芸能、企業、ニュース、雑学、ネタ etc..... 気になったネタをとりあげています。

気になる最新ニュース速報

みのもんた 司会者像語るも総スカンでワロタwww

みのもんた 司会者像語るも総スカンでワロタwww

みのもんたさんの司会者像を取材した記事が話題になっています。

 

みのもんたさんの発言でスーパーの食品の売り上げに影響があるとか昔よく聴きましたよね〜TV全盛期の頃の影響力は相当なものでしたよね!?

 

そんなみのもんたさんですが、今回の司会者像を

 

「最近の人たちは、司会者ではなく、たんなる進行係に見えるね」

 

っと熱く語るもネットの反応がメッチャ冷めていて・・・wwww

 
コチラがみのもんたの司会者像に関する記事詳細です↓

スポンサーリンク


みのもんた 司会者像に関する記事

「司会の『司』っていうのは、『場を司る仕事』という意味なんです。森羅万象すべて頭に入れて、進行からゲストの出入りまで、すべてを把握しているのが司会者。最近の人たちは、司会者ではなく、たんなる進行係に見えるね」

日本のテレビ界を代表する司会者のひとり、みのもんた(74)。かつて、平日は『みのもんたの朝ズバッ!』(TBS系)と『午後は○○おもいッきりテレビ』(日本テレビ系)、土曜日は『サタデーずばッと』(TBS系)、さらにバラエティ番組を加えると、最大で週に16本のレギュラー番組を抱えていた。

「毎朝、3時に起き、シャワーを浴びて4時には車に乗り、5時半には番組開始。8時半に番組が終わるとすぐに移動。僕は前しか見ないから、反省会には不参加(笑)。

お昼に次の番組に出て、終わって15時から、毎日スタッフと食事がてら飲む。それからジムに行って、汗を2時間流して、夜は20時前くらいから銀座のお姉ちゃんと同伴、23時には切り上げて24時に帰宅して……。それを何年も続けました」

あまりの多忙さから、彼の番組で発明された「あるもの」がある。いまや、ワイドショー番組に欠かせない存在となっている、めくり形式のフリップだ。

「『みのさん、毎日飲みすぎで、台本覚えてないでしょ』ということで、生まれたんです。まさか、国会議員までがフリップを使って、国会で質問するような時代が来るとは思ってもみなかったけどね(笑)。

ただ、ほかの番組を見ていると、フリップのはがし方、あれがみんな、僕よりも甘いよね~。あれは、『次を読みたい!』『何が書いてあるのか?』と、視聴者やゲストに本当に感じさせてからはがさないと、まったく意味がないんだよ」

歯に衣着せぬ発言で、波乱を巻き起こしたことも多かった。

「ほぼすべての番組で、好き放題にしゃべってきたから、批判や苦情の電話は毎日。

僕がやっていた当時は、ちょうど社会保険庁の年金問題が起こっていた。批判的な内容をやると、朝6時だというのに、役所から局に『お話を伺いたい』と電話がかかってきた。『こんな早い時間から仕事してるのか』と驚いたよ(笑)。

政権批判をしたら、『みのもんたを国会に呼び出せ』なんて議員に言われたこともあった」

現在は『秘密のケンミンSHOW』(読売テレビ系)で司会を務める。昨今のテレビ事情を、どう見るのか。

「今の世の中って『出る杭は打たれる』ではなく、『出る杭は抜かれる』になっている気がするね。芸能界にいる以上、たたかれるのは仕方ないけど、たたかれるだけで議論とならないのは悲しいね。たんなる『排除』になっている。ちょっとした発言も、チェックされるでしょう。

コンプライアンスというけど、それを気にしすぎて『自由奔放』という部分は消えてしまった。しゃべる前に、司会者が慎重になりすぎているよね。もしかして、僕の降板の影響かもしれないけど……」

みのもんた
1944年8月22日生まれ 1967年、文化放送にアナウンサーとして入社し、人気番組を多数担当。1979年にフリーに転向し、多くのワイドショー、バラエティ番組で司会を務める

(週刊FLASH 2019年7月23・30日号)

引用元:出る杭は抜かれる時代…「みのもんた」理想の司会者像を語る
今回のみのもんた 司会者像についてネットの反応は以下の様なものでした↓

みのもんた 司会者像に対してのネットの反応

  • みのもんたは、出る杭は打たれるでなく。司会者として失格。
    自分の持論ばかり言い、反対者には攻撃。司会者は出席者の持論を上手く引き出し議論をしていく潤滑油的役割で良いのではないか。
    みのもんたも初めは歯切れのいい持論を言い好感を持ったが、だんだんエスカレードしていった。最後は嫌になった。
  • 若手に席を譲ればいいと思うよ
  • snsで情報が入るようになると、この人の発言がどれだけ薄っぺらくて分かってないかが明らかになった。
    鳥越さんや筑紫さん、田原さん達が活躍してた時代から日本の言論空間っておかしかったって、今思うとゾッとする
  • 氏の息子が事件を起こしたあと、氏が世間から大いにバッシングされたけれども、何故そこまでバッシングされたのか?
    おそらくそれ以前の司会のスタイル、時事を世相をズバズバと批判してそれなりに称賛されたけれども、同時に視聴者はモヤモヤとした苛立ちも感じていたのだろう。
    いわゆる仕切りたがりで出しゃばる人がいつの間にか周囲の不興を買っているという構造。
  • 毎朝車に乗って…と言ってるのに、普通に飲酒してるし、あまりにも多忙でということですが、普通に直帰すれば時間もそれなりにあるのでは?夜普通に遊んでたんですよね?
    この人は言いたいことを言って、やりたいことしかしてないような気がしますが
  • この人が活躍していた時代はTV業界全体が「自分達が世の中の流れを作っている」と勘違いしていた。SNSが発達した今では過去の人。
  • みのもんたもだいぶ老けた感じだね。いっときは一世を風靡するほどの大活躍だったのに今は見る影もない。まさに盛者必衰の理をあらはすの言葉通りだよ。

スポンサーリンク


Copyright© 気になる最新ニュース速報 , 2020 All Rights Reserved.