芸能、企業、ニュース、雑学、ネタ etc..... 気になったネタをとりあげています。

気になる最新ニュース速報

致道博物館 神対応のぬいぐるみ画像がヤバい....

致道博物館 神対応が話題になっています。

 

山形県にある致道博物館の落し物に対する神対応が注目を集めています!!

 

コチラが致道博物館の神対応に関する記事詳細です↓

スポンサーリンク


致道博物館 神対応の詳細

山形県鶴岡市の致道博物館公式Twitterアカウントが投稿した、30年前のぬいぐるみの落とし物をいたわる投稿が温かい気持ちにさせてくれます。

30年前、博物館の駐車場に落ちていたというドナルド・ダックのぬいぐるみ。同アカウントは「去年30年ぶりに服を編んであげてすっかりドナルドダックらしくなりましたよ」と、新しい洋服を着せてあげた写真や、お風呂に入れてあげた様子を投稿しています。手縫いの新しい洋服を着て、ドナルドもなんだかうれしそうです。

ドナルドの服は、編み物が得意だという博物館のTwitter担当者が編んだもの。博物館側に取材したところ、もともとは服がボロボロになっていたのを見かねて、30年前の寒い冬に編んであげたのが最初だったのだそうです。担当者は約20年前に一度退職していましたが、5年ほど前に復職し、「まだあったんだ」と懐かしんでいたとか。

ドナルドのぬいぐるみは普段は事務所で預かっているとのこと。ぬいぐるみという性質上「持ち主からすぐに連絡がもらえるのでは?」という期待から、通常よりも長く保管してしまったといいます。

投稿を見た人からは「幸せそうなお顔してる ドナルドくん、良かったね」「あったかい気持ちになりました」「これで持ち主見つかったら映画化決定」と、大切に保管を続けてきた粋なはからいに心動かされたという声が多数寄せられています。

ツイートは1万回近くリツイートされており、このことがきっかけで持ち主が現れる可能性について博物館側は「当時の職員が何人かいますので、持ち主が現れた場合は当時の状況を説明していただき、内容が合致すればお渡しできます」と話していました。

引用元:30年前のぬいぐるみの落とし物、大切に保管 致道博物館の神対応に「幸せそうなお顔してる」「持ち主見つかったら映画化決定」

今回の致道博物館 神対応についてネットの反応は以下の様なものでした↓

スポンサーリンク


致道博物館 神対応についてネットの反応

トイ・ストーリーみたいな玩具を擬人化した物語なら、素敵な映画になりそうなエピソードだね

 

出演したくてオレオレ詐欺が増えるかもな。

 

家にも同じ位のサイズのドナルド君がいますが服脱がせられなかった様な気がしますが・・・
ちょっとチャレンジして洗ってみようかなぁ〜
薄汚れてるし。

 

持ち主が現れて
「もしよければ致道博物館の所有にしてください」
とでも言ってくれたらますますいいね。

 

久しぶりに良いニュースを見たような。
こういう対応はAIでは無理だろうねぇ。

 

致道博物館
戊辰戦争で西郷隆盛に寛大な処置をしてもらったことで庄内藩士が西南戦争で西郷どんに助太刀したという逸話が展示されています。

 

う~ん…。うちのかなぁ?
正直落とした記憶がないんだけど、写真見たとき、何か見覚えあるような…って思った。
鶴岡市出身(致道館から徒歩15分圏内)、現在37歳、小学校の頃に家族旅行でディズニーランド行った事あり。
落としたかもしんないけど、30年前の事はさっぱり記憶にないよね苦笑

 

職員さんみんな理解があって優しいね。ここの館長は徳川四天王である酒井忠次公の直系のご子孫だそうです。
機会があれば鶴岡市へ是非お越しください。

 

ここで持ち主のオッサンがでてきてもう〜んだな

 

ぬいぐるみに心が宿ってるように見えてくるのは不思議ですね。

 

ぬいぐるみは持ち主本人にとっては大切な存在。
ネットニュースで落とし主さんが気づいてくれるといいですね。

 

当時働いてた職員がまだ何人もいることにも感動しました。

 

流石にもう落とした人は覚えてないだろうな・・。

 

家の近所のスーパーのサービスカウンターにも
犬のぬいぐるみがいます。
最初はただ置いてあるだけでしたが
次第に犬小屋やご飯が増えて
他の落とし物達と並んで座ってます。
もう何年も経っているので落とし主は
現れないと思いますが、いつまでも
可愛がられて欲しいと思っています。
もう立派な看板犬です(笑)

 

30年前のぬいぐるみかぁ
正直存在は思い出せても、ディテールまで思い出す自信がないです
無事に持ち主が見つかりますように。

 

スポンサーリンク


Copyright© 気になる最新ニュース速報 , 2019 All Rights Reserved.