芸能、企業、ニュース、雑学、ネタ etc..... 気になったネタをとりあげています。

気になる最新ニュース速報

宇宙 余命のスケールが超ヤバ過ぎてワロタ www

投稿日:

 宇宙 余命が話題になっています。

 

これまで数百億年と言われていた宇宙の余命が実はもっと長い事がわかり注目を集めています!!

 

コチラが宇宙の余命に関する記事詳細です↓

スポンサーリンク


宇宙の物質の大半を占める正体不明の「暗黒物質」の分布を調べ、宇宙が今後1400億年以上は存在し続けることが分かったと、東京大や国立天文台などの研究チームが26日、発表した。従来は数百億年で最期を迎えるとの説もあったが否定された形だ。

宇宙が誕生したのは138億年前で、少なくともあと10倍の“余命”がある計算になる。論文をインターネット上で公開した。

現在の宇宙は加速しながら膨張しているが、将来の姿は宇宙を膨張させる「ダークエネルギー」と、宇宙を収縮させる暗黒物質の力関係で決まるとされる。

ダークエネルギーの力が強ければ宇宙は膨張し続け、全ての物質が崩壊して最期を迎える。一方で暗黒物質が強ければ、ある時点で宇宙は収縮に転じて消滅すると考えられている。

研究チームは、米ハワイ島のすばる望遠鏡で2014~16年に観測した約1千万個の銀河を分析。強い重力で光の進む方向が曲げられる「重力レンズ効果」がどのように表れているかを調べ、強い重力の源である暗黒物質の分布状況を明らかにした。

このデータとダークエネルギーの推定量などをもとに、世界最高レベルの精度で宇宙の将来像を予測。その結果、今後少なくとも1400億年は最期を迎えないことが95%の確率で分かった。この時点でも星雲や恒星などは存在し、宇宙は加速膨張を続けているという。

一方、今回判明した暗黒物質の分布状況は、アインシュタインの一般相対性理論などで構築された宇宙論の「標準模型」と一致しなかった。素粒子「ニュートリノ」の質量やダークエネルギーの性質を解明すれば説明できるかもしれないが、標準模型の訂正が求められる可能性もある。

今回の結果は観測データの約1割を用いたに過ぎないため、東京大カブリ数物連携宇宙研究機構の村山斉機構長は「今後データを10倍にして、はっきりさせることが楽しみだ」と指摘する。

引用元:宇宙の余命は1400億年以上 暗黒物質の分析で東大など将来予測 数百億年説を否定

なんと宇宙の余命は

 

1400億年以上

 

だそうです!!www

 

途方も無いスケールですね。。。。。我々の人生時間からすれば数百億年も1400億年もほぼ同じですがw

 

今回の宇宙の余命についてネットの反応は以下の様なものでした↓

スポンサーリンク


ネットの反応

誰も検証できないし、検証した時には宇宙の終わりだし…

 

この暗黒物質の分布のビジュアルイメージを見るとまるで生体内の構造のようだ。
どうしてこんな構造が存在するのかとても不思議。

 

宇宙が崩壊したら、無の空間がまた収縮し始めるんじゃねーの。
その繰り返し。

 

1400億年の時間が経過すれば、宇宙全体に生命が広がっているでしょうね。

 

宇宙も
不老不死でないんだ

 

昔から気になるんだけど、宇宙っていまだに成長してるって言われてるけど、宇宙がないところってどうなってるんだろう。

 

とりあえず、今を生きている我々が寿命を全うするまでは
宇宙はもってくれるって事ね

 

頭良くないので意味をよく理解できないが、宇宙にロマンだけは感じる。
一度は行ってみたいがそれも夢のまた夢でありロマンだな。

 

霊界とか魂とかはあり得ないということかな。

 

つまり宇宙はまだ始まったばかりだと

 

でも宇宙の水素が使い果たされると、恒星が作られなくなる。

 

ダークエネルギーが人間に近い神経だと…
意識はあるのかなと思ったな…
人間混ざったら 世界の終焉か…意味深 ノウマン

 

と解かったところで我々にはどうと言うことは無い

 

数百億年生きる人には朗報だね…

 

このモデルなら95%そうなるのかもしれんが
このモデルを一定以上見直すはめになる確率も
95%ぐらいあるんやろなぁ。

スポンサーリンク


Copyright© 気になる最新ニュース速報 , 2019 All Rights Reserved.