芸能、企業、ニュース、雑学、ネタ etc..... 気になったネタをとりあげています。

気になる最新ニュース速報

フルーツバスケット 18年ぶりの声優は誰!?

投稿日:

フルーツバスケット 18年ぶりが話題になっています。

 

少女漫画『フルーツバスケット』が18年ぶりにテレビアニメ化されることが決まり、新たな声優陣に注目が集めています!!

 

コチラがフルーツバスケットの18年ぶりに関する記事詳細です↓

スポンサーリンク


フルーツバスケット 18年ぶりの詳細

『花とゆめ』(白泉社)で連載していた高屋奈月氏の少女漫画『フルーツバスケット』(略、フルバ)が来年、2001年以来約18年ぶりにテレビアニメ化されることが決定し、テレビ東京などで全編放送されることが、きょう発売の同誌24号で発表された。総監修の高屋氏が、今回の新作で初となる全編放送ということで、自らの要望でキャスト&スタッフを一新。主人公・本田透役を堀江由衣から石見舞菜香、草摩由希役を久川綾から島崎信長、草摩夾役を関智一から内田雄馬、草摩紫呉役を置鮎龍太郎から中村悠一に変更し、監督も大地丙太郎氏から井端義秀氏(『進撃! 巨人中学校』)、アニメーション制作をスタジオディーンからトムス・エンタテインメントが担当する。

ほかのスタッフ陣も同様に変更で、シリーズ構成を中瀬理香氏から『はねバド!』『ハイキュー!!』の岸本卓氏、キャラクターデザインを林明美氏から『劇場版マクロスΔ 激情のワルキューレ』の進藤優氏が務め、キャスト&スタッフの続報は追って発表される。

高屋氏は、新たにオープンしたアニメ公式サイトにて「一番最初にいくつかの要望をだしました。その中のひとつは、すべて新しいメンバーで作ってください。です。すべて。すべてをです。閉じた幕をもう一度開けたいというのならば、新しく、新しいすべてで世界を再構築してください」と自ら要望したことを明かし「もうひとつは、絵を私の絵に寄せないでくれ。ということ。これはもう単純に私の絵は古いし、病気をしたこともとても大きいですが(詳しいことは愛蔵版のあとがきに書いたので良かったら)絵のブレが酷かったので、それも新しく再構築してほしかったのです」と説明している。

アニメは過去に2001年7月から12月までテレビ東京などで全26話を放送。当時は原作が完結していないためコミックス第5巻までの全話と8巻までの一部を放送し、アニメ版独自の結末となっていた。続編を求める声が多かったが、当時の監督・大地氏は2013年9月に自身のツイッターで「フルバのアニメの続きは作れないのです。それは岡崎律子さんはじめ、あの時にスタッフ全員、全力を出し切ってしまったから。でも、今、思った。こういう風に言われ続けるのは、我々の落ち度でした。半端な作り方をしてしまったのでしょう。ごめんなさい。それでも、続きは作れません」とつづっている。

同漫画は、唯一の家族だった母親を亡くして一人テント暮らしをしていた女子高生・本田透が、あることがきっかけで、同級生・草摩由希が暮らす同じ一族の草摩紫呉の家に居候することに。居候初日に透は、代々十二支の物の怪(もののけ)憑きで、異性に抱きつかれると憑かれた獣に変身してしまう体質だという草摩一族の秘密を知ってしまう。ちょっと複雑な事情を抱えた高校生たちの日常にスポットを当てた、ほのぼのストーリー。

1998年から2006年まで同誌で連載され、コミックスは全23巻で全世界発行累計3000万部を突破。2008年には『もっとも売れている少女マンガ』としてギネス世界記録に認定されるなど世界中で読まれている。2009年には舞台化もされた。また、透たちが卒業したあとの高校に通う主人公・彩葉と透と夾の間に生まれた息子などの姿を描いた続編『フルーツバスケットanother』が『マンガPark』で連載している。

今回の全編アニメ化決定にあわせてアニメ公式サイトがオープンしたほか、透&由希&夾&紫呉のティザービジュアルも公開。ネット上では今回のアニメ化決定に「えっあのフルーツバスケット…?まじで?」「マジすか なつい」「めっちゃ、うれしい!」など驚きと喜びの声が多くあがっている。

引用元:『フルーツバスケット』来年18年ぶりアニメ化で初の全編放送へ 作者の要望でキャスト&スタッフ一新


今回のフルーツバスケットの18年ぶりのTVアニメ化についてネットの反応は以下の様なものでした↓

スポンサーリンク


フルーツバスケット 18年ぶりについてネットの反応

作者の絵に寄せないでくれってのはちょっと気になる・・・
あまりに別キャラなのはやめてほしいな

 

リメイクという『形』にしたくなかったのかな。
18年も経っているので懐古客に向けててはなく新規の未視聴者層に新たな訴え方をしたいのかな。
岡崎−大地の風ではなく別の組わせでの別の風をもたらされることが大いに期待される。

 

なんか最近の、昔の漫画を再アニメ化ラッシュは何なんだろう
オタクの高齢化(コンテンツに金を払うオタクの高齢化)なのかな
フルバは登場人物ことごとく病んでるから、今の時代に合わない感じがするんだが…

 

18年も前やからキャストも絵も一新してのはありですね。
新たな表現、演出もできるしいいんでないか。
ただし、陳腐化しているのではなか?
当時は名作でもいまでも通用するのかなぁとは思うけど。

 

世には沢山の漫画があるのに何故今更?
面白いのは分かるが

 

んん、アニメ全編!?
嬉しいような複雑なような…
仕方の無いことだけど、声かわるのは悲しいなぁ
個人的には全員応募のドラマCDのときが一番好き(透と紅葉が変わった)
丁寧に、大事に作ってくれるといいなぁ…

 

当時のアニメはDVDを全巻買い揃え、10回以上見返すくらい好きでした。再アニメ化を信じ、原作はアニメ化されていないところは未だに読んでいません。時が過ぎ、もう再アニメ化は無理なのかと諦めていただけに、このニュースは青天の霹靂です。
スタッフもキャストも一新されますが、これは仕方ないことだと思います。過去の作品は過去の作品として、新しいフルバの世界を描いてほしいと思います。

 

最近のアニメ業界は旧作を掘り起こすノスタルジック商法が流行りだからな。もちろん旧作と言えど十分通用するし過去にハマっていた層を取り込むこともできるという期待があるためなんだろうが………古いお宅としては最近のアニメって作品そのものの寿命が短いからコアなファン層を作りづらいんだろうなぁと思えてしまうんだよな。

 

アニメはどうかわからないけど、コミックスは大好きでめっちゃ読みました。透が本当に純真で健気で一生懸命で頑張りすぎるくらいの頑張り屋さんで・・・。毎回、感動の涙を流しながら読んでました。
また、コミックス買い直そうかなぁ。。。

 

2001年ってもう18年前なんだ…
2000年がもうすぐ20年前… 早いなぁ…

 

作品の存在は知っていましたが、内容はこの記事を読んで初めて知った。タイトルから想像していたのと全然違いました。
テントで暮らす女子高生とか、獣に変身する一族とか、おおお複雑でシリアスそう、と思ったら『ほのぼのストーリー』で、ガクッとなった(笑)面白そうなので、ぜひ観てみたい。

 

作者コメント、この抜き出し方じゃだめでしょ。
高屋先生の気持ちが間違って伝わってる人もちらほら見受けられる。当然アニメも含めてフルバって作品に思い入れ有る人はちゃんとサイトにコメント読みに行ったほうがいいよ。
私はそれでちょっと納得した、なんとか受け入れられそうだ。

 

主役が新人で最近謎のプッシュをされている石見
そして島崎、内田、中村といつものメンツ
新人売り出しのためにわざわざ過去の人気作に縋ってきたとしか思えない

 

18年も経つの!?時の流れ早すぎて怖い。
堀江由衣でやってほしかったなぁ~。
主題歌はいつ聞いても泣ける。

 

少し前に若干キャスト替えてドラマCDが掲載誌の付録だったか全員プレゼントであったので、再アニメ化?と期待していたけれど…キャスト総入れ替えなんですね。ちょっとショック。
作者の要望なら仕方ないし、逆にちゃんとそう公表してもらえているのでよかったなと
完結した話で観れるのはうれしいけれど、1クールで終了っていうのだったら観ないかも。
最低2クール放送して欲しい。
キャスティングは掲載誌のラジオのパーソナリティしているからね…

 

スポンサーリンク


青山和弘 降板報道の真相がヤバ過ぎる....これ完璧アウトでしょ。 1

安倍晋三のことがわからなすぎて 安倍さんとホンネで話した700時間【電子書籍】[ 青山和弘 ] 青山和弘の降板報道が話題になっています。   分かりやすい解説で評判の良かった日テレ報道局の青 ...

宮川紗江 会見の暴露内容がヤバすぎる.....コーチはまさかの無実?? 2

それ、パワハラです 何がアウトで、何がセーフか (光文社新書) [ 笹山尚人 ]   宮川紗江の会見が話題になっています。   体操選手の宮川紗江さんが自身が受けた暴力行為について ...

カメラを止めるな! 盗作疑惑の真相がヤバすぎる...これ完璧アウトでしょ!? 3

【映画パンフレット】 『カメラを止めるな!』 出演:濱津隆之.真魚.秋山ゆずき   カメラを止めるな! 盗作疑惑が話題になっています!   映画「カメラを止めるな!」は今年最も注目 ...

4

元大相撲力士で第66代横綱の若乃花こと花田虎上さん。   角界を引退後は、NFL選手を目指し渡米したりとかなり異色の経歴の持ち主です。   帰国後はタレントやスポーツキャスターとし ...

Copyright© 気になる最新ニュース速報 , 2018 All Rights Reserved.