芸能、企業、ニュース、雑学、ネタ etc..... 気になったネタをとりあげています。

気になる最新ニュース速報

小松菜奈 葛藤の真相がヤバい...!?動画あり

投稿日:

小松菜奈 葛藤が話題になっています。

 

女優の小松菜奈小松菜奈さんが自身の葛藤について語り注目を集めています!!

 

コチラが小松菜奈さんの葛藤に関する記事詳細です↓

スポンサーリンク


小松菜奈 葛藤の詳細

 

女優の小松菜奈が、澤村伊智の小説「ぼきわんが、来る」に基づくホラー映画『来る』(12月7日公開)で、『渇き。』の中島哲也監督と約5年ぶりにタッグを組んだ。「自分が5年間、いろんな作品を経て中島監督にどうアプローチするのか、というのがすごく楽しみであるのと当時に不安でもあって。『おまえはまだこんなものなのか』と思われるのも怖いですし、100%力を発揮できないのも怖かったです」。周りの評価に実力が追いつかなかったという長編映画デビュー作『渇き。』から、女優として生きていく覚悟を決めた現在までを振り返った。

『渇き。』(2014)で学園一の人気者にして裏の顔を持つ小悪魔的な女子高生・加奈子にふんし、鮮烈な印象を放った小松。以降、『近キョリ恋愛』(2014)、『バクマン。』(2014)、『黒崎くんの言いなりになんてならない』(2016)などでヒロインを演じ、『溺れるナイフ』(2016)、『恋は雨上がりのように』(2018)などの主演作(W主演)も公開。マーティン・スコセッシ監督の『沈黙 -サイレンス-』(2017)でハリウッドデビューも果たすなど、ハイスピードで約5年を駆け抜けてきた。

『渇き。』では報知映画賞新人賞など映画賞も受賞し、高い評価を受けたが小松自身は、実力が追いつかなかった葛藤があったという。「当時は右も左もわからず、ただ現場に居ること、セリフを言うことだけで精一杯でした。『デビュー作なのにすごいね!』と評価していただくことは本当にありがたかったのですが、『それは作品のクオリティーが高いからであって、わたしの実力ではないんだ』と複雑な気持ちもありました。現場で『わたし、本当は無理なんです』って言いたくても言えなくて……」と当時のプレッシャーを振り返る。「一本引かれた線の上を歩かなければならない重さみたいなものがあって、中島監督から『女優を続けていくの?』と聞かれても、何も答えられませんでした」と苦悩や戸惑いを明かした。

しかし、キャストへの演出が厳しいことで知られる中島監督に対して、「怖い」と感じたことはないというのが小松のタフなところ。「確かに厳しいことをおっしゃいますが、全て正しいんです。それが愛だと思うので、わたしは幸せだと感じていました。できないことが悔しくて泣いたことはありますが、監督が怖くて泣いたことはありません。それに、二人でいる時には『最近どうなの?』『楽しくやってるの?』と声をかけてくださって、すごく優しいんですよ。なので、お会いしていない時も『お元気かな』と気にしていますし、お父さんのような存在です」

新作『来る』で演じるのは、若夫婦(妻夫木聡・黒木華)から相談を受け、オカルトライターの野崎(岡田准一)とともに正体不明の脅威と対峙する霊媒師・真琴。心待ちにした監督との再タッグを喜びながらも「キャバ嬢の霊媒師」というキャラクターに戸惑いも。「正直、“キャバ嬢の霊媒師なんているの?”と驚きましたし、想像もつかなくて。ただ、見た目は髪がピンクでぶっ飛んではいるけど、中身は正義感、母性あふれる女の子、というギャップに惹かれ、ぜひやらせていただきたいと思いました」。このキャラクターを演じるために、小松は人生で初めてショートに。全身に傷、タトゥーのメイクを施すために約4時間を費やした。

今回、監督が小松に対して特にこだわったのが目の演技。苦戦するも、監督の要求に応えようと模索するうちに作品の理解を深めていった。「『もっと目を強く』『もっと目を見開いて』とよく言われました。『真琴は弱いだけじゃない。“あれ”が来るときに突き進もうとする感じと、不安で戸惑っている感じ。戦うときにもいろんな感情があると思うから』と。そう演出を受けるうちに、“あれ”の正体というのは人間の弱さで、それぞれが自分の弱さと戦っていく物語なのかなというふうに思えてきました」

5年越しに再会した中島監督に「まだまだ女優をやらせてください」と話し、驚かれたという小松。「そう言えたことに、わたし自身も驚きました(笑)。監督は予定調和というか頭で考えたお芝居が嫌いで、わたしの考えていることも見透かされてしまうんです。『渇き。』のときから常に『面白いことをやって』とおっしゃっていて、当時はその意味が分からず理屈で考えようとしてしまっていたのですが、今はそれを楽しむ余裕が少し出てきたように思います」

岡田准一、黒木華、妻夫木聡、松たか子ら実力派ぞろいのキャストを相手に、劇中、血まみれになるシーンもあり、『渇き。』から5年のキャリアの積み重ねを感じさせる熱演を見せている。(取材・文:編集部 石井百合子)

引用元:小松菜奈『渇き。』から5年 中島哲也監督のスパルタ指導に感謝

小松菜奈出演の映画『来る』&『渇き。』の予告編動画

今回の小松菜奈さんの葛藤についてネットの反応は以下の様なものでした↓

スポンサーリンク


小松菜奈 葛藤についてネットの反応

すごく好きだけど…個人的には髪長いままがよかった。

 

映画は面白くなかったけど、小松さんの小悪魔ぶりには、一瞬で心奪われたぜ!

 

小松菜奈さんて本名なんですね。
小松菜は美味しいと思うけど、子供のころは絶対にからかわれるよね。
本人が気にしなければいいけど、もっと名前は考えた方がいいと思う。

 

僕明日は出てこないね。たいした映画じゃないのかな。自分は好きで何回も観た。泣いた。

 

小松菜奈さんの妖艶な目が良いですね。笑顔も可愛いし。

 

”スリル 赤の章”のメガネが似合ってて可愛かったなー。
続きが見たい。。。

 

渇きを見て魅了されました。
唯一無二の女優さんだと思います。見たいけど事務所は安易にバラエティとかに出さずにもっとミステリアスにすればすごい大物女優になれると思います。安売りしないでほしい

 

小松菜奈さんは表情がないときは2次元ぽく、表情がつくと急に3次元ぽく見えるため「希少な女優さんだな」と思ってます。
本人に努力する気があるのだから、周りがどんな環境をつくるかで将来が決まると思います。
指導する方はもちろんのこと、事務所やマネージャーさんも大変でしょうけれど、がんばってください。

 

本格派女優だね。
このまま女優業に邁進してほしい。

 

きれいで個性の強い子だなと最近気になってる。
中条あやみさんと対角にいる感じかな。
今後の活躍に期待してます。

 

タイトルを見て…「小松菜」の価格高騰、かと思った。
小松菜は価格も栄養面も扱いやすさも食材の優等生だ。

 

この子は平手友梨奈の超絶上位互換。平手友梨奈はこの子の激烈下位互換。

 

渇きは小説読んでからキャスト見たけど
ぴったりな、キャストばかりでよかった
それから小松さんは気になってる

 

小松菜奈はいつもりょうに似てるなぁって思う。

 

渇き。で独特の雰囲気に魅せられました。
ディストラクション・ベイビーズの狂気や
溺れるナイフの演技も良かった。
昔の栗山千明に似てるなと思いました。
今後も注目してます!映画楽しみ。

 

スポンサーリンク


青山和弘 降板報道の真相がヤバ過ぎる....これ完璧アウトでしょ。 1

安倍晋三のことがわからなすぎて 安倍さんとホンネで話した700時間【電子書籍】[ 青山和弘 ] 青山和弘の降板報道が話題になっています。   分かりやすい解説で評判の良かった日テレ報道局の青 ...

宮川紗江 会見の暴露内容がヤバすぎる.....コーチはまさかの無実?? 2

それ、パワハラです 何がアウトで、何がセーフか (光文社新書) [ 笹山尚人 ]   宮川紗江の会見が話題になっています。   体操選手の宮川紗江さんが自身が受けた暴力行為について ...

カメラを止めるな! 盗作疑惑の真相がヤバすぎる...これ完璧アウトでしょ!? 3

【映画パンフレット】 『カメラを止めるな!』 出演:濱津隆之.真魚.秋山ゆずき   カメラを止めるな! 盗作疑惑が話題になっています!   映画「カメラを止めるな!」は今年最も注目 ...

4

元大相撲力士で第66代横綱の若乃花こと花田虎上さん。   角界を引退後は、NFL選手を目指し渡米したりとかなり異色の経歴の持ち主です。   帰国後はタレントやスポーツキャスターとし ...

Copyright© 気になる最新ニュース速報 , 2018 All Rights Reserved.