芸能、企業、ニュース、雑学、ネタ etc..... 気になったネタをとりあげています。

気になる最新ニュース速報

うんこミュージアム トイレ問題がカオスでワロタwwwww動画あり

うんこミュージアム トイレ問題がカオスでワロタwwwww動画あり

横浜市内にある「うんこミュージアム」って皆さんはご存知ですか!? ネーミングからして衝撃的な「うんこミュージアム」ですが、そのまんま排泄物に関する展示をし今話題のスポットだそうです!!

しかし、何故か「うんこミュージアム」にはトイレが無いというカオスな「トイレ問題」がネットで注目を集めています。www

なんで「うんこミュージアム」にはトイレが無いのでしょうかね!?動画を見ると便器は一杯置いてありますが↓

 

そういえば韓国にも便器の形のお皿でカレーを出すお店ありましたね。↓

コチラがうんこミュージアムのトイレ問題に関する記事詳細です↓

スポンサーリンク


うんこミュージアム トイレ問題に関する記事

 タブー視されがちな排泄(はいせつ)物をかわいく楽しんでもらおうと、横浜市内で開業した期間限定の「うんこミュージアム」(同市西区)が連日、若者や親子連れで大にぎわいだ。3月の開業以来、来場者数は5万人を超え、大型連休中も待機列が途切れなかった。

【写真】「うん語ネオン」の前で自撮りする来場者たち=2019年5月5日、横浜市西区、鬼室黎撮影

会場には、カラフルな便座に座って手のひらサイズの「MY UNKO」をもらえるコーナーや「うんこ~」と叫ぶと、声の大きさに合わせて10段階で「うんこ」の大きさが変わる「うんこシャウト」といった意表を突かれるさまざまな仕掛けが盛りだくさん。

広報の田代絢美さんによると、女子高校生や女子大学生を主なターゲットにしているが、「インスタ映え」するSNS効果もあり、世代や性別を超えて人気を集めているという。

なぜ人は「うんこ」に反応するのだろう。小学生向けの教材「うんこドリル」シリーズ(文響社)も2017年から異例の大ヒットとなっている。

理化学研究所の特別招聘(しょうへい)研究員、辨野(べんの)義己さんは「フロイト心理学では、自分の体から生まれ出た物への『愛着心』という見方がある。健康のバロメーターでもある『うんこ』への関心は体力、知力の両面に影響を及ぼす」と分析する。

うんこミュージアムは7月15日まで。事前予約制で、中学生以上1600円、小学生900円。詳細はホームページ(https://ale-box.com/unkomuseum/)参照。なお、会場に本物のトイレはないので注意が必要だ。(鬼室黎)

引用元:うんこミュージアム大人気 ただし、会場にトイレなし
今回のうんこミュージアムのトイレ問題についてネットの反応は以下の様なものでした↓

スポンサーリンク


うんこミュージアム トイレ問題に対してのネットの反応

  • いかにして、きれいに巻くか
    そんな本物見たことないが、チャレンジコーナーとかあっても行きたくはない
  • はぁ?頭大丈夫ですか!?
  • べんのさんに吹いた
  • 朝日新聞も展示してもらえ
  • 今まで、黄金色のなんて見たこともないわ。パンダとか生まれて間もない赤子じぁあるまいし…。
  • たっか!
  • 銭湯で複数人の前で全裸になるのはなんでもないのに排泄は男のおしっこを除いて一人用の部屋に入り鍵までかける。でもどんなことをするかは皆同じ。私たちはなぜこの行為の時だけはこうするのでしょう。海を越えたある国では男女別でも部屋のない造りもあるらしいが、時にはそんな同じ疑問を抱いてミュージアムに親しみを感じてしまうのでしょう。
  • う~ん こまった!
  • 近隣施設のトイレに行くために一旦退出したら、再入場は可能なのだろうか(^_^;)
  • 女子高校生や女子大学生がその場でしてくれるなら行くのにな。
  • 一番大事なものだが ,こんなイベントするなんて〜 もっと 品良く やったら〜 駄目だわ‍♂️
  • トイレ無しと言う事は、お土産として持ち帰れって事かな?
  • 今までのヤフーニュースの中でもトップレベルの良い見出し。
  • ミュージアム内にないだけで、他のフロアにありますけど。
  • こんな所に休日に繰り出す家族って…。
    センス無さすぎ。
    恥ずかしい。
  • ンコミュージアムに便野さんですか?
    ンコだらけですね!
  • ここのチケットって日時間違えて予約したらキャンセルきかないんだよな。結構高い上に融通が効かない。
  • ごめん、タイトルで吹いたわwww
  • 運気アップ!
  • 野ぐそ公認ですね。
  • その辺にして、展示せよ!!
  • 日本て幼稚だな!国民のレベルが低くなった気がする。
  • 漏らし放題。
    どうぞ、好きなだけ…という配慮です。

スポンサーリンク


Copyright© 気になる最新ニュース速報 , 2020 All Rights Reserved.