芸能、企業、ニュース、雑学、ネタ etc..... 気になったネタをとりあげています。

気になる最新ニュース速報

大倉忠義 暴走ファン実態のストーカー行為がヤバ過ぎる.....

投稿日:

関ジャニ∞大倉忠義さんが暴走するファンの実態を語り話題になっています。

 

これはちょっと暴走っというか異常な行動ですね、、、いくらファンだからといってもやり過ぎです。大倉忠義さんも相当怖い思いをしているでしょうね(^◇^;)

 

コチラが大倉忠義さんの暴走ファン実態に関する記事詳細です↓

スポンサーリンク


《大阪に行く前日、すごく憂鬱です。その事だけを考えると、正直、行きたくなくなる気持ちが出てくる。すごく疲れてしまうし、怖い》

コメントに込められていたのは、関ジャニ∞大倉忠義(33)の悲痛な叫びだった。

大倉は11月8日に、携帯専用サイト「Johnny's web」内のブログを更新し、一部ファンの暴走行為に苦言を呈したのだ。

《駅や空港に沢山の女性の方がいます。僕らを見守ってくれているのではなく、執拗に追いかけてくる人たちがいます。僕達にぴったりくっつくことを目的に、周りが見えていなく 一般の方々にも体当たりをしたり、すごく迷惑をかけてしまっています》(ブログ、《》内は以下同)

長年、精神的苦痛に耐えてきたという大倉。今回、胸の内をついに告白するにいたったのは、あるきっかけもあったという。事務所関係者は言う。

「ブログ更新4日前の11月4日、関西ジャニーズJr.ライブの千秋楽公演が大阪・梅田芸術劇場で行われました。このライブには大倉も演出面で関わっていたのです。ところが終演後にメンバーたちが、新大阪駅で待ち構えていた女性たちに囲まれてしまう事態になってしまいました。これまでは“無視することが最大の抵抗”と、悪質な行為に耐えてきた大倉ですが、『後輩たちまで自分と同じ目にあわせたくない』と、ブログで取り上げることを訴えてきたそうです」

また、音楽関係者も次のような証言を。

「関ジャニ∞の安田章大(34)は、昨年2月に脳腫瘍摘出手術を受け、さらに今年4月には背中と腰を骨折し、全治3カ月と診断されていました。そんな彼も体当たりを受けたことがあるのです。確かに手術をしたことや骨折のことは当初は公表していなかったのですが、もし転倒していたら大変なことになっていたかもしれません」

お気に入りのタレントへの接触のためには、タレント本人の気持ちや周囲の迷惑を顧みない一部の過激なファンは“やらかし”と呼ばれている。あるファンは言う。

「やらかしは、いきなりタレントに抱きついたり、押したりします。相手が怒っても、『嫌がるそぶりもたまらない』『私のことを認識してくれた』と喜ぶばかりなので、非常にタチが悪いのです。大倉くんが怒っているのも、そういったやらかしたちのことだと思います。あの人たちとひとくくりにされるのは、ファンとして辛いです」

暴走ファンたちの悪質行為は、抱きつきや体当たりばかりではない。大倉がブログで列挙した行為には、鞄のなかにモノを入れられる、突然手をつながれる、などがあった。

「《ある時は、友人と食事をしていたら駅や空港にいつもいる人が横のテーブルにいました》とも書いていますが、その“いつもいる人”は、20代半ばと思われる女性でした。横に座るばかりか、会話に聞き耳を立てられて、笑われたりすることもありますので、精神的な苦痛は大きいと思います」(前出・事務所関係者)

ブログでは大倉が鞄に何を入れられたのかは明らかにしていない。

「困ったプレゼントの例として多いのは妄想ラブレター。“この前は遊園地に行って楽しかったね”など、妄想のなかのデートについて延々と書いてあることもあるそうです。あとは自分が履いた下着などをバッグに押し込もうとすることもあり、本当に理解しがたいです」(前出のファン)

ストーカー問題に詳しい、『渋谷青山刑事法律事務所』の二宮英人弁護士は言う。

「ステージに立っている以外の、移動時間などは大倉さんのプライバシーです。それを侵害するようなことが継続的に行われるならば、明らかにストーカー規制法違反に該当します。ちなみに罰則は1年以下の懲役、もしくは100万円以下の罰金となります」

いくらファンを自認していても、タレントたちを精神的に追い詰めるようなつきまといは犯罪行為。“暴走ファン”たちは、そのことを肝に銘じてほしい。

引用元:大倉忠義の暴走ファン 鞄に使用済み下着、妄想ラブレターも


今回の大倉忠義さんの暴走ファン実態についてネットの反応は以下の様なものでした↓

スポンサーリンク


ネットの反応

マネージャーなどに確証の
動画を撮らせて、警察に
被害届けを出したほうがいい。
野放しにしてると益々エスカレート
しそうで怖いね。

 

昔、友人が原宿のジャニーズショップに行った帰り、
駅のホームであるジャニーズアイドルを見かけて
(今デビューしてるけど当時はまだJr.)
嬉しくて遠巻きではあるものの見てたら、
すごい顔で「見てんじゃねーよ!」と言われたらしい。
当時は感じ悪いと怒ってたけど、
嫌なら嫌とはっきり言ってキレてやればいいのに。
アイドルだからっていつもいつも愛想よくするなんて
もう時代が違うと思いますし。

 

恐らく特定の女性がやっていることで、その女性はもはやファンではなく、ただのストーカーでしょ。
事務所も本人もここまで我慢してきて、これが最後通告というつもりでコメントしたんだと思いますが、個人的にはもっと早く警察に相談して対応してもらっても良かったんじゃないかと思う。
ストーカーの心理はよく分からないけれど、これが原因で、より過激な方向にいかないことを願います。

 

マジで怖いね! 多分、これは大倉くんだけじゃなく、芸能人だけではなく、スポーツ選手でも一定数はいるんじゃないですかね?
もう病気ですよ、困った人達だ、まったく…
それにしても隣に座ってたって、どうやったらそんなことができるんだか?

 

ストーカーで付きまとい、女性アイドルを刺した危ない輩もいた。いつ大倉さんの付きまといしてる女性らも、どう豹変するか分からない。
攻撃が大倉さん本人でなく、大切な人らに向かっていく可能性もある。
男性アイドル側も相手が女性だと、我慢するしかなく耐えてきたはず。
以前、岡田将生さんもデビュー前だが付きまといにあい、何年か恐怖を感じたとテレビで話していた。ストーカーの粘着質は怖い。

 

アタマおかしいヤツはそれを自覚していないだけに、本当に怖いね。それが毎日なんて相当なストレスだろうね。

 

友だちがジャニーズファンで20年くらい前、NHKホールまでの入り待ち出待ちをしたことがあるんだけど、ジャニーズのファン自治はすごくて、道の整列やプレゼントだの手紙を渡すのすらルールがあると聞いた。違反すると追放なんだと言ってたがあのシステムは無くなったんだろか。ファンじゃない身としたら、それはそれで怖いと思ったが、それでも効かない人ってことなのかね。部外者からするとお前誰だよ!って感じの結構なオバハンが仕切ってて超こわーと当時思ったが。。

 

こんなことが毎日あったら一般人の女の子とは付き合えなくなるよね。

 

やりすぎはよくないよ
ファンがあっての芸能人、芸能人があってのファン
互いに節度を守った関係がないと

 

こういう悪質な『にわかファン』には、正式に『ストーカー犯罪者』として逮捕し公表すべきと思います。
先日の沢田研二さんと件といい『ファンあっての芸能人だから黙って見逃すだろう』的な愚かな甘えが有るのでしょう。
しかし今の世の中、芸能人もかなり身近な存在となり、だからこそ仕事とプライベートのメリハリをちゃんと廻りこそがわきまえる必要がある。
それが出来ないなら『ファン失格』だし既に『自称ファン』に過ぎない。

 

これはある種の病気だと思います。危害をもっと加えられる前に、事務所として毅然とした行動を取ってください。病気が重症化すると大倉くんの身に危険が及ぶかもしれませんよ。

 

「アイドルとファン」という関係性だから被害者がひたすら我慢しているけど、お互い一般人なら警察に通報されてる案件。

 

ファンと言う、くくりでは無く、犯罪者、個人を特定して逮捕すればいい。遠慮してたら、つきあがる。

 

ファンならばアーティストの嫌がる事はダメだろうね
ジャニーズもファンを大事にするならキャパの大きな会場だけでなく
中小のホールで全国ツアーなどもするべきかと
全国ツアーと言ってドームばかりとかもあるし

 

アイドルは常にニコニコしてなきゃいけないなんて、昔の話だと思う。
職業がアイドルだとしても、プライバシーやプライベートはあって当たり前だし。
これだけアイドルが乱立してて、無名から有名までたくさんいすぎるけどダメなものはダメ、嫌なものは嫌と発信した大倉さんは一人の大人として勇気ある決断をしたと感じました。

スポンサーリンク


青山和弘 降板報道の真相がヤバ過ぎる....これ完璧アウトでしょ。 1

安倍晋三のことがわからなすぎて 安倍さんとホンネで話した700時間【電子書籍】[ 青山和弘 ] 青山和弘の降板報道が話題になっています。   分かりやすい解説で評判の良かった日テレ報道局の青 ...

宮川紗江 会見の暴露内容がヤバすぎる.....コーチはまさかの無実?? 2

それ、パワハラです 何がアウトで、何がセーフか (光文社新書) [ 笹山尚人 ]   宮川紗江の会見が話題になっています。   体操選手の宮川紗江さんが自身が受けた暴力行為について ...

カメラを止めるな! 盗作疑惑の真相がヤバすぎる...これ完璧アウトでしょ!? 3

【映画パンフレット】 『カメラを止めるな!』 出演:濱津隆之.真魚.秋山ゆずき   カメラを止めるな! 盗作疑惑が話題になっています!   映画「カメラを止めるな!」は今年最も注目 ...

4

元大相撲力士で第66代横綱の若乃花こと花田虎上さん。   角界を引退後は、NFL選手を目指し渡米したりとかなり異色の経歴の持ち主です。   帰国後はタレントやスポーツキャスターとし ...

Copyright© 気になる最新ニュース速報 , 2018 All Rights Reserved.