芸能、企業、ニュース、雑学、ネタ etc..... 気になったネタをとりあげています。

気になる最新ニュース速報

宇野昌磨 心境の悩みが切実でヤバい....

宇野昌磨 心境が話題になっています。

 

フィギュアスケートの宇野昌磨さんが悩める現在の心境を語りその内容が注目を集めています!!

 

コチラが宇野昌磨さんの心境に関する記事詳細です↓

スポンサーリンク


宇野昌磨 心境の詳細

フィギュアスケート・GPファイナル」(8日、バンクーバー)

男子フリーから一夜明け、2年連続2位となった宇野昌磨(20)=トヨタ自動車=が会場で取材に応じた。宇野は17年世界選手権から昨季GPファイナル、今年1月の四大陸選手権、2月の平昌五輪、3月の世界選手権、今大会と主要国際大会6大会連続で銀メダル。安定した高成績を残し続けている一方で「やっぱり自分を信じるって難しいな。こんなにも自分のことなのに難しいなと実感しています」と苦しい胸中も明かした。

6日(日本時間7日)のショートプログラム(SP)では、前日、当日朝の曲かけ練習で続けて4回転トーループを転倒したことが影響し、自信喪失。2位に終わった。「SPのときは公式練習の前から自分を見失っていて、本当に練習を、どういう練習を何のためにしてきたんだというぐらいのひどいコンディションまで自分で下げてしまっていた」と振り返った。

7日(日本時間8日)のフリーでは、冒頭の4回転サルコーが乱れた上に回転不足の判定。終盤の連続ジャンプでも立て続けに着氷が乱れ、不完全燃焼の演技に終わった。

これまでは試合を楽しむことを第1優先に戦ってきた。しかし「今回は結果も出したいし、自分の演技もしたいと、両方を求めた大会だったかなと思う」と宇野。フリーの演技直後には「いずれ楽しめない日がくる。楽しんでばかりじゃいられない。自分にプレッシャーをかけて、その中でもいい演技をしたい。それこそ羽生結弦選手が毎回やっているように、プレッシャーの中、それに打ち勝って、素晴らしい結果を残して素晴らしい選手になる。僕もそうならないといけないなと思ったので、自分で自分にプレッシャーをかけるようにしています」とも話していた。

今はまだ、暗中模索の最中だ。次戦は3連覇がかかる年末の全日本選手権(大阪)。「全日本という舞台で何か一つ自分の自信になったらいいなと思う」。暗闇から抜け出す希望の光を求め、鍛錬を続ける。

引用元:宇野昌磨、銀続きに暗中模索「やっぱり自分を信じるって難しい…」一夜明け心境

今回の宇野昌磨さんの悩める心境についてネットの反応は以下の様なものでした↓

スポンサーリンク


宇野昌磨 心境についてネットの反応

思いきってコーチ替えて海外行ったほうが変わるのでは?

 

銀メダルを取ったのになんでこんな謝罪会見みたいになってんの?
宇野君の実力を疑ってる日本人なんかいない。
一位の選手がいつも少しばかり上回っているだけで、
金メダルを取れないことをマスコミは追い詰めないでほしい。

 

シルバーコレクターになってしまった。
女子も10代の台頭で、宮原ももう上位は厳しいかと。

 

他の振付け師の演技を、という意見がありますが、同感です。美穂子先生の振付けは好きですし、コーチだから常にブラッシュアップ出来る利点もあるけど
第九のミルズさんやガーデン~のウィルソンさん他
男性が振り付けたプログラムが見たい
宇野選手には新しい世界に触れて、それを自信にしてほしい。

 

いくつもの試練を乗り越えて人は何かを成し遂げる。なんか偉そうなこと書いてしまったけれど、宇野選手は環境を変える時期に来ているのだと思う。居心地のいい環境から飛び立て若者よ!

 

ジュニアの頃から応援してきたファンの一人として、上から目線のようで申し訳ないが、いろんな意味で大人になったな。
ボストンワールドが一回目の彼のターニングポイントだったとしたら、今シーズンは彼にとって二回目のターニングポイントになるに違いない。
普通に考えれば、羽生選手は宇野選手よりも先に引退する。その時に日の丸を背負って立つ選手にならなければいけないと思ったんだろうな。
自分自身の為もあるが、応援してくれる方や、なによりも、長年、彼を支えてれた家族や、指導してくれた先生方、スタッフの為にとの思いも強いだろう。
がんばれ!昌磨!今が正念場だ!!!

 

こうなると全日本に出ていなくても羽生じゃないとオリンピックは勝てないと言われてしまう。

 

そろそろコーチを変える、
環境を変える時なんでしょうね。

 

ま、何を残して何を捨てるかであって満願成就なんて誰もなし得てはいないからね。
わたしゃコーチも変えず難度も変えずジャンプの順番の入れ替えとタノればいいと思うわ。
僅差の勝負になったらいかにしたたかになるか。を身につければいいだけだから。
意気消沈せずにね。満願な結果じゃなかったけど悪すぎる内容でもなかった。
後は自分を信じきらず臨機応変に対応出来ればすぐに解決する問題だと思うよ。

 

科学的なメンタルトレーニングをやっていないようですね。勝ちたい、では勝てない時代になってきました。日本人の一番不得意なところかもしれません。

 

今シーズンは,ずっと表情が冴えないなと思っていました。
天真爛漫というか,のびのびと自由に滑るのが宇野選手だと
思っていたので,何か自分で重いものを背負い込んでしまった
ような印象を持っています。
実力は申し分ないので,始めた頃の楽しさを思い出してほしいと
思っています。

 

宇野選手は羽生選手を意識しすぎだと思う。
誰も羽生選手みたいにはなれないし、逆に宇野選手みたいにも誰もなれない。
他者の良い面を見習おうとするのも良いけど、もっと宇野選手自身がスケートで追及したいものを純粋に突き詰めていった方が結果もついてくるのではないかと思う。

 

五輪後のテレビインタビューでは堂々としてたけど。プレッシャーや重圧に弱いと思う。羽生がいれば、影に隠れて伸び伸びできるけど、羽生についで2位。いなかったら、メディアやスケ連、ファンや世間の注目が集まって、本来の滑りができないイメージ。
控え室のウォームアップ中とかカメラに追われてるけど、集中できず嫌な選手もいるだろうに。

 

羽生選手も宇野選手も素晴らしい。
私は、いつもニコニコ楽しんで滑ってるから羽生選手ではなくて宇野選手の方が好きなんです。
そういう人だっているんだよ。

 

宇野さん大丈夫だよ。
2位だとか、銀メダルだとか言われたって、星の数ほどいる選手の中で、三つしかない表彰台の一つに上れるだけでも凄い事だよ!みんな応援していると思います。

 

スポンサーリンク


Copyright© 気になる最新ニュース速報 , 2019 All Rights Reserved.