芸能、企業、ニュース、雑学、ネタ etc..... 気になったネタをとりあげています。

気になる最新ニュース速報

後藤真希 インタビューで発覚した衝撃の事実がヤバい....

投稿日:

 後藤真希 インタビューが話題になっています。

 

モーニング娘。で活躍した後藤真希さんがインタビューで過去を振り返り注目を集めています。

 

コチラが後藤真希さんのインタビューに関する記事詳細です↓

スポンサーリンク


プロデューサーのつんく♂がオーディションの際「抜けた才能」と最大級に評価した、元モーニング娘。でタレントの後藤真希。そんな彼女が、幼少時代からアイドル、結婚、現在までをつづったエッセイ『今の私は』(小学館)を刊行した。本のなかには、アイドル時代のエピソードが赤裸々に語られているが、頂点を極めた後藤は、現在のアイドルシーンをどう見ているのだろうか――。

■加入後いきなりセンターになるも「LOVEマシーン」に違和感

後藤がモーニング娘。のメンバーになったのは1999年8月。まだ13歳という年齢だったが、加入直後に発売されたシングル「LOVEマシーン」ではセンターポジションを担当し、鮮烈なデビューを飾った。この曲は大ヒットし、プロデューサーを務めたつんく♂も『モーニング娘。』の転換期として、後藤の加入と「LOVEマシーン」を挙げるなど、彼女の存在は、グループ内でも不動の地位を獲得したように見られた。

しかし、本人には微妙な違和感があったという。「外から見ていた『モーニング娘。』はもっと大人っぽくてクールなイメージがあったのですが、自分が入ったとたん、一気に幼くなった印象を受けたんです。例えば、歌詞でも『Wow Wow Wow Wow』なんて過去の曲ではなかったし、振り付けもコミカルでしたよね。なんか、まったく路線が変わってしまって、大丈夫なのかなと思ったんです(笑)」。

そんな後藤の不安とは裏腹に「LOVEマシーン」は、モーニング娘。にとって最大のヒットとなると、後藤が在籍した約3年間にリリースされた「恋のダンスサイト」、「ハッピーサマーウェディング」、「恋愛レボリューション21」らの楽曲は大きな支持を受けた。グループだけではなく、ユニットや、ソロデビューでも大成功を収めるなど、アイドル界の頂点を極めた。

まさに時代の寵児となった後藤だが、約3年間でモーニング娘。を卒業する。「本当に突然でした。いきなり『卒業するから』って言われて、その後のスケジュールも決まっていたんです」と苦笑いを浮かべると「そりゃあ、なんとも言えない気持ちでしたよ。でも偉い大人が言っているんだからしょうがないし、私にとって一番大切なのはファン。だからファンが嫌だと思っていることだけはやらないようにしようという気持ちでやっていました」と当時を振り返る。

■「苦しい部分も多いのでは」 群雄割拠の今のアイドルに持論

あっという間に駆け抜けたアイドル時代だが、後藤は、モーニング娘。というグループについて、たまに思うことがあるという。「例えばおニャン子クラブさんたちって、私たちの時代の人間からすると、当時はやった曲を懐メロ感覚で聴くという形だと思うんです。私がいたころのモーニング娘。もいまの子たちからするとそういう位置づけなのかなと…。でもモーニング娘。は現在進行形でグループがあるから、現役の子たちが過去の曲を歌う。そうすると、懐メロではないわけで…。難しいですよね」とモーニング娘。というグループの特異性を指摘する。

また、現在のアイドルグループはAKB48に代表されるように“恋愛禁止”を掲げていることが多いが、後藤は「昔から『アイドル=彼氏を作っちゃいけない』みたいな雰囲気は感じていましたが、私はモーニング娘。が恋愛禁止だというのは知らなかったので『絶対ダメだ』という考えではありませんでしたね(笑)。この間メンバーと会ったとき『恋愛禁止だったんだよ』と聞いて“あーそうなんだ”って思ったぐらいだから」とあっけらかんと振り返っていた。

さらに現在は、モーニング娘。が誕生した時代より、アイドルグループの数も格段に増え、独自性がより強く求められるようになっている。後藤自身も現在のアイドルシーンについて「頑張っている人たちが多く、個性もあるのですが、逆にいろいろなジャンルとの線引きがなくなり、アイドルってなんなのだろう思っちゃうんです」と意見を述べると「どこまでがアイドルで、どこまでがアーティストなのかの境界線も分からない。昔ほど世の中も景気が良くないし、やっている方は閉塞感もあるし、苦しい部分も多いのでは」と客観的な目を向けていた。(取材・文:磯部正和)

引用元:後藤真希、アイドルシーンの今昔語る 現在は「苦しい部分も多いのでは」

後藤真希さんは今回のインタビューで

 

「本当に突然でした。いきなり『卒業するから』って言われて、その後のスケジュールも決まっていたんです」

 

と発言。。。。なんと自分の意思で決めた卒業では無かったんですね(^^;)

 

今回の後藤真希さんのインタビューについてネットの反応は以下の様なものでした↓

スポンサーリンク


ネットの反応

ゴマキを超えるアイドルは未だにいないと思う。
歌、ダンス、スタイル、どれも完璧だった。
後藤真希は男からも女からも人気が高かった。可愛くて、スタイルもよくて、女から見てもかっこよかったのだと思う。
今のアイドルは身長低くてロリ顔がブームなのかしらんが、
幼児性が強くて全く惹かれないし、レベルも相当落ちてると感じる。

 

たしかにたしかに。
ゴマキがスターの頃はアイドルの数が少なかったからよかったよね。
いま彼女デビューしてもそんなに知名度の高いアイドルにはなれなかっただろうね。
お母さんが自殺したり大変だったと思うけど、頑張れ。

 

矢口や藤本は熱愛で脱退、ゴマキも灰皿投げたりジャニタレ二股かけたりとか素行が悪かったから卒業という名目で実際辞めさせたんじゃないか?

 

ゴマキの時代はまだ選ばれた人しかアイドルにはなれなかったが、今はめちゃくちゃだよね。
ブスで歌が下手くそでもユニットでデビュー出来てる。
秋元はいい加減やめてほしい。

 

後藤真希さんはソロになってもっと活躍できる逸材だと思っていたけど、ヒット曲などには恵まれず、みんなが聴きたくなるような歌があれば良かったのに。
結局、最後まで周りは素材を活かせていなかったので、勿体ないという感想です。

 

アイドル量産、口パクしながらの踊り、握手するために大量のCD を購入。それと地下アイドル。もう一度原点に帰って考え直す時では。

 

ごっちんは、大人びたところもあったけど、当時のテレビ番組でモー娘。が動物園を取材するというモノがあり、動物と戯れて喜ぶ姿は、年相応のコだった。そのかわいいところに惹かれた。

 

特別に可愛い訳でもなく、歌が上手い訳でもなく、アイドルやアーティストだとか芸能的な名前を付ければ、中身がなくても周りが「凄い」「素晴らしい」と讃える時代
アイドルって10代からデビューできるけど、そういう子達ってお坊ちゃんお嬢ちゃんな家だからこそであって。
夢をやりたい。と言っても、やれない子供は遥かに多いし、やらせてあげられる余裕のある家も少ない。レッスンやオーディション、化粧やら何やらと金がかかるから。
恋も社会経験もないのに、夢や努力、愛などを歌う姿は嘘くさいし、他者を踏み台にしたり蹴落としたりして駆け上がる様相は、格差社会の象徴・表れと感じて、アイドルという存在自体が好きになれない。
アイドルの曲も、時代や流行の追っかけばかりで節操がない姿に信念やポリシーが感じらないし。

 

ゴマキが浅ヤンのオーディションに出た時に、ブレイクを直感し、その通りになった。吉澤、石川、加護、辻の加入あたりまでは良い感じだった。みな、整形して華やかになって、歌もダンスもまずまずだったし。
ただ、その後加わったメンバーが既存メンバーに比較するとパッとせずに、だんだん魅力がなくなって来た感があった。

 

アイドルなんて事務所の商品。
ナニをどうするか、なんて決めるのは事務所。
当たり前だろ。

 

昔のアイドルはメディアに露出してる部分だけでも綺麗でなけれないけなかった。
それだけ遠い存在だったし価値が高かった。
今は…全てが汚れ切っていてもアイドル扱いされてる。
ファンの質も下がったとしか思えない(笑)

 

恋愛禁止なんてのは人権侵害に近い。そんな契約ないと思うが暗黙の部分は昔からあるでしょう。アイドル=恋愛禁止はファンからすればステータスみたいなもん。それをモチベに応援してる人も少なくない、バレたら終了逆にバレないように努めてくれるなら全然かまわない

 

CD買う人口が激減したし、
時代は変わっちゃったよね。
でも、ゴマキはそこそこ安泰の部類では?
余程変なことしない限り。。

 

あのグループのOGの中ではゴマキだけはまともだね。しかし、現代のアイドルの在り方を作り上げたのはAKBだな。多少ビジュアルが良くなくてもアイドルになれる時代になったから日本全国にアイドルグループが増えて飽和状態になったな。

 

モー娘。の曲を今聴くと、ファンじゃなかった自分でも懐かしいと思える。
いかに、つんく♂さんの作る曲が良かったか改めてわかる。
今の曲を10年後20年後懐かしいと思えるかな?
そもそも、今の歌なんて知らないしな。

スポンサーリンク


青山和弘 降板報道の真相がヤバ過ぎる....これ完璧アウトでしょ。 1

安倍晋三のことがわからなすぎて 安倍さんとホンネで話した700時間【電子書籍】[ 青山和弘 ] 青山和弘の降板報道が話題になっています。   分かりやすい解説で評判の良かった日テレ報道局の青 ...

宮川紗江 会見の暴露内容がヤバすぎる.....コーチはまさかの無実?? 2

それ、パワハラです 何がアウトで、何がセーフか (光文社新書) [ 笹山尚人 ]   宮川紗江の会見が話題になっています。   体操選手の宮川紗江さんが自身が受けた暴力行為について ...

カメラを止めるな! 盗作疑惑の真相がヤバすぎる...これ完璧アウトでしょ!? 3

【映画パンフレット】 『カメラを止めるな!』 出演:濱津隆之.真魚.秋山ゆずき   カメラを止めるな! 盗作疑惑が話題になっています!   映画「カメラを止めるな!」は今年最も注目 ...

4

元大相撲力士で第66代横綱の若乃花こと花田虎上さん。   角界を引退後は、NFL選手を目指し渡米したりとかなり異色の経歴の持ち主です。   帰国後はタレントやスポーツキャスターとし ...

Copyright© 気になる最新ニュース速報 , 2018 All Rights Reserved.