芸能、企業、ニュース、雑学、ネタ etc..... 気になったネタをとりあげています。

気になる最新ニュース速報

萩原聖人 悲願が凄過ぎてヤバい.......

投稿日:

萩原聖人 悲願が話題になっています。

 

俳優で麻雀プロの萩原聖人さんが悲願の初勝利を収め注目を集めています!!

 

コチラが萩原聖人さんの悲願に関する記事詳細です↓

スポンサーリンク


プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2018」10月18日の1回戦が行われ、チームカラーである黄色と黒のフェイスペイントで対局したTEAM雷電・萩原聖人(連盟)が、5戦目にしてMリーグ初、さらには麻雀プロとして初勝利を挙げた。

対局者は起家からセガサミーフェニックス・近藤誠一(最高位)、U-NEXT Pirates・朝倉康心(最高位)、TEAM雷電・萩原聖人(連盟)、KONAMI麻雀格闘倶楽部・高宮まり(連盟)。

「自分の麻雀人生をかけて、Mリーグという舞台に立ちたい」。俳優・萩原聖人のプロ入り電撃宣言は、スポーツ新聞をはじめ各メディアで報じられた。しかし開幕日は2試合で3、4着。その後、2度登場するも4着、2着と要所で見せ場は作るものの、思うような結果が伴わず「Mリーグで打つ麻雀とはなんなのか」と模索していた。

東1局、自他共に認める門前高打点スタイルの萩原が「死に物狂いでアガリたかったんで、格好つけている場合じゃない」と果敢な仕掛け攻撃を見せ、タンヤオ・ドラ4で8000点のアガリをものにした。

東2局では「これまでのMリーグをよく見ていたら七対子は生牌(しょんぱい=河に1枚も捨てられていない牌)が山に残っているケースがすごく多いイメージがあった」と生牌だった東を待ち牌にしたリーチを決断。これを見事リーチ・一発・ツモ・七対子・ドラ1と跳満1万2000点に仕上げて波に乗った。さらに南1局2本場ではダメ押しとなる跳満1万2000点(+600点、供託1000点)を加点し、麻雀プロとしてMリーグ初トップを取った。そして「正直、気丈に振る舞いつつもずっとトップ取れないんじゃないかと毎日思っていた」と誰よりも注目されるが故の苦しい胸の内を吐露した。

フェイスペイントには、自身に対する気合い等ではなく、Mリーグにかける想いがあった。「昨日メジャーリーグでドジャースの選手がドジャースカラーのペイントをしていたんで、やってみようかなと思った」と明かし「今後雷電サポーターの方やパブリックビューイングに来てくれたファンの方も、より盛り上がってくれるんじゃないか」と麻雀のプロスポーツ化を目指す思いを込めていたのだ。ちなみにTEAM雷電のロッカールームではチームメイトの瀬戸熊直樹(連盟)と黒沢咲(連盟)も雷電カラーのフェイスペイントで気持ちをひとつにしていた。

「Mリーグが面白いなと思ってもらえるような展開を作っていきたい」と、まだ誰も見たことの無い麻雀界の未来を模索し続ける男。麻雀プロとして、Mリーガーとしてその物語は始まったばかりだ。【福山純生(雀聖アワー)】

【1回戦結果】
1着 TEAM雷電・萩原聖人(連盟)4万2000点/+62.0
2着 セガサミーフェニックス・近藤誠一(最高位)2万3400点/+3.4
3着 KONAMI麻雀格闘倶楽部・高宮まり(連盟)1万8400点/▲21.6
4着 U-NEXT Pirates・朝倉康心(最高位)1万6200点/▲43.8

※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

◆大和証券Mリーグ2018 7チームが各80試合を行い、上位4チームがプレーオフに進出するリーグ戦。開幕は10月で翌年3月に優勝チームが決定する。優勝賞金は5000万円。ルールは一発・裏ドラあり、赤あり(各種1枚ずつ)。また時間短縮のために、全自動卓による自動配牌が採用される。

引用元:萩原聖人、悲願のプロ初トップ!「死に物狂いでアガりたかった」/麻雀・大和証券Mリーグ


今回の萩原聖人さんの悲願についてネットの反応は以下の様なものでした↓

スポンサーリンク


ネットの反応

昔、良く渋谷の雀荘で見かけた・・当然賭け麻雀!
小柳ルミコも違う渋谷の雀荘で見かけた事が有る
スッピンでテレビに出ると180度違う人みたいで皆で
驚いた記憶が甦って来た・・捕まらない様にね!。

 

麻雀は運の要素が多いので一戦だけでは真の実力が見えない。年間トータルでどうなるか、注目したい。

 

正直ツキすぎではあった。
麻雀において一般的に良しとされていることをまるで独自のもののようにドヤ顔で言ったり、切り方などの所作が悪かったり、最も大事なポーカーフェイスが苦手だったり。
アサピンに勝ってほしかったです。

 

既に実写化されたこともあるが、アカギの実写をやるならこの人しかない。年齢的には難しいが

 

昨夜AbemaTVで見てました。
昨夜の1試合目は見事トップ獲得おめでとうございます。
連戦となる2試合目はラスでしたが、一歩も引かぬ闘志が感じられました。
しかし、見ている側としては、彼がのめり込み過ぎて体で牌が隠れてしまったり、勝負する場面は感情が入りすぎて牌の捨て方が雑だし、和了った後が美しくないのが残念です。
強い麻雀を魅せてくれるだけに、今後大和証券Mリーグが放送される中で、見せ方・見られ方にも拘れば、より一層麻雀に興味を持つ人やファンも増えるのではないでしょうか。

 

われポンで鳴いた柴田に切れてたなあ。鳴くと流れがどうこう言うのは好きではないな。

 

リアルアカギと言われる数々の伝説の持ち主。
ルールあんまり分からない私でも彼の麻雀は見てて楽しい

 

プロ麻雀リーグが成功する鍵は中国が参入するかどうかだろうね。
中国も麻雀番組やってるし。

 

Mリーグは本当に面白い。
ルールが多少わかるくらいだが
緊張感と駆け引きが伝わるだけでもワクワクする。
それに出場選手が解説を兼務しているのも面白い。
選手の個性が伝わってものすごく画期的。
そして何より麻雀の負のイメージを払拭して
メジャーな競技にしたいという選手達の
必死な思いが伝わってくる。
キャラが面白い人はいますが
同じプロでも野球やサッカーにみられるような
チャラチャラした感じが一切ありません。
本当に麻雀に人生をささげた野武士のような生き様が見れます。
近藤誠一のような大ベテランの選手が
スポンサーやチームメイトそしてファンの想いを背負い
あぶら汗と苦悶の表情の中で牌を捨てる姿に感動しない人がいますか?

とにかく一度見たほうがいいです。

 

たしかに、麻雀というと博打のイメージが強すぎるくらい強いのだけれども、
金銭を賭けなければ、将棋や碁と同じように、優れたゲームではあるし、
複数人数で戦うって点など、それらとまた違った面白味のあるゲームではあろうしな。
面白い挑戦ではないかな。

 

華があるよね。リアル咲とかなかなかできるもんじゃないよ

 

いいんだけどね、、、
この人、自分の麻雀が絶対、みたいな思想が見えるのね。
自分だけならいいんだけど、他人にも押し付ける感があって、イヤ。

 

放映時の喫煙さえなければ喜んで見るのだが。

 

麻雀を知らない人がこの記事を読んでも何を言ってるかさっぱり分からないだろうな笑

 

おめでえとうございます!
畑は全く違いますが、元捕手の城島さんが釣りの名人。
五輪水泳 金メダリストの北島さんがプロ並みのゴルフスコア。
萩原さんは麻雀で初トップ。
天は二物・・与える人には与えてますね。

スポンサーリンク


青山和弘 降板報道の真相がヤバ過ぎる....これ完璧アウトでしょ。 1

安倍晋三のことがわからなすぎて 安倍さんとホンネで話した700時間【電子書籍】[ 青山和弘 ] 青山和弘の降板報道が話題になっています。   分かりやすい解説で評判の良かった日テレ報道局の青 ...

宮川紗江 会見の暴露内容がヤバすぎる.....コーチはまさかの無実?? 2

それ、パワハラです 何がアウトで、何がセーフか (光文社新書) [ 笹山尚人 ]   宮川紗江の会見が話題になっています。   体操選手の宮川紗江さんが自身が受けた暴力行為について ...

カメラを止めるな! 盗作疑惑の真相がヤバすぎる...これ完璧アウトでしょ!? 3

【映画パンフレット】 『カメラを止めるな!』 出演:濱津隆之.真魚.秋山ゆずき   カメラを止めるな! 盗作疑惑が話題になっています!   映画「カメラを止めるな!」は今年最も注目 ...

4

元大相撲力士で第66代横綱の若乃花こと花田虎上さん。   角界を引退後は、NFL選手を目指し渡米したりとかなり異色の経歴の持ち主です。   帰国後はタレントやスポーツキャスターとし ...

Copyright© 気になる最新ニュース速報 , 2018 All Rights Reserved.