芸能、企業、ニュース、雑学、ネタ etc..... 気になったネタをとりあげています。

気になる最新ニュース速報

美弥るりか 退団の事実が衝撃的だった。。。。理由は!?

投稿日:

宝塚歌劇団の美弥るりかさんが近々退団することを発表し大きな衝撃を呼んでいます。

 

宝塚歌劇団のホームページのニュース欄に「月組 退団者のお知らせ」というタイトルで退団者の名前を発表↓

美弥るりか 退団の事実が衝撃的だった。。。。理由は!?

一体何故、美弥るりかさんは突然退団する事になったのでしょうか!?

コチラが美弥るりかさんの退団に関する記事詳細です↓

スポンサーリンク

美弥るりか 退団に関する記事

宝塚歌劇団の月組人気スター美弥(みや)るりかが6月9日付で退団することが決まり、29日、同劇団から発表された。

【写真】謎の男を演じた単独初主演公演の幕を開けた美弥るりか

退団公演は、3月15日に兵庫・宝塚大劇場で開幕する次作の本拠地作「夢現無双-吉川英治原作『宮本武蔵』より-」「クルンテープ 天使の都」。同公演の東京宝塚劇場公演千秋楽をもって退団する。

小学時代から宝塚にあこがれ、バレエを習っていた美弥は、03年入団の89期生。同期に花組トップ明日海(あすみ)りお、雪組トップ望海風斗(のぞみ・ふうと)、専科の凪七瑠海(なぎな・るうみ)らがおり、入団後は星組に配属。細身スタイルながらに骨太な役作り、男役らしい色気のあるダンスでファンを魅了してきた。

12年4月に月組へ組替え。17年には、前トップ龍真咲(りゅう・まさき)の後任として、5年後輩の珠城(たまき)りょうがトップに就くと、2番手スターとして、珠城を支えてきた。

珠城の本拠地お披露目だった17年「グランドホテル」では、初演時に当時トップの涼風真世が演じたオットーを好演。同年には「瑠璃色の刻」で大阪、東京公演にも単独初主演。ディナーショーも開くなど、月組の代表的スターの1人として活躍している。

今年は1月に宝塚バウホール「アンナ・カレーニナ」公演に主演し、新年の幕開け。同公演は今月24日に千秋楽を迎えていた。

退団公演の芝居「夢現無双-」では、トップ珠城演じる宮本武蔵に対する佐々木小次郎役が決まっている。

現在では退団者のリストの中に美弥るりかさんの名前があるだけで、退団理由についてはちゃんと語られていな様ですね。

今度本人の口から正式に退団理由について語られる事でしょう。。。。それにしても嵐といい2019年は平成も終わる事もあり、芸能界も大きな節目の年となりそうですね(^_^;)

美弥るりかさんの退団についてネットの反応は以下の様なものでした↓

スポンサーリンク


美弥るりか 退団に対してのネットの反応

 

  • めちゃくちゃショックです。
    覚悟はしていたけど、それ以上にショックが大きいです。
    でも美弥さんの決めた道…最後まで応援します…!
  • これほど美しいみやさんがトップになれないのは
    本当に宝塚なのか?
  • エリザで舞台に穴を空けてしまったのが決定打になったのかな?トップの多忙さは二番手の比ではないだろうし…
  • アンナ・カレーニナの舞台が本当に美しくて、絶対にみやちゃんにはトップスターになってほしいと願ってました。残念です…
  • みやさん、ついていきます。
  • トップになって欲しかった…。
  • 大好きな美弥るりかさん……
    遂に、という感じ。

スポンサーリンク


misono夫 闘病公表の病気の真相は!?精巣がんによる胚細胞腫瘍とは!? 1

symphony with misono BEST(CD+DVD) [ misono ] エーベックスを退社したばかりのmisonoさんの夫、Nosukeさんが闘病中であることを公表し話題になっていま ...

メドウズ舞良の高校はどこ!?彼氏は!?性格は!? 2

  View this post on Instagram   . . 久しぶりに歩いて家帰ったら 寒すぎて死ぬかと思いました。 . が . スケートリンク状態だったので1人で滑っ ...

美勇士 注意喚起の衝撃的内容とは!? 3

  View this post on Instagram   ‪毎年、年末恒例の赤白にしてきましたー👍 クリスマスにも正月にも使えるので、髪の毛派手なみなさんには ...

ナダル プロポーズ秘話の嫁の年齢サバ読みがヤバ過ぎる...... 4

3ヶ月で結婚できるモテ声メソッド [ 木村至信 ] ナダル プロポーズ秘話が話題になっています。   昨日、一般人女性と婚約を発表したナダルさんが自身のプロポーズについての秘話を語り、その内 ...

Copyright© 気になる最新ニュース速報 , 2019 All Rights Reserved.