祈ってます。私も樹木さんの言葉を心に仕舞わせて頂きます。

 

素晴らしく素敵な感動的な挨拶です。
言葉も軽い人間には出てこない言葉、表現技法で、人間性が表れていますね。
もっくんが惚れた理由がわかりました。

 

おかんで始めて也哉子さんを見た時、なんと素敵な女性だろうと思いました。破天荒なだんなを持ちながら大切に子育てしてこられた証?かと思いました。
真にあるご両親の愛情に触れられて、本当に良かったです。

 

凄く頭が切れる女性なんですね。也哉子さんは
作家にでもなればいいのに

 

也哉子さん、聡明でユーモアもあり素敵な女性だと思います。文章も美しくて沁みる弔辞ですね。歪な形の家族だったのかもしれないけど、唯一無二で激しくて純な人たちの集まりなんだなぁと思う。樹木希林さん、女優としてだけじゃなく、存在自体が強く濃く残る人でした。ご冥福をお祈りします。

 

世間一般からしたら理想の夫婦とは程遠いんだろうけど樹木希林さんだからか、、この家族にしかできない、素敵としか思えない関係です。もっくんも素晴らしい(>_<)樹木希林さんは大好きな女優さんだったので亡くなったニュースを見たときはすごく残念だったけど、その後が樹木希林さんが残した言葉やご家族のエピソードが悲しくさせないニュースばかりで樹木希林さんの偉大さを感じます。ずっと大好きですありがとう樹木希林さん。

 

お嬢様の弔辞からすべて拝察できました。
この娘にしてあの母あり。
樹林さんが偲ばれてなりません。
モックンもよく決断してくれた。
内田家は安泰ですよ。
故人のご冥福お祈り申し上げます

 

也哉子さん、流石に素晴らしい弔辞です。本木さんの懐の深さも凄いなぁ。
愛とか家族ってなんなんだろう。人と比べず面白がって平気で生きる…か、凄い言葉だな。

 

非常に良質なエッセイを読んだような弔辞ですね。
外からは到底わからないほどの難しい不思議な家族のようですが、しっかり愛情がある、その要に樹木希林さんはいらっしゃったのですね。

スポンサーリンク


Copyright© 気になる最新ニュース速報 , 2019 All Rights Reserved.