芸能、企業、ニュース、雑学、ネタ etc..... 気になったネタをとりあげています。

気になる最新ニュース速報

カナダグース 人気の悩みの内容がヤバい......

投稿日:

人気高級ダウンジャケットのカナダグース悩みが話題になっています。

 

人気が出過ぎたが故のカナダグースが抱える悩みとは一体なんなのでしょうか??

 

コチラがカナダグースの悩みに関する記事詳細です↓

スポンサーリンク


冬シーズンに向けて、今年もよく売れている人気高級ダウンジャケットがある。「カナダグース」だ。購入層は男女とも主に20~40代。税込みで10万円前後するが、まだ11月初旬にもかかわらず、どの取扱店でも入荷済み分はほぼ完売し、極端な品薄状態が続いている。

伊勢丹新宿店では、今年からカナダグースの販売方法を変更。店頭入荷する商品をあらかじめサイトで告知し、購入希望者は指定のデジタルチケットサービスで入場順を事前に抽選する形に変えた。昨年以上に問い合わせが多く、店頭での混乱を避けるためだという。それほどまでに人気のカナダグースとは一体、どんなブランドなのか。

約60年前にトロントで創業したカナダグースは、北極・南極圏で活動する冒険家や観測隊、寒冷地での映画撮影スタッフなどにダウン衣料を提供してきた会社だ。同社のダウンジャケットはやや堅めの丈夫な生地と防寒性の高さが特徴で、軽さやシルエットを重視したヨーロッパブランドのファッション系ダウンとは見た目も作りも大きく異なる。

■日本企画のモデルで人気に火が付く

日本で人気に火が付いたのは比較的に最近のこと。日本で着るには暑く、サイズも大きすぎるとして、以前はあまり売れていなかった。そこで当時の国内代理店が本国に掛け合い、ダウン量を減らし身幅も細くした日本企画のモデルを2012年に発売。この「ジャスパー」と呼ばれるミドル丈の男性用モデルが人気となったうえ、アジア人の体型に合わせたモデルの展開も始まると、さらに日本での販売が伸び始めた。

カナダグースは2013年に米投資会社・ベインキャピタルの出資を受け、昨年春にはニューヨークとトロントの株式市場に上場を果たした。11月1日時点での時価総額(円換算後)は約6850億円と直近の年商の10倍以上に達しており、投資家たちからも高い注目を集めていることがうかがえる。

アパレル不況が叫ばれる中、なぜカナダグースの高級ダウンジャケットは多くの消費者から支持されるのか。日本での価格設定やブランドの立ち位置は今後どうなるのかーー。国内総代理店のサザビーリーグでカナダグース事業の責任者を務める、平井洋司・リトルリーグカンパニーオフィサーに話を聞いた。

――なぜカナダグースはこれほど人気になったのでしょうか。

今はファッションとアウトドア衣料の垣根がほとんどなくなった。そうした時代の変化もあると思う。あと、本物志向の方が増えてますよね。アウトドア好きな方がジープを買ったり、マリンスポーツを楽しむ人が水深200メートルにも耐えられるようなダイバーウォッチを買ったり。実際にそこまでの機能は必要ないけど、どうせ買うなら本物がいいと。

カナダグースも同じだと思うんです。南極観測の科学者や冒険家、犬ぞりの世界チャンピオンなどにダウンパーカーを提供してきたブランドの歴史があって、その中で培った技術や高い機能が信頼につながっている。さらに希少性が人気に輪をかけているのかもしれません。

■供給が追いつかず、各国が争奪戦

――「欲しいのに、どの店も在庫切れで買えない」という不満の声もよく聞きます。

カナダグース本社からの製品供給量に制約があって、取扱店への納入数をあまり増やせないんです。頑張って毎年、少しずつ輸入量を増やしてはいるんですが、それ以上に需要の伸びが大きくて追いつかないというのが実情です。

――なぜ輸入量を増やせないのですか。

2つの理由があります。売れ始めたらアジアや東欧でバンバン作るブランドも世の中にはありますが、カナダグースは「メード・イン・カナダ」にこだわり続けている。あくまで自分たちの目の届くところで作るんだと。資源が限られているんです。

しかも日本だけではなく、おひざ元のカナダやアメリカ、ヨーロッパ、アジアなど世界中で人気が高まっている。カナダ国内で生産能力を必死に増やしてはいますが、品質を維持しながら生産量を短期間に増やすのは簡単じゃない。供給量に限りがある中で、日本を含め、どの国の代理店も自分たちへの割り当てを少しでも増やそうと必死です。

取り扱いショップからは「もっと数を回して欲しい」とせがまれますが、僕たちの力ではどうすることもできない部分がある。だから、営業マンには売り上げのノルマを課していなくて、(小売業者に卸した商品の何%が消費者に売れたかを示す)消化率を上げていこうと。ちなみに、去年の店頭消化率は97%でした。定価販売でこの数字は十分高いと思いますが、今年はさらに消化率を上げることが目標です。

引用元:高級ダウン「カナダグース」、人気ゆえの悩み


っという事でカナダグースの悩みは

 

”生産が追いつかず在庫切れが多発している”

 

事だそうです。。。。贅沢な悩みですね!!w

 

しかしそんなにカナダグースって今人気なんですね、知りませんでした(^^;)

 

今回のカナダグースの悩みについてネットの反応は以下の様なものでした↓

スポンサーリンク


ネットの反応

みんなが着だすと急激に売れなくなるからねぇ。すでに増殖しすぎてファッションアイテムとしては使えないよね。
でも機能性は高いから、東北とか山間部では生き残るからかもね。

 

モンクレールのダウンジャケットが8万弱の時から着てるが、こちらが伊勢丹メンズで売られるよになり数年前に試着したがダウンなのに重いし何よりダサいので買わなかったよ(笑) モンクレールの値段も10年程前と比べると高くなり驚くわ。確かにトムブラウンとの初コラボは素敵で値段も納得でしたが…

 

結局たくさんの鳥の羽がむしられて行ってる問題に直視せず、流行りばかりを追いかける日本人が多いってことだね。
今やダウンやグースは世界の流行こら取り残されて来つつあるのに。

 

まだカナダグースは安い方
モンクレールが流行って、バンバン売れる物になったから同じ様なダウンで他ブランドより10万円ほど価格をつり上げた
富裕層の人達がモンクレールを持つのがステータスな感じになり売れ出した
しかし、基本的にダウンの質は変わらないからブランド名で価格が高くなっている
バイク乗るから今期はカナダグースを買おうかと思ったけど、あまり着てる人が多いのもなぁ・・まして中国とかが買い漁ってると書かれると・・
カナダグースがあまり人気なら、タトラスやデュベティカ、ストーンアイランドの方が良いのかな?
ノースフェイスやパタゴニアはマウントスポーツ向けでもあるから、良さは説明の必要無いからコッチにするかな

 

モンクレールにしてもだけど、「着てる人のドヤ感」が見てて恥ずかしくて全く欲しくならない。
雪山で仕事する方とか、寒冷地で通勤される方とか、機能に見合う場合は良いと思います。

 

ロゴやマークが目立つ洋服は、高い金出して広告塔にさせられてる気がして、購入する気になれないなぁ・・・

 

カナダグースと比べたけど、軽いモンクレールにした。

 

急に取扱店が減ったのって、飽きられたと思ってた。ただ、街中でも結構カブるよね?

 

モンクレールの後釜やね。
並行輸入品が出回って、偽物が出回ってブームは終わります。

 

人気が過熱してるってことは人と被る可能性が高くなるってことなので。。。流行りに敏感な人は別の物を着るでしょうから、終焉も近い気がします。

 

重い、着心地が良くない、動きづらい、値段の割にはフェザーの量が少ない。
ってことを考えると正直買う価値は見いだせないけど、ブランドの名前に引かれる人が多くて需要に対して供給が少ないとなると高くなるんだろうな。
この手のを買うなら、他にもっと軽くて、動きやすく、暖かい物をこだわって作ってるメーカーあるし、そっちで買うかな。

 

重いです。カナダに住んでる時に友人の貸してもらって購入するかどうかを検討した時にそう感じて買うのをやめました。そして、カナダでは意外に現地の人は着てませんでした。

 

私も購入しましたが、まず商品のクオリティー高い。保温性、デザイン製、そしてブランドネーム、そのあたりが要因かな。
ダウンと一緒に当時、株も買っておいたらどうなってたかなー。そこが気になる。

 

人が何着てようが関係なくない?人と被ってるのを気にしてる人もいるけどあなたが思ってるほど周りはあなたに興味ないよ多分。

 

あったかいのかもしれないがオシャレには見えないな

スポンサーリンク


青山和弘 降板報道の真相がヤバ過ぎる....これ完璧アウトでしょ。 1

安倍晋三のことがわからなすぎて 安倍さんとホンネで話した700時間【電子書籍】[ 青山和弘 ] 青山和弘の降板報道が話題になっています。   分かりやすい解説で評判の良かった日テレ報道局の青 ...

宮川紗江 会見の暴露内容がヤバすぎる.....コーチはまさかの無実?? 2

それ、パワハラです 何がアウトで、何がセーフか (光文社新書) [ 笹山尚人 ]   宮川紗江の会見が話題になっています。   体操選手の宮川紗江さんが自身が受けた暴力行為について ...

カメラを止めるな! 盗作疑惑の真相がヤバすぎる...これ完璧アウトでしょ!? 3

【映画パンフレット】 『カメラを止めるな!』 出演:濱津隆之.真魚.秋山ゆずき   カメラを止めるな! 盗作疑惑が話題になっています!   映画「カメラを止めるな!」は今年最も注目 ...

4

元大相撲力士で第66代横綱の若乃花こと花田虎上さん。   角界を引退後は、NFL選手を目指し渡米したりとかなり異色の経歴の持ち主です。   帰国後はタレントやスポーツキャスターとし ...

Copyright© 気になる最新ニュース速報 , 2018 All Rights Reserved.