芸能、企業、ニュース、雑学、ネタ etc..... 気になったネタをとりあげています。

気になる最新ニュース速報

有吉弘行 異議の内容が正論過ぎてワロタ.....

お笑い芸人の有吉弘行さんが「女芸人No.1決定戦 THE W」の優勝賞金の金額に対して異議を唱え注目を集めています!!

 

女芸人No.1決定戦 THE W」の優勝賞金が1000万円であることに納得いっていない様子の有吉弘行ですが異議を唱えたその真相はいかに!?

 

コチラが有吉弘行 異議に関する記事詳細です↓

スポンサーリンク


有吉弘行 異議の詳細

お笑い芸人の有吉弘行(44)が、笑いの女王を決める「女芸人No.1決定戦 THE W」の優勝賞金が「M-1グランプリ」と同額の1000万円であることに「釣り合ってないよ」と異議を唱えた。

有吉は16日放送のラジオ番組「有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER」で、10日に行われた「THE W」の賞金額について「M-1グランプリの賞金1000万で、THE Wの賞金1000万って、ちょっと釣り合ってないよ。THE Wの賞金は100万にしなきゃだめだよ、マジで、来年から」とチクリ。同コンテストで芸人たちが披露したネタの質については語らなかったが、「いや、本当に…」とあきれたようにつぶやいた。

優勝した阿佐ヶ谷姉妹については「阿佐ヶ谷姉妹が面白いことは知ってるよ、前からね。それは知ってるけどね、もちろん」としたが、「だけどほかにもいろいろとね」と、そのほかの出場者に対する不満をにじませた。

引用元:有吉、THE WとM1同額賞金「釣り合ってない」


有吉弘行さんが自身のラジオで唱えた異議の内容は↓

 

「M-1グランプリの賞金1000万で、THE Wの賞金1000万って、ちょっと釣り合ってないよ。THE Wの賞金は100万にしなきゃだめだよ、マジで、来年から」by有吉弘行 

 

確かに「女芸人No.1決定戦 THE W」の評判をネットなどでも調べてみると酷評が多く目立ちました(^◇^;)

 

「男女差別をするべきでは無いのなら、あえて女性限定にする必要もないのでは!?」

 

といった声も多くUPされている様子でした。

 

今回の有吉弘行さんの異議についてネットの反応は以下の様なものでした↓

スポンサーリンク


有吉弘行 異議についてネットの反応

出場者が女子に限られている時点で、M1と同額は差別だろ

 

シンプルに笑いの量とかテンポとか酷かった。

 

賞金は主催者側が決める事なんだし
受信料を取られるNHKではなくて
地上波の民放の番組なんだし
賞金の事まで口出しするのはどうかと思う。
そんな事をしなくても視聴率が悪かったら
この大会も先では無くなるだろうし。
視聴者から文句を言われても視聴率さえ良ければ、このまま続けるんだろうし。
結局 全ては視聴率次第だと思う。

 

個人的にはこれが1000万のネタなら、まだあらびき団や細かすぎて伝わらないモノマネの方が面白いと思った

 

有吉弘行も同じ芸人なら異議を唱えて下げるんじゃなくて、M-1の賞金を上げる方向で主張すべき

 

有吉弘行のいう通り、あきらかにTHE Wの方は全体的にクオリティーが低いです。これを否定する人はいないでしょう。賞金額に差をつける是非は置いておいてね。。

 

そうなんだろうけど 話術なんだから 男女で分ける必要はないでしょ

 

100万でも高いぐらい。
視聴率100パーセント分出演権も裏で話つけてからで好き勝手出来るわけでは無いとはわかってるが、無名の人が優勝してたら番組潰しになっちまう。

 

賞金が高ければ大勢参加するってもんでもないんだな。テレビで売れている女芸人からしてみたら1000万でもはした金ってことか。

 

確かにね。そう思う。
もっとマシな芸人はいるのにね。
海原やすよ・ともことかさ。
年齢制限とかあるの?

 

300万くらいがいいと思う。
100万程度なら普段テレビに重用されてる売れ筋女芸人は出てくれなくなっちゃうと思うから。

 

ホントにそう思った。
阿佐ヶ谷姉妹は面白かった。
問題は他・・
あの程度で勝ち残って、テレビでネタやれるなんてコンテストのレベルの低さを感じた。
見てて疲れるネタで、クスリともならなかった・・
来年からやらなくていいよ。

 

有吉さんに限ったことではないですよね。確かにM-1と同額は割に合わないですよ!

 

なんかさ「女性」ってだけで特別視するのって『今の時代どうなの?』って感じがするんだけど?

 

10万円でいいと思うし
M1と比較されるのを嫌がってヘンに賢いヤツ、空気読めるヤツは出ない
去年の例があるから出ても損するからことごとく出てこない

スポンサーリンク


Copyright© 気になる最新ニュース速報 , 2019 All Rights Reserved.