芸能、企業、ニュース、雑学、ネタ etc..... 気になったネタをとりあげています。

気になる最新ニュース速報

ぎぼむす 脚本絶賛が凄過ぎる!!視聴率も半端ない....

投稿日:

ぎぼむす脚本絶賛が話題になっています。

 

近年稀に見る高視聴率で注目を浴びている”ぎぼむす”の脚本が絶賛されているそうです!

 

コチラがぎぼむすの脚本絶賛に関する記事詳細です↓

スポンサーリンク


 3話連続で番組最高視聴率を更新中と絶好調なのが、綾瀬はるか(33)が主演を務めるTBS系連続ドラマ「義母と娘のブルース」(火曜後10・00)。原作が4コマ漫画の異色ドラマとして当初から注目を集めていたが、放送開始後に人気が爆発。森下佳子氏が手掛ける「笑って泣ける」脚本に視聴者からは絶賛の声が上がっている。

同ドラマの原作は桜沢鈴氏の「笑って泣ける」同名4コマ漫画。バリバリのキャリアウーマン・亜希子(綾瀬)と、結婚相手・良一(竹野内豊)の連れ子である娘・みゆき(横溝菜帆上白石萌歌)とのほのぼのした日常を描く心温まる物語で、ドラマでは義母と娘がともに成長する10年間が描かれている。脚本を担当しているのは同局「世界の中心で、愛をさけぶ」(2004年)、「JIN―仁―」(09、11年)、「天皇の料理番」(15年)などで知られ、NHK連続テレビ小説「ごちそうさん」(13年)では向田邦子賞、橋田賞に輝いた森下氏だ。

実はこの原作の4コマ漫画はドラマ化前は絶版となっていたため、書店での入手が困難な状況だった。第1話放送前の6月下旬にこの“幻の漫画”について森下氏に質問をぶつけると、「私はこの漫画が大好きなので、エッセンスの部分はなるべく残していきたいです。漫画のように(ドラマでも)笑って泣いていただければ幸せ」と原作に敬意を持って、脚本に臨んでいることを語っていた。

その敬意が最も感じられたのは、ファンの間で“神回”と呼ばれている第6話(8月14日放送)。がんと闘病していた良一の死が描かれ、亜希子とみゆきが“母子”としての絆を噛みしめながら涙するシーンは感動を呼んだ。ところが、これまで感情を表に出してこなかった亜希子の涙が止まらなくなってしまう描写など、笑える場面が随所に登場。「(良一の死を)悲劇的にしようと思えばいくらでもできますが、4コマ漫画のギャグとかテンポの良さがある中で、ちょっと笑える部分を大事にしようと心がけました」と語っていた通り、「笑って泣ける」シーンを実現させた。

アジア大会中継のため先週の放送は休止となったが、いよいよ4日からドラマが再開。森下氏が「漫画の最後に出てくる1つのセリフが本当に素晴らしいと思いました。そのメッセージのためだけに10話を費やす価値があると思うほどです」と語るクライマックスへ。森下氏の原作の良さを最大限に生かした脚本が光る「ぎぼむす」からますます目が離せない。

引用元:「ぎぼむす」好調の裏に原作への敬意 森下佳子氏の「笑って泣ける」脚本に絶賛の声

 

ぎぼむすは本当に評価が高いですね〜。

 

ネットでもその脚本については絶賛の声が多く寄せられていました!

 

今回のぎぼむすの脚本絶賛についてネットの反応は以下の様なものでした↓

スポンサーリンク


ネットの反応

何故だろう、このドラマ見てると癒やされるんだよね。

 

優れた脚本・演出・主演三位一体の傑作
亜希子役は綾瀬はるか以外に思いつかない

 

綾瀬はるかと森下佳子のタッグが大好きです。
セカチューから始まり早14年の関係。
ぎぼむすも最高に面白い。笑って泣いて感情がジェットコースター。
毎作品やられた!と思える作品を作り続けるこのタッグを
これからもずっと見続けたい。

 

綾瀬はるかのキャラが抜群に面白い
脇陣も個性豊かで楽しく見られる
MISIAの歌も素晴らしいし最高のドラマ

 

今クールの断トツのドラマ。
脚本、演出、キャストが凄く嵌まった傑作だと思う。
MISIAの唄も聴くほどにジーンと来ます。
日曜ドラマは演出が濃過ぎて飽きるが、こちらの方はロス感が漂うくらい良い。
特に綾瀬はるか、竹野内豊、子役の子。
悲しい事も怒りも引きずる事なく、でも見る者に感動を与える演技だった。
続編が無いのがいいのだろうが、ずっと見続けたいドラマ。

 

綾瀬はるかさんの演技も素晴らしいですが、
出演者の魅力を十分に引き出す森下氏の脚本も素晴らしいですね。

 

今期いや今年1番面白いドラマと既に言ってもいいかもしれない。綾瀬はるかと竹野内豊の演技がとても良い。そして脚本が本当に素晴らしい。やっぱりドラマは脚本で決まるな!

 

誠意をもって懸命に生きていくことの大切さがわかります。
笑って泣けます。

 

さすが仁と同じ脚本家ですね。ぎぼむす本当に面白い。

 

効果音を多用するドラマはもう古いと思っていたけど、このドラマはホラ貝の音すらピッタリで感情にリンクした緊張感を演出してくれる。人物それぞれに感情移入でき、充実した時間が過ごせる。

 

綾瀬はるか×脚本の森下佳子×演出の平川雄一朗は
セカチュー、白夜行、JIN、わたしを離さないでとヒット作、名作、号泣作ばかり。
そして今回"笑って泣ける"という挑戦作でもある義母と娘のブルース。
笑ったかと思えば泣けるし、泣けると思えば笑えるし、本当に素晴らしい。
(視聴者の)両方の感情を同時に交互に呼び起こすのは最も難しいと思う。
笑いなら笑い、泣きなら泣きに特化した方が作る側からしたら容易いので。
だからこそ余計に制作陣の脚本、演技、演出の力量に拍手を送りたい。

 

ドラマがあまりに良いので漫画買っちゃいました。

 

森下さんのドラマは出て来る人みんな印象が残る。良い人も悪い人もなんか魅力がある。
そういうドラマって良いドラマだなと思う。

 

火曜のお楽しみ
間違いなく綾瀬はるかの魅力が増えた

 

森下さんが原作が好きで本当にうまく脚本を書いてくれる。
それを演技力のある綾瀬はるかが原作の世界を壊さないように上手に演じている。
主題歌まで含めて素晴らしい作品だと思います。

スポンサーリンク


青山和弘 降板報道の真相がヤバ過ぎる....これ完璧アウトでしょ。 1

安倍晋三のことがわからなすぎて 安倍さんとホンネで話した700時間【電子書籍】[ 青山和弘 ] 青山和弘の降板報道が話題になっています。   分かりやすい解説で評判の良かった日テレ報道局の青 ...

宮川紗江 会見の暴露内容がヤバすぎる.....コーチはまさかの無実?? 2

それ、パワハラです 何がアウトで、何がセーフか (光文社新書) [ 笹山尚人 ]   宮川紗江の会見が話題になっています。   体操選手の宮川紗江さんが自身が受けた暴力行為について ...

カメラを止めるな! 盗作疑惑の真相がヤバすぎる...これ完璧アウトでしょ!? 3

【映画パンフレット】 『カメラを止めるな!』 出演:濱津隆之.真魚.秋山ゆずき   カメラを止めるな! 盗作疑惑が話題になっています!   映画「カメラを止めるな!」は今年最も注目 ...

4

元大相撲力士で第66代横綱の若乃花こと花田虎上さん。   角界を引退後は、NFL選手を目指し渡米したりとかなり異色の経歴の持ち主です。   帰国後はタレントやスポーツキャスターとし ...

Copyright© 気になる最新ニュース速報 , 2018 All Rights Reserved.