芸能、企業、ニュース、雑学、ネタ etc..... 気になったネタをとりあげています。

気になる最新ニュース速報

小西美穂 婚活ノートの真相がヤバい。。。。

投稿日:

小西美穂 婚活ノートが話題になっています。

 

小西美穂さんが40代になってから始めたという婚活ノートの内容が注目を集めています!!

 

婚活ノートって,,,,,一体なんなんでしょうか^^;??

 

コチラが小西美穂さんの婚活ノートに関する記事詳細です↓

スポンサーリンク


小西美穂 婚活ノートの詳細

報道番組「news every.」に出演中の日本テレビ解説委員の小西美穂さん。順風満帆にキャリアを築いてきたように見える小西さんだが、40代に入ってから仕事に行き詰まりを感じ、恋愛・結婚でも悩みを抱えることに。そのモヤモヤから抜け出すきっかけが、自分磨きノート。これは後に本気の「婚活」につながる「婚活ノート」にもなった。

◇  ◇  ◇

――小西さんは40代をどのように迎えられたのですか。

私が40代を迎えたころ、仕事も恋愛もうまくいかず、「暗いトンネル」の中にいました。20代からひたすらにがむしゃらに仕事に打ち込んできて、いつの間にか恋愛から距離ができていました。そして、40代に入り仕事で行き詰まったときにハッと気付けば一人ぼっちでした。「結婚したくないわけじゃないけれど、結婚できない」という話をよく聞きますが、そんな気持ちでした。

結婚したいけれど彼氏ができない。出会いがない。付き合っても続かない。いろんな悩みがありますが、結果にはすべてに理由があるものです。「なぜ私は結婚できないのか?」と真正面から向き合ったことが、私にとっては、自分が変わる第一歩になりました。

自分が結婚できない理由を分析するなんて、ハッキリ言って、つらい作業です。目をつぶって逃げたくなります。でも、覚悟を決めて、一度真剣に向き合ってみると、状況が変わったんです。私が実践したのは、女友達を巻き込んで、正直な助言を募集すること。その最初のきっかけをつくってくれたのが、学生時代に打ち込んだラクロス部の他大学の後輩です。

■女友達からの助言で始まった本気の「自分磨き」
偶然、東京で再会した彼女に自分が今置かれている状況を洗いざらい話し、弱みもさらけ出しました。「私なんて40過ぎて彼氏もおれへんし、番組に出てるというたって、こんなんでええんかなーっていつも思ってるねん……」と。すると、隣に座っていた彼女の目がキラリ。何、何? どうした? と面食らっている私の前で彼女は勢いよくしゃべり続けました。今はジュエリーを売っているが、美容全般に興味があり、かつては有名メークブランドで美容部員もやっていたので、女性として小西美穂を徹底的に磨き上げて、人生を好転させる手伝いをしたいというのです。

思えば、私は記者として政治や司法の取材をし、それなりに世の中を分かってきたつもりでしたが、美容やファッションといった自分磨きの分野については全くの未開拓状態でした。何をどう身に着ければ自分がより魅力的になるかについて、真剣に考えたことすらなかったんです。そこで「とにかく私に任せてください!」という彼女の言葉を素直に信じてついていこう、と決心。これが、以降1年ほど続く私の自分磨きキャンペーン、「ジブン大会」の始まりです。

――「婚活」というより、まず「自分磨き」に取り組んだのですね。

はい。まずはずっとサボってきた「自分磨き」に専念し、自分がどこまで変われるかをとことん追求してみることにしました。それに「大会」と名付けることで、自分が主人公になり、やる気が湧いて前向きな気持ちになりました。ポイントは楽しむこと! 自分一人だけでストイックにやるのではなくて、女友達を巻き込んでお祭り気分で楽しむんです。自分磨きのために買い物に行ったり部屋を整えたりすることで、寂しさや憂鬱も少しずつ充実の時間に変わっていきました。

何より、大事なのは周りの力を借りることでした。これまでの自分流のやり方ではうまくいかないのですから、周りの意見を積極的に取り入れなければ、よくなるわけがありません。私も素直に受け入れる心の態勢を整えました。そして、メーク、ファッション、インテリアなど「その道に詳しいプロ(セミプロ含む)」を探してアドバイスを受ける、という行動を短期集中的に徹底してやっていったのです。

.....続きはコチラ

引用元:日テレキャスターの婚活ノート 40代自分磨きルール


今回の小西美穂 婚活ノートについてネットの反応は以下の様なものでした↓

スポンサーリンク


小西美穂 婚活ノートについてネットの反応

女性が35歳までしか需要がないのはそれ以上は高齢出産になるから
結婚相手も現れるとしたら
子供はいらない人か
バツイチの子持ちの方でしょうね

 

会社でも独身30代後半、40代女性達はなんか悲壮感漂ってるかな。
逆に男は独身の方が若いしイキイキしてるw

 

この人個人はすごいと思うけど、世間の結婚できない子ちゃんは、こんなに頭も良くないしエネルギーないからなあ…。
「男で人生すべて決まるから妥協できない」
「いい男がいても役に立てない絡めない」
のジレンマプラス、若い時に身体目当ての男に遊ばれたトラウマで、思考停止しているうちにはや40、みたいな。

 

恋愛と結婚は勢いでするものです
その勢いがなくなるのが40代です
独身で40代は癖の塊のような年代です
無垢な自分に戻るには相当な覚悟と勢いが必要である

 

年令が高くなってからちゃんと駄目だししてくれる人は大事にしたいですよね。
それを受け入れる度量も必要ですし
縁が無いのを周りのせいにする人は未だに若い頃と同じ事してる

 

知識半分、経験半分やと思うな
そこまでストイックなら2回くらいは失敗しとかないとあかんやないの?

 

この女性は素材が良いからメークもファッションも今風を自分のものにでき良縁も掴んだけど、成功法しか書かれていないからなぁ。
ご縁を手繰り寄せられなかった場合の、男女の心の持ちようも記事に盛り込んでいてもらえたら尚良かったかも。

 

>"美容やファッションといった自分磨きの分野については"
「自分磨き」なるものが内面を磨くのではなく、
見栄を張る事だと考えてる時点で終わり。
結論、日本の女は馬鹿。
一刻も早く女から参政権を取りあげろ。

 

この人は真面目だろうけど、結婚できないひとは性格的に何かある場合が多いし、そこに向き合うことがまずない
この人は結婚できないんじゃなく、高嶺の花過ぎただけでしょ
自分の知り合いで50近くて結婚できない男女はみんな何だか変
話してて疲れる人も多いし、人にあわせてもらうのが当たり前だの、昔周りに異性が多かった時代の亡霊に未だに取り憑かれてる感じ
環境も年代も違うから関わらないんだけど、結婚以前に自分自身に向き合わないやつはダメだね

 

とりあえず25歳くらいで結婚して、子供は2人くらいつくらないと。
老後は誰に面倒みてもらうのでしょうか??
こういうコメントすると必ずバッシングくるけど、現実を見ないとね。

 

やっぱり先ずは外見。中身が良くても、外見がよくなきゃ中身を見てもらえないし。

 

自分磨きとしては納得する。
しかし、
ルックスさえ良ければ結婚出来るってこと?
違うと思うけど・・・・

 

同世代。
ガチャガチャした印象あるが、
なぜか憎めない。
励みになるし、幸せになって欲しい。

 

分かります。
私も婚活辞めて、自分のスキルを磨くことをしてたら出合いがあった。
スキルの方も実を結び、2つのものを手に入れられた。
たとえ彼ができなくても、スキルは身に付くのだから、試して損はないかも。

 

素敵な人の周りには、的確にアドバイスしてくれる、頼れる友人がいるという例ですね。
中年になると、自分の型ややり方に満足し、これでいいんだと頑固になり、新しいものを取り入れたり耳を傾けるのが嫌とか、視野が狭くなる人が多いと思います。
私も素直に人の意見を取り入れてみようと思います。

 

スポンサーリンク


【超絶劣化】大神いずみがオバサン化で別人みたい。糖尿病が原因か?【元巨人軍 元木の妻】 1

Time goes by .... 時はかくも無情なものです。なんかもう別人でびっくり。   大神いずみのその変貌ぶりに病気が原因との声も上がっています。さぞ旦那である元木大介さんも心配して ...

稲村亜美 筋トレ姿のインスタ画像が美しい....球速103キロ出す秘訣はこれ!? 2

衝撃特価!!数量限定 稲村亜美 2019 カレンダー CL-221 タレントの稲村亜美さんの美しい筋トレ姿が話題になっています!!   昨年左足首のくるぶしを骨折した稲村亜美さんですが、相変 ...

鳥居みゆき 余生の意味は35歳で死ぬから!? 3

鳥居ようちえん 卒園編 [ 鳥居みゆき ] お笑い芸人の鳥居みゆきさんがネットでのインタビューで自身の余生について語り話題になっています。 まだまだ若いはずの鳥居みゆきさんですが、何故そんな彼女が余生 ...

志尊淳 5歳当時の作文の本文画像はこちら!!昔の写真がワロタwww 4

走れ!T校バスケット部 [ 志尊淳 ] 俳優の志尊淳さんが5歳当時の作文を昔の写真と共にUPして話題になっています!!   野球のイチロー選手やサッカーの本田選手など、幼き頃に書いた当時の作 ...

木村沙織 3ショットの激かわインスタグラム画像が激変!? 5

木村沙織〜in Turky〜 フルコンプ102種 女子バレーの木村沙織さんが自身のインスタグラムに貴重な3ショット画像をUPしその可愛さがが話題になっています!! 全員180cm越えという、とんでもな ...

Copyright© 気になる最新ニュース速報 , 2019 All Rights Reserved.